競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【京都記念2018】出走馬分析と先週のレース回顧

投稿日:

Pocket

今回の記事は、京都記念の出走馬分析を中心に書いていきたいと思います。

まずは、東京新聞杯のレース回顧の方からしていきましょう

はい!牡馬相手でしたが見事にリスグラシューが勝利しましたね。

今回のレースは、調教というファクターがダイレクトに結果に出たという感じですね。

普段は、netkeibaの調教欄を参考にしているのですが

今回はA評価が3頭いたんですよね~

サトノアレス、リスグラシュー、クルーガーとこの3頭がA評価だったんですよ。

それにしても、その内の二頭が1,2着ってすごいですよね。

 

因みにクルーガーから馬券を組んで撃沈しました...

A評価の内の唯一ダメな馬を選んでしまいました(笑)

富士ステークス3着の実績と斤量56キロと調教が良かった点から

勝負したのですがダメでした(泣)

 

馬体重がマイナス12キロという点が気になったのですが素人目から見て

そんなに悪く見えなかったので勝負してしまいました。

そんなことを言ったら「お前しっかり前回のパドックと比較したのか」という声が

聞こえてきそうですが、前回の京都金杯のパドックもあんな感じだったよな?

という曖昧なイメージです(笑)

 

競馬はよく記憶力のゲームなんていったりしますが

それだけ過去のデータやパドックが重要ってことを分かっておきながら

自分の曖昧な記憶だけを辿って勝負しているようじゃ

いつまで経っても勝てないですよね(汗)

ですのでこれからはパドックの縦の比較をしていき、好走時のパドックと比べて

納得した状態で馬券購入をしていきたいと思います。

 

余談はさておき上位に来た馬を見ていきましょう。

 

1着・・・リスグラシュー

スタートがあまりいい馬ではないですが

今回はまずまずのスタートで中団からの競馬でしたね。

直線は、武豊騎手がうまく捌いて1馬身差の完勝でしたね。

それにしても今回のリスグラシューの調教に関しては

栗東坂路で4ハロン49秒8-12秒3

と抜群の動きをしていただけにレースでもいい走りをしていましたね。

 

2着・・・サトノアレス

後方のインで脚を溜める形でしたが、直線は内ラチ沿いを選択してましたね~

上り最速(33.3)の脚で追い込んで2着とGI馬が復調してきましたね。

 

3着・・・ダイワキャグニー

中団外目からのレース運びだけあって、コーナーも外を回っていましたね。

それでも、直線はしぶとく伸びていましたね。

枠が内枠だったらさらに着順を上げていそう。

 

4着・・・デンコウアンジュ

内枠だったこともあり、最後の直線は馬群に突っ込んでいく形を選択していましたね

東京のマイル戦での好走パターンが大外一気なだけに

道中外に出すタイミングもあったことを考えるとどうだったんでしょうかね~?

それにしても東京のマイルは堅実に上位争いしてきますね

 

5着・・・ディバインコード

好スタートを決めて、好位のインからの競馬になりましたが

直線は、なかなかの粘り込みをみせていました。

枠の恩恵があったのですが5着が限界でしたね。

 

ざっくりではありますが、上位に来た馬を見てきましたが

東京のマイル戦はリピーターレースなんて言われるだけあって

1着のリスグラシューは、2歳時にアルテミスステークスを勝っていたり

2・3着のサトノアレスとダイワキャグニーは、キャピタルステークスの

1・2着馬ですもんね。

ほんとう結果だけ見れば、調教と同舞台実績だけで取れてしまうレースでしたね。

それでは、京都記念の出走馬分析をしていきましょう

まずは、予想オッズの方から見ていきましょう

1番人気 レイデオロ 1.9倍

2番人気 モズカッチャン 3.6倍

3番人気 アルアイン 5.4倍

4番人気 クロコスミア 9.2倍

5番人気 クリンチャー 10.2倍

 

【出走馬分析】

レイデオロ

いよいよダービー馬が始動しますね。

前走のジャパンカップは、1コーナーで不利があり位置取りがやや後ろでしたが

それでも直線は外からしぶとく伸びてあのキタサンブラック

に先着して地力の高さを証明しましたね。

只、今回はバルジュー騎手に乗り替わるのと初の京都コース休み明けという

3つの不安材料がありますが、それでも克服してきそう。

 

モズカッチャン

前走のエリザベス女王杯で、念願のG1タイトルを獲得しましたが

その時と舞台が同じなのはいいですよね。

牡馬との力関係メイチ度合いを考えたら割り引いてもよさそうですけね~

鞍上がミルコなのは魅力ですけどね~

 

アルアイン

前走の菊花賞(7着)は、不良馬場に加えて3000Mという過酷な条件でしたので

度外視していいんじゃないでしょうか。

今回、大幅な距離短縮はプラスに働きそうですよね

しかし、瞬発力勝負になったら分が悪そう

 

クロコスミア

前走のエリザベス女王杯は、内枠に加えてスローペースで逃げれたのが

大きかったですよね。

今回も前走2着した舞台と同じですし、スロー濃厚な展開もこの馬に味方しそうです。

只、この馬もモズカッチャンと同じで牡馬とどこまでやれるんでしょうかね?

休み明けと外目の枠の微妙ですね...

 

クリンチャー

前走の菊花賞は、2着でしたが不良馬場でしたので正直評価しにくいですよね。

スロー濃厚な展開ですので、そうなるとダービーやセントライト記念のように

切れ負けしそうですね。

中間の調教が、3歳時の時と比べて良くなっている点は注意すべきでしょうか?

 

まぁ~少頭数ではありますが良いメンバーが揃いましたよね

有力馬は、あくまでも先のドバイ遠征だったり大阪杯とこのレースに対する

勝負度合いは低そうですよね。

そうなってくると取りこぼす可能性が出てきそうですが

正直ピークの出来じゃなくてもレイデオロの3着以内は堅そうですよね~

しかし、そこから馬券を組んでもたいした配当にはならないので京都記念は見送りたい

と思います。

その代わりに、2月12日(月)のクイーンカップのテトラドラクマという馬から勝負

しようかなと考えています。

前走のフェアリーステークスは、中山のマイル戦で大外枠を引かされ

スタートで出遅れて終始外目を回っても6着まできてますからね~

今回巻き返してきてもおかしくなさそうです。

2走前の東京のマイル戦で、1:33.9という速い時計で勝ってるのもいいですよね~

中間の調教も美浦の坂路(良)で51.3-37.8-24.8-12.7 強め

と抜群の動きを見せているので期待しちゃってます。

ということで今回のペカッ馬は・・・テトラドラクマでいきたいと思います!

それでは長くなりましたが最後までご覧いただきありがとうございます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.