競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2017競馬予想記事

【チャンピオンズカップ2017】出走馬分析とJCのレース回顧

投稿日:

Pocket

まずは、先週のジャパンカップのレース回顧からしていきましょう!

いや~ついにシュヴァルグランが7度目のG1挑戦でG1馬の仲間入りを果たしましたね!

去年のこのレースは、大外枠に泣いた感じでしたが

今年は最内枠を見事にボウマン騎手がいかしましたね!

個人的な馬券の方なんですが、予定通りキタサンブラックを軸に

シュヴァルグランとマカヒキに流していたので最後レイデオロに差された瞬間はガックリでした(泣)

馬券圏内に来た馬は、1枠と2枠でしたね~

やはり力がある馬が好走しやすい枠に入った時は注意が必要ですね!

東京2400Mは、改めて内枠だなと痛感しました(笑)

 

【レース結果】

 

1着・・・シュヴァルグラン

最内枠の恩恵がもろに出ましたね。道中は4~5番手からの追走でキタサンを見つつの

レース運びができたのも大きかったですね!

ボウマン騎手の騎乗がペカッりましたね(笑)!!!

 

2着・・・レイデオロ

スタートして直ぐに、シュヴァルグランとギニョールに挟まれて

少しポジションを下げる形になりましたね…

それも合って、道中は好位にはつけれず中団よりやや後ろからのレースになりました。

4コーナーで外を回ったのがシュヴァルグランとの差といった感じでしたね。

古馬との初対戦でしたが、レースは幾度の不利がありながらも怯まずに

最後の直線で伸びてくる辺りにこの馬の強さを感じました!

 

3着・・・キタサンブラック

昨年と同じで、すんなりハナに立てたときは連覇か!と思いましたが…

1000M通過も60・2秒と昨年よりも1・5秒程早く逃げたとはいえ

道中もリラックスして走ってたように見えたので最後の直線の交わされ方が

あまりにもあっさりしてましたね…

いつもの抜けそうで抜けないキタサンブラックじゃなかった…

レース後、左前脚の落鉄が確認されたみたいですがそれがなかったらどうなっていたんでしょうかね?

 

4着・・・マカヒキ

道中は、中団よりやや後ろの内目のポジションからのレース運びでしたね。

最後の直線は、レイデオロの後ろから追っていましたが4着までと・・・

正直、上位3頭とは力の差を感じました。

 

5着・・・アイダホ

後方からの追走でしたね~コーナーも大外をまわして

直線でマカヒキの斜行で隣のラストインパクトがぶつかって来た不利を

考えると大健闘しましたね!

 

まぁ~こんな感じで掲示板までに来た馬を見てきましたが

キタサンブラックなんで落鉄してるんだ(怒)と言いたいところですが

こればかりは、しょうがないですよね~(泣)

前走、天皇賞秋組はキタサンブラックの3着が最高でした。

やはり、前走の不良馬場の激走は少なからず影響してそうですよね~

サトノクラウンは、4コーナーで大外をぶん回す大味な競馬をしていましたね。

この辺は、流石!ミルコ!と言った感じでした!

やはり、勝負にいっての10着ですからしょうがないでしょう。

それと同時に、G1連続3着以内は10で止まってしまったのは残念です…

ですが歴代最多・G1年間7勝の方が残っていますので頑張って欲しいです!

 

続きまして、チャンピオンズカップの出走馬分析をしていきましょう!

 

テイエムジンソク

5走前の東大路S(1600万下)から、古川騎手に乗り替わりそこから馬が本格化しましたね

2走前のエルムステークスは、直線ドリームキラリと叩き合ってるところ

外から来たロンドンタウンにあっさりと交わされてしまいました。

やはり、接戦に持ち込まれると脆さがでるので前走のみやこステークスのような

まくる競馬が合っていそうです。

ただし今回は、初の左回りと一気の相手強化を考えるとどうでしょうかね?

 

サウンドトゥルー

昨年の勝ち馬であり、一昨年が三着と舞台適正は高そうですね!

中京ダート1800M(2,0,1,0)と好相性!

ローテーションも日本TV盃→JBCクラシック→チャンピオンズカップと昨年と同じ臨戦過程です!

 

アウォーディー

前走のJBCクラシックは、休み明けが響いたのか?4着と直線は伸びませんでしたね~

しかし今回は、叩き二戦目(4,2,1,0)なので期待したいですね!!!

ドバイ遠征後は、走りがイマイチなのは気になりますが…

 

ケイティブレイブ

近2走は、最後の直線で一旦先頭に立つも差されてしまいますよね~

この辺りは、乗り方ひとつで逆転できそうな感じはしますね!

ダート1800Mは、(3,3,3,0)と安定感抜群です!

ただ中央での実績が少し気になります…

 

ロンドンタウン

エルムSは、テイエムジンソクをあっさり差してのレコード勝ちでした!

続く前走のコリアカップは、スタートしてハナを奪いそのまま逃げ切りと

自在性がこの馬の強み!

中京ダートでは〈0・0・0・3〉と結果が出ていないのは気になりますが…

 

とりあえず5頭ほど見てきましたが、果たしてここから勝ち馬がでるのかと言った感じですよね~

他にもカフジテイク、ノンコノユメ、キングズガード、コパノリッキー、アポロケンタッキー

と言った馬たちも出走してくるので正直、どれが来てもおかしくない(笑)と思っておりますので

今回は、穴から攻めます!!!

また、枠順が決まり次第予想の記事を上げますのでご覧ください

それでは失礼いたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2017競馬予想記事
-,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.