競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【ダービー2018】来た来た!いよいよダービー!ペカッと行こう!

投稿日:

Pocket

 

ダービーの予想を書いていくよ!

いやー、オークスはどうだったかな?

強かったよね~アーモンドアイ!

この世代ではやっぱり頭ひとつ抜きん出てるよね!

ラッキーライラックとも差が出来ちゃった感じ。

一際、ペカッと来る馬だね~!

結果としては

断然1番人気の桜花賞馬アーモンドアイが

6番手から直線で突き抜けて完勝!

史上14頭目となる春の牝馬2冠を達成!

自身連覇のクリストフ・ルメール騎手(39)は

84年のグレード制導入後初めて誕生日当日のG1制覇となったよ!

2着は4番人気のリリーノーブル(川田)、

2番人気の2歳女王ラッキーライラック(石橋)は3着に敗れた。

12年ジェンティルドンナ以来史上14頭目となる桜花賞&オークス制覇!

ロードカナロア産駒で不安視されていた距離を克服しての完勝に映ったけど

実際は違ったみたいだよ!

気温は21・3度でも強い日差しが降り注ぎ、レース前から腹は汗が白く固まっていたんだって!

それでも勝つんだからすごいなぁ~!

 

 

最近はみんなどんな感じかな?ペカッと来てるー?

ここんとこはなかなか忙しくて打てないけど

早くペカッとしたいな~って思ってる僕だよ!

なんだろうね、ジャグラーのあのGOGO!ランプって

魔性の光

だよね。

 

 

みんなはどのGOGO!ランプが好きかな?

僕はマイジャグラーⅢのランプが意外と好きかも!

これこれ~!

 

これ出るとテンション上がるよね~!

ああ!話してたらなんだかテンション上がって来たよ~!

早くペカペカさせたいよ!くー!!

そんなこんなで本題に行こうかな!うんうん!行こ!!

 

 

【ダービー2018】来た来た!いよいよダービー!ペカッと行こう!

 

さぁ!いよいよ!ダービーが来たね!

全てのホースマンが目指す舞台!それがダービー!

 

 

そんな今年のダービー!

まずは出走予定馬を見てみましょう!くー!

 

 

アイトーン 牡3 57
アドマイヤアルバ 牡3 57
エタリオウ 牡3 57
エポカドーロ 牡3 57
オウケンムーン 牡3 57
キタノコマンドール 牡3 57
グレイル 牡3 57
ケイティクレバー 牡3 57
コズミックフォース 牡3 57
ゴーフォザサミット 牡3 57
サンリヴァル 牡3 57
ジェネラーレウーノ 牡3 57
ジャンダルム 牡3 57
ステイフーリッシュ 牡3 57
ステルヴィオ 牡3 57
タイムフライヤー 牡3 57
ダノンプレミアム 牡3 57
テーオーエナジー 牡3 57
ブラストワンピース 牡3 57
リョーノテソーロ 牡3 57
ワグネリアン 牡3 57

 

 

 

圧倒的人気の予想された皐月賞を急遽の挫跖で回避したダノンプレミアムだけど

ここに向けて調教の動きは万全な感じがするね!

今の時計が出る馬場ならこの馬の持ち味が活きそうだ!これは楽しみだね!

前走の弥生賞では皐月賞では

人気を集めたワグネリアン以下を相手にしない先行しての完勝劇だったね!

無敗の4連勝を成し遂げてダービーに乗り込んできたよ!

終始外目を回る危なげないレース運びで、着差以上の完勝だったイメージ!

距離不安が囁かれていたけれども、

中山の2000mをあれだけ大きく回って完勝するレースぶりから、

府中の2400mは十分に対応可能だろうね!この馬ならやってくれるハズだよ!

東京コースでも勝鞍があり今の高速馬場ではこの馬の平均的なスピードの高さが大いに活きてきそう!

結果的に皐月賞の馬場は向かなかった可能性があったし、

余裕のあるローテーションになったことをプラスに捉えたいところだよね、うんうん!

中間は相変わらずの好時計を調教で連発しており状態に不安はなさそう!

スピード勝負なら負けないよね~。

 

同じく無敗で皐月賞をパスしてきたブラストワンピース

そのスケール感、パワー、切れ味のどれをとっても一流の素材なのは間違い無いね!

2走目のゆりかもめ賞が非常に秀逸な内容だったよね!

3歳の2月時に府中の2400mを条件戦とは言え、

稍重の馬場で軽く流して34秒ジャストの上がりを記録したその爆発力は紛れもない本物!!

テンの遅さや不器用さがあるのではという懸念がこの時点ではあったものの、

その懸念を全て払拭したのが前走の毎日杯!

スピードも要求される阪神芝1800m、良馬場の1枠という条件から一転して軽快な先行力を披露!!

直線は内ラチ沿いから間をこじ開けるようなキレを発揮し、ギベオン以下を完封したよね!

ギベオンがその後のNHKマイルCで2着しているようにレースレベルも低くはなかったハズ!

ここでも十分にチャンスはある、目が離せないね!

皐月賞を完勝したエポカドーロ

様々な条件に恵まれたとは言え2馬身という差をつけて勝ったのは地力の証明だろうね!

陣営が皐月賞に向けて渾身の仕上げをした点、

スプリングS同様に大逃げ集団を見ながら実質単騎で軽快に先行できた点、

時計がかかる馬場状態だった点などの条件に恵まれたのは確かだろうけど。

ただ追ってからの反応はレースごとに良化しており、

決して府中の2400mに変わることが大幅なマイナスにはならないだろうね!

時計勝負にも対応できそうで良馬場だからといって割り引く必要はなさそうだよ!

問題は状態面で、やはり皐月賞がピークだったのは陣営も認めるところ、そりゃそうだよね。

どこまで維持できているかがポイントになりそうだね!

皐月賞で1番人気を集めたワグネリアンは、馬場状態が向かなかったのもあるけど

内枠から最終的には馬場の大外に持ち出す形で苦しくなって7着・・・!

最後は追えておらず、この馬の持ち味である軽快なキレ・小気味よいトビを発揮できなかっただけに

度外視しても良いかもしれないね。

良馬場の東京コースで改めて期待したいところ!

ワグネリアン同様に人気を裏切ってしまったスプリングS覇者のステルヴィオも巻き返しを狙っている。

前走の皐月賞はこの馬なりのポジションを取れた格好だが、やはり馬場が響いた印象だったかなぁ。

追ってからいつものような反応がなかったもの。

東京コースにも実績があり巻き返しが期待できるけれども、

2400mという距離は正直未知数なところがあるよね。

オークスを制したルメール騎手が2週連続でロードカナロア産駒を導けるかが注目になりそうだね!

他にも皐月賞で最後よく差を詰めていたキタノコマンドールやグレイル、

鞍上・横山典弘騎手込みで大舞台で怖いステイフーリッシュ、

G1馬タイムフライヤー、皐月賞で穴を開けた先行勢のジェネラーレウーノ、

安定感あるサンリヴァルなどが虎視眈々と上位を狙っているよ!

 

ダービー注目馬のまとめ

 

やっぱり気になるのはダノンプレミアム!

この馬が軸になるのは間違いないと思うよ。

相手が誰になるか、これが鍵のような気もするけど

競馬に絶対は無いからなぁ~。

やっぱり難しいよね、この予想は。

日本中からトップクラスの3歳馬が集まって

堅めの決着になることが多い日本ダービーだけど・・・

2014年のマイネルフロスト(12番人気3着)や、

2011年のウインバリアシオン(10番人気2着)のような

伏兵を見つけ出せば、10万オーバーの高配当も夢じゃない!!

是非ともペカッとさせたいね!

さてさて!それでは例のアレ、行ってみましょ!

アレだよ、アレ!行くよ~!

 

 

2018年ダービー!のペカッと来るのはこの馬だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ゴーフォーザサミット】

 

前哨戦の青葉賞を制したのがゴーフォザサミット(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)

9番枠から内ラチ沿いをキープした蛯名正義騎手の好リードも見事だったけど

直線は際立つ伸び脚で2馬身突き抜けた。

距離延長での快勝、ここにきての急成長ぶりはハーツクライ産駒らしい素質をうかがわせるよね。

昨年のレイデオロに次ぐ連覇を目指す藤沢和雄調教師と、

12年フェノーメノ、14年イスラボニータで

ともに2着と涙をのんでいる蛯名正義騎手とのタッグが、どんな作戦を練ってくるか。

これはペカッと来るでしょ~!

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.