競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2017競馬予想記事 2018競馬予想記事

【シルクロードS2018】出走馬分析と先週のレース回顧

更新日:

Pocket

今回の記事は、シルクロードSの出走馬分析についての記事

を書いていきたいと思います。

まずは、先週のAJCCのレース回顧からしていきましょう!

はい!これでダンビュライトも重賞ウィナーの仲間入りですね!

そしてミルコは2週連続の重賞勝利と終わってみれば

やっぱりミルコかとお決まりの奴ですね(笑)

まぁ~今回のダンビュライトに関しては、ここに照準を絞ったような

ローテーションに加えて鞍上にミルコとこの二点だけで軸馬はこれかなぁ~

といった感じですよね。

 

馬券もダンビュライトから買ってキッチリ外しました(汗)

競馬って馬券の買い方が本当に難しいですよね~

これとかもシンプルにダンビュライトの単勝でいいんじゃねとか

思ったりもするのですがどうしてもオッズに目がいってしまい

ダンビュライトとトーセンビクトリーの馬連、ワイドで勝負してしまいました...

 

最近軸馬はよく来るのですが、相手にした馬がすっぽり抜けてしまうことが多いので

券種とオッズについて勉強中です。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、上位に来た馬について見ていきましょう

 

1着・・・ダンビュライト

やっぱりミルコの好騎乗ですよね

管理する音無調教師も乗り方は好きなように乗っていいと言ったみたいですが

ミルコ自身も「VTRを見ていつも同じペースで走っている、

と思ったから早めに行きたかった」とレース前からある程度

馬の良さを引き出すためのプランをきっちりと立てている辺りは流石ですよね。

スローペースを見越して2番手の位置取りも素晴らしいですよね。

直線残り200Mで逃げるマイネルミラノをきっちり捕まえてましたね。

最後の急坂も脚色が悪くならないところからもパワータイプですよね。

三歳クラシックでも、唯一馬券になったのは皐月賞(3着)でしたもんね。

切れる脚が無い分、タフな脚が要求される中山コースはこの馬にピッタリですね!

 

2着・・・ミッキースワロー

後方からの競馬になりましたが、残り800Mから早めに仕掛けて

上り最速(34.8)で追い込んできましたが2着まででしたね

それでも、前有利な展開で見せ場十分の強いレースでしたよね

 

3着・・・マイネルミラノ

1000M通過61.3のスローペースで逃げれたのが良かったですよね

近走のレースを見ていると中々、ハナに立つまで時間が掛かってますよね。

まぁ~それでもスローペース濃厚な以上、このオッズなら抑えるべきなんですかね?

たしかに同じ舞台のオールカマーで0.2差の競馬してますもんね。

土日で行われた中山2200MのレースがAJCCを抜かすと2レース合ったのですが

2レースともステイゴールド産駒が勝っていたので気にはなっていたのですが

ショウナンバッハの方を抑えてしまいました。

 

4着・・・ディサイファ

ミッキースワローがロングスパートしたタイミングで一緒に上がっていき

あわや馬券圏内かというところでしたね。

3走前の同じ舞台のオールカマーで0.3差の6着でしたもんね。

 

5着・・・トーセンビクトリー

スローペース濃厚で後方からの競馬は意外でした(汗)

レース後の田辺騎手「折り合いがついたので、前に行きたかったが、馬の気

持ちを考えて運んだ。最後も後ろから来た馬にかわされたわけではないし、

よく頑張っています」と言ってましたが、この辺は難しいですよね~

無理に前に出して行ったら馬が走る気をなくしちゃうかもしれないですもんね。

控えるなら馬券買わねーよとツッコミたくなります(笑)

 

11着・・・ゴールドアクター

レース前にいろいろ不安視されていましたが、まさか殿負けをするとは

思いませんでした。

武豊騎手は「返し馬からいい走りではないと思っていたし、レースでもらしくなかっ

た。ちょっと前と後ろの脚のバランスが悪かった」と言ってましたね~

やっぱり、7歳馬にして7か月ぶりの実戦がこたえましたかね?

一度、使った事で馬が調子を上げてくればいいのですが...

 

上位に来た馬を見てきましたが、3着のマイネルミラノと4着のディサイファは

オールカマーでいい競馬をしてただけに今回の好走もまぁ~うなずけますけど

なかなか買えないですよね~

人気どころのゴールドアクターなんかは、バッサリ切ったのですが

やっぱりこういう危ない人気馬が2頭ぐらいいると飛んだ時に

配当も跳ね上がるのでおいしいですよね。

今後は、堅そうな人気馬を選ぶのではなく、危なそうな人気馬がいるレースで

尚且つ狙いたい穴馬がいる時だけ勝負するように心掛けたいですね~

そうは言っても賭けたくなちゃうんですけどね(笑)

それでは、本題のシルクロードステークスの出走馬分析をしていきましょう。

まずは、予想オッズの方から見ていきましょう

1番人気 ダイアナヘイロー 3.0倍

2番人気 アレスバローズ 4.4倍

3番人気 ナックビーナス 5.5倍

4番人気 ファインニードル 5.8倍

5番人気 セイウンコウセイ 9.3倍

 

【出走馬分析】

ダイアナヘイロー

前走のスプリンターズステークスは、夏の連勝の勢いのまま挑みましたが

15着と大敗でしたね。初の関東圏への輸送と中山の急坂が堪えたんですかね~

今回はひと息いれて(10週以上0.1.1.0)、

舞台が平坦コースの得意の京都(2.4.1.0)に変わるのは好材料ですね。

只、夏場に良績があり、昨年のこの時期に1番人気で

2回ぶっ飛んでるのは気になります...

 

アレスバローズ

2走前の、みちのくS(1600万下)10着は、

菱田騎手が騎乗したのですが直線内でのどん詰まり具合が酷かったですね~

あんな騎乗したら一発で降ろされますよね...

前走の南総S(1600万下)は、ミルコに乗り替わり後方からのレース運びになりましたが

大外をぶん回して直線そのまま押し切る強い競馬でしたね。

重賞初挑戦になりますが54キロを活かしてどこまでやれるんですかね~?

前走が後方からの競馬だけに内枠からミルコがどんなレースをするのか楽しみです。

 

ナックビーナス

前走のカーバンクルS(OP)は、積極的にハナにたつ競馬でスムーズに逃げれましたね。

ペースが緩かったこともあり直線は楽々押し切りましたね。

中2週で京都までの長距離輸送が不安視されていますが、

飼葉食いもよく状態もいいみたいなので楽しみな1頭ですね。

斤量54キロも魅力ですね。

しかし、今回は鞍上が勝浦騎手に変わるのと7枠15番という

外枠がどうでしょうかね?

陣営も1頭になると気を抜く面があるからというように

内目の枠が欲しかったみたいですね。

 

ファインニードル

スプリンターズステークス以来になりますが、

10週以上間隔が空いての実戦で好走がないのが気になりますね~

一度使ってからといった感じですかね?

只、セントウルステークスを勝っているだけに実績もありますし

最内枠もプラスに働きそうですね。

 

セイウンコウセイ

高松宮記念を勝った後は、凡走が続いていますよね...

昨年のこのレースの2着馬ですがその時の斤量は55キロですからね~

今回は、トップハンデの58キロを考えると正直買いづらいです。

でも意外と斤量を背負った馬も馬券圏内に来てたりするんですよね。

 

上位人気しそうな馬を見てきましたが、短距離のハンデ戦でしかも18頭って

いかにも荒れそうな匂いがしますよね。

本当にどの馬にもチャンスがありそうな感じがします。

京都の1200Mは、内枠で前に行ける馬が圧倒的に有利ですからね!

個人的には昨年3着、一昨年4着のセカンドテーブルなんか

内枠で先手が取れそうなので面白そうだなと思ったんですが

如何せん骨折明けなんですよね~ちょっと買いづらいですよね。

とういうことで馬券的に買いたい馬がいないので今回は見送りたいと思います。

長くなりましたが失礼します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2017競馬予想記事, 2018競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.