競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2017競馬予想記事

【ホープフルS2017】予想

投稿日:

Pocket

今回の記事は、ホープフルS2017の予想の記事について書いていきたいと思います。

今年から、G1に昇格されましたね~

昨年は、今年のダービー馬でもあるあのレイデオロが勝ちましたよね!

2013年までは、「ラジオNIKKEI杯2歳s」というレース名で

阪神競馬場で開催されていましたが

2014年から「ホープフルS(G2)」に名称を変更すると

共に中山競馬場で行われるようになりました。

中山開催に変わってからどんな馬が上位に来ているのか見ていきましょう!

 

【2016】

1着・・・レイデオロ(父キングカメハメハ) C.ルメール 1番人気

2着・・・マイネルスフェーン(父ステイゴールド) V.シュミノー 8番人気

3着・・・グローブシアター(父キングカメハメハ) 福永祐一 2番人気

 

ラップ 12.4 - 10.9 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 12.3 - 12.1 - 12.0 - 12.5

ペース 12.4 - 23.3 - 35.6 - 47.8 - 60.3 - 72.4 - 84.7 - 96.8 - 108.8 - 121.3 (35.6-36.6)

 

昨年は、中団~後方にポジションを取った馬が上位を独占しました!

勝ち馬のレイデオロは、後方待機でしたがコーナーもそこまで外を回すことなく

ルメール騎手がうまく捌いていました!

2着のマイネルスフェーンは、後方の内を追走するかたちで

直線もシュミノー騎手が内を上手く突いていました!

3着グローブシアターの福永騎手は、大外を回しすぎてた印象です...

 

【2015】

1着・・・ハートレー(父ディープインパクト) ボウマン 3番人気

2着・・・ロードクエスト(父マツリダゴッホ)  M.デムーロ 1番人気

3着・・・バティスティーニ(父キングカメハメハ)  C.ルメール 2番人気

 

ラップ 12.5 - 11.5 - 12.6 - 12.7 - 12.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.5 - 11.7

ペース 12.5 - 24.0 - 36.6 - 49.3 - 62.1 - 74.3 - 86.5 - 98.6 - 110.1 - 121.8 (36.6-35.3)

 

一昨年は、スローペースでしたね~

にもかかわらず、中団~後方にポジションをとった外人3人が馬券圏内に来ていました

1~3番人気ということもあるかもしれないですが、スローペースで前目につけている

日本人ジョッキーもうちょっとなんとかならないもんですかね~(笑)

 

【2014】

1着・・・シャイニングレイ(父ディープインパクト) 川田将雅  2番人気

2着・・・コメート(父ブラックタイド)        嘉藤貴行  8番人気

3着・・・ブラックバゴ(父バゴ)           戸崎圭太  9番人気

 

ラップ 12.8 - 10.9 - 12.5 - 12.8 - 12.5 - 11.8 - 12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.8

ペース 12.8 - 23.7 - 36.2 - 49.0 - 61.5 - 73.3 - 86.0 - 98.5 - 110.1 - 121.9 (36.2-35.9)

 

3年前も、一昨年ほどではないですが緩やかなペースですよね~

ですので1,2着馬は好位につけていた馬でした。

3着のブラックバゴですが、昨年のマイネルスフェーンと同じように後方で構えて

直線は内を突く競馬をしていました。

因みにこの年は、外国人ジョッキーはC.デムーロ(6番人気)だけでした

日本人ジョッキーが上位を独占していたので気になって見ちゃいました(笑)

 

というわけで、中山開催に変わってからの3年分を見てきましたが

今回は、どんな馬が来ていたというよりどんな騎手が

来ていたかになちゃいましたね(笑)

 

こないだの有馬記念もそうでしたが

今年のG1は外国人ジョッキーなしでは語れないという

ぐらい本当に活躍が目立ちましたよね~

 

そこで今年のG1で外国人ジョッキーが馬券に絡まなかったレース

いったいどれぐらいあったのか気になったので調べてみました。

そしたらですよ~23レース中たったの3レースだけでした!

(大阪杯、NHKマイルカップ、阪神ジュベナイルフィリーズ)

ということは約87%で3着以内に来ているんですね~

こんなの消して買ってたらまぁ~外れますよね(笑)

因みに1着は、23レース中12レースと半分以上も勝っているんですね(驚)

 

こうなったら今年最後の中央G1は外国人ジョッキーを

中心に予想といきたいのですが

 

タイムフライヤー (C.デムーロ)とフラットレー (ルメール)は、

共にハーツクライ産駒なので中山では、頭では買いづらいですよね~

でもそろそろ東京競馬場以外のG1も勝ちそうな気もしますが

こないだの有馬記念の人気のスワーヴリチャード(4着)とシュヴァルグラン(3着)も

やっぱりダメでしたもんね~

 

ミルコ騎乗のルーカスを本当は本命にしたかったのですが、

みなさんもご存じかと思いますが

25日の美浦Wでの最終追いで放馬するアクシデントがありましたよね~

これにより一旦は、回避となったみたいなのですが翌日に坂路で追い切りをしたら

放馬によるアクシデントの影響を感じさせない動きだったので

出走となったらしいのですが、みなさんどう思いますか???

僕は、こういうアクシデントとかあるとどうしても本命にはできないんですよね~

おまけに、レースには新馬の時に着けていた

チークピーシーズを再度着用しての出走予定となんとも忙しい馬ですよね(笑)

 

これで、外国人ジョッキーが買いづらくなりました(泣)

 

じゃあやっぱり武豊か!となるんですがジャンダルム

も血統的に嫌われていますよね~

母親がスプリンターズステークスと高松宮記念を勝った

あの名牝ビリーヴなのですが近親に短距離馬も多く買いづらい印象ですね~

しかも前走に関してなんですが、折り合いに少し課題があったみたいで

やっぱり今回の距離延長は不安視されてますよね...

あと、今回の外枠は内を突いた前走のような競馬は厳しそうです...

 

こんな感じで人気馬が危なそうといわれていますので

当然人気薄からいきたいと思います!

 

◎ペカッ馬・・・シャルルマーニュ

 

9番人気って舐められすぎじゃないですかね~

前走の東京スポーツ杯2歳Sは、1000M通過58.5

というハイペースの中3番手につけて

踏ん張っての3着なので悪くない内容だと思います!

勝ったワグネリアンは、力が抜けてた印象ですがルーカスとはクビ差ですからね。

それでこの人気なら買いたくなりますよね!

しかも、2走前には不良馬場とは言えルメール騎乗の

フラットレーにも勝っていますので期待したいと思います!

 

まぁ~長々と書いてしまいましたが、今回は初心者の僕には予想が難しすぎます(笑)

展開も先行馬が多いなという感じですが果たしてペースは早くなるのでしょうか?

とりあえず馬券は、シンプルに複勝で勝負してみたいと思います!

今年最後の中央のG1ですので是非とも当てて終わりたいものです!

それでは、失礼いたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2017競馬予想記事
-,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.