競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【マーメイドステークス2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!

投稿日:

Pocket

 

今日はマーメイドステークス2018の最終予想の話をするよ!

遂に来るね~、台風!そして梅雨!

To Youだね!どういう意味かって?そりゃ内緒だよ!

なんだか週末の天気は荒れ模様らしくて馬場が心配になるよね・・・!

一体どうなることやら・・・!

馬場が重くなるとまた予想が変わってくるからね、困りましたね。

馬場と言えば高田馬場!美味しいラーメン屋が多いって話だよね。

みんなはラーメン好きかな?僕は大好きだよ、ちくわぶの50倍好き!

中でも横浜家系は至高だよね!たまんねぇぜ!

深夜に食べる家系はもうなんだかやばいクスリくらい効くよね!

食べたくなってきたー!!

 

 

そういえばさ、この前はこれを打って来たんだ。

 

 

そうだよ

ファンキージャグラーだね。

機械割も「マイジャグラー」並みに高く、

高設定ならばBIGが引きやすくて

一気に出玉を増やせるアドレナリン全開の機種でもある!

「ファンキー」という名にふさわしい台だね!

おかげでホント読みにくいんだよなぁこの台は・・・!

設定別の各項目の数値を見ると、

高設定のREG確率の数値が他の数値に比べて大きな差があることがわかるよね。

他のジャグラー機種に比べればREGの差は小さいから、

台を選ぶ際は合算確率も併せて見た方が良さそうだね!

REGよりもBIGを引く確率の方が高いため、

BIGが先行する可能性が高い台としては魅力だけど

その反面REGが他のジャグラー機種よりも引きにくいから、

コイン持ちが悪い場合があるんだなぁ~!

収支の波が比較的激しい傾向にあるから、

ジャグラーシリーズの中でも「ギャンブル」要素が強い機種なんだよ!

「ファンキージャグラー」で高設定を見極めるポイントをまとめると、

  • REG確率が1/300以上
  • 合算確率が1/140以上
  • 総ゲーム数が3,000G以上

 

これらに気を付けてみると意外に勝てるかもよ・・・?

 

マーメイドステークス2018最終予想!

 

ミリッサ、キンショーユキヒメ、レイホーロマンス、エテルナミノル、

トーセンビクトリー、エマノン、アルジャンテらが出走するが、

どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

牝馬の競走体系整備に伴って1996年に第1回が開催されて以降、

馬場改修などの影響による場所変更を除いて

6月から7月にかけての阪神開催で行われている牝馬限定重賞がマーメイドS!

今日はそんなレースの最終予想だよう!

軽くまとめてみたから一緒にGO!GO!

 

その① 人気薄は人気に関係なく検討を!

該当馬のリストを見てもわかるように、

過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が1

6頭と半数を超えていて高配当を裏付ける結果となっている!

しかも、過去10年の内2頭がリストアップされている年が

6回もある上に1頭も該当しなかった年は1回もないことから

積極的に人気薄を狙うことを考えなければならないのが、

マーメイドSの大きな特徴となっているのだ!

なお、今回の該当馬を人気別や単勝オッズで見ると、

高配当になる場合の人気を気にする必要はないものの

単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策でないことがわかるよね!!

 

人気別集計 マーメイドS 過去10年

人気 着別度数 勝率 複勝率
1番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 40.0%
2番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 40.0%
3番人気 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0%
4番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 20.0%
5番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 20.0%
6番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 20.0%
7番人気 1- 3- 0- 6/ 10 10.0% 40.0%
8番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0%
9番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0%
10番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 40.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0%
12番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0%
13番人気 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 25.0%
14番人気 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3%
15番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0%

 

馬名 人気 単勝オッズ
2017 アースライズ 6 8.2
2016 リラヴァティ 6 10.8
2016 ヒルノマテーラ 7 13.3
2015 シャトーブランシュ 8 15.6
2015 パワースポット 10 20.8
2014 コスモバルバラ 13 76.6
2013 マルセリーナ 7 12.4
2013 アグネスワルツ 10 28.8
2012 クリスマスキャロル 7 14.9
2012 メルヴェイユドール 10 28.5
2011 ブロードストリート 7 12.1
2011 アースシンボル 13 72.2
2010 セラフィックロンプ 14 37.9
2009 コスモプラチナ 9 22.1
2008 トーホウシャイン 12 116.3
2008 ピースオブラヴ 10 40.1

 

その② 騎手は乗り替わり!

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った16頭すべてが

前走から騎手が乗り替わりとなっている!

毎年同日に東京競馬場でG3・エプソムカップが行われることもあって

騎手が分散することや、G1シリーズを戦ってきた有力馬が休養に入ることで

リーディング上位騎手の手が空くことによっての乗り替わりが発生することが影響しているのだ!

 

前走騎手別集計 マーメイドS 過去10年

前走騎手 着別度数 勝率 複勝率
乗替り 7- 9- 7-73/96 7.3% 24.0%
同騎手 3- 1- 3-38/45 6.7% 15.6%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名 騎手 前走騎手
アースライズ 中谷雄太 坂井瑠星
リラヴァティ 松若風馬 松山弘平
ヒルノマテーラ 四位洋文 太宰啓介
シャトーブランシュ 藤岡康太 北村友一
パワースポット 大野拓弥 横山典弘
コスモバルバラ 岩崎翼 戸崎圭太
マルセリーナ 川田将雅 吉田豊
アグネスワルツ 国分恭介 池添謙一
クリスマスキャロル 藤懸貴志 秋山真一
メルヴェイユドール 酒井学 幸英明
ブロードストリート 岩田康誠 武士沢友
アースシンボル 高倉稜 田中勝春
セラフィックロンプ 宮崎北斗 丹内祐次
コスモプラチナ 和田竜二 津村明秀
トーホウシャイン 高野容輔 吉田稔
ピースオブラヴ 福永祐一 的場勇人

 

 

 

その③ 前走距離は1800mか2000m!

最後に前走の距離から見た時に、

今回の該当馬16頭中13頭が前走で

1800mか2000mの距離を走っていて、

そのうち9頭は1800m戦を使われていた!

マイルや短距離適性のある馬ではなく、

中距離適性があると陣営も考えてここまで調整を進めてきている馬が、

他馬との比較で仮に人気を落としていても活躍できることがわかるよね!

 

 

前走距離別集計 マーメイドS 過去10年

前走距離 着別度数 勝率 複勝率
1400m 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0%
1600m 0- 1- 5- 29/ 35 0.0% 17.1%
1700m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0%
1800m 6- 5- 3- 47/ 61 9.8% 23.0%
2000m 4- 3- 0- 20/ 27 14.8% 25.9%
2400m 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 25.0%
2500m 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 50.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名 前走距離
アースライズ 1600
リラヴァティ 1800
ヒルノマテーラ 1800
シャトーブランシュ 1800
パワースポット 1800
コスモバルバラ 1800
マルセリーナ 1800
アグネスワルツ 1800
クリスマスキャロル 2000
メルヴェイユドール 1800
ブロードストリート 1600
アースシンボル 2500
セラフィックロンプ 1800
コスモプラチナ 2000
トーホウシャイン 2000
ピースオブラヴ

 

 

 

マーメイドステークス2018ペカッとくる馬は!?

 

ここまでの3つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の2頭が該当するのであーる!

 

アンドリエッテ
エマノン

 

その中でもペカっと来そうなのが・・・!

 

2018年安田記念!のペカッと来るのはこの馬だ!

 

 

【アンドリエッテ】

 

 

牝馬限定クラシックでも善戦してきたけど、

古馬になってもなかなか勝てないレースが続いているこの馬。

収得賞金はオープン入りスレスレの1600万円だけど、

獲得賞金は1億を超えており、相手関係問わず入着までは堅実にこなす馬主孝行な子!

重賞の成績は「0-1-0-7」と馬券を購入する側からするとやや判断に困る馬で、

人気も上記で挙げた有力馬の下と考えるならそれなりに妙味のあるオッズとなりそう・・・!

前走がパールステークスだった馬は過去10年で3勝をあげるなど好成績!(3-1-2-18)

3着内に入った6頭のうち4頭は6番人気以下の馬となっており、

穴を開けるケースも目立つ!

今年の登録メンバーの中ではパールステークス組はアンドリエッテのみということで、

波乱を前提とするなら馬券の検討からは欠かせない存在と言えるだろうね!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.