競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【東京新聞杯2018】出走馬分析と先週のレース回顧

更新日:

Pocket

今回の記事は、東京新聞杯の記事を中心に書いていきたいと思います。

まずは、シルクロードステークスのレース回顧からしていきましょう

勝ったのは、川田騎手騎乗のファインニードルでしたね。

これで、セントウルステークスに続き重賞2勝目となり

高松宮記念が楽しみになりましたね。

でも、やっぱりみなさんも気になったと思うのは

やはり馬体重じゃないでしょうか???

プラス18キロって...

前走がマイナスからのプラスとかだと減った体が戻ってきたのかな?

という風になりますが前走もプラス6キロでしたからね~

増えてからまた増えるとちょっとどうなんだろう?って疑いたくなりますよね。

三歳馬だと成長分だから仕方ないとなりそうですが、5歳馬ですからね~

こういう時にパドックを見て馬体を的確に見抜ける目があればなぁ~

とか思うんですけどね。

僕なんかプラス18キロっていう数字でなんか太くねとか

なっちゃうタイプなんですよ(笑)

なのでパドックで馬体やコンディションの善し悪しを

判断出来ればと思っているんですけどね~

しかし、残念なことに一朝一夕で身に付くもんじゃないですからね。

何回も何回もその馬の過去のパドックのVTRを見てという感じですもんね。

本当競馬で勝つということは大変ですよね(泣)

でも、身についた時はとてつもない威力を発揮しそうですよね。

直前まで「この馬しかいない」と思ってた馬が

パドックの様子だけでぶった切れたらスゴイことですよね。

これができたら馬券収支も大幅にプラスになりそうですね。

やっぱり、パドックの正しい見方も学ばないとダメそうですね...

 

それでは、どんな馬が上位に来たのか振り返っていきましょう。

1着・・・ファインニードル

最内枠から好位につけての競馬でしたが、終わってみたら2馬身差の圧勝でしたね。

18頭でしたし最内枠の恩恵もあり川田騎手もうまく乗っていましたね。

今回は休み明けでもありながら勝利したので

「次はさらに動けそうな雰囲気はあった」とレース後に川田騎手もコメント

してたように次走の高松宮記念が楽しみになりましたね。

 

2着・・・セイウンコウセイ

高松宮記念以降は、凡走続きでしたが久しぶりに馬券圏内にきましたね。

レース展開もハナに立てたのが良かったですね。

近走は、好位からのレース運びが多かったのでこの逃げる形は意外でしたね。

京都1200Mは、逃げた馬の数字が抜群にいいですからね!

レース前から逃げるって分かったら抑えるんですけどね~

 

3着・・・フミノムーン

後方からの競馬でしたが、上り最速(33.4)の脚で追い込んできましたね。

でも、コースの特徴を考えるとなかなか追い込み馬は買いづらいですよね...

 

4着・・・カラクレナイ

初のスプリント戦でしたが、このくらいの距離が合ってそうですね~

中団よりやや後ろからのレース運びでしたが、4コーナーも大外をぶん回して

しぶとく伸びましたが届きませんでしたね。

でも、内枠が上位を独占するなか外枠からここまで追い詰めたのは評価すべきですよね

次走、注目したい一頭ですね!

 

5着・・・ナックビーナス

絶好のスタートを切って好位につけましたが、最後の直線は伸びきれませんでしたね。

それでも、外枠でも差のない競馬をしましたからね~

次走、内枠に入れば面白そうですね。

 

上位にきた馬を見てきましたが、1~3着が全てアドマイヤムーン産駒でしたね。

確かに、京都1200Mのアドマイヤムーン産駒の成績はいいですね!

この辺もレースが始まる前に、コース別の種牡馬データも見なきゃダメですよね。

このように、血統って固まって来る時は本当に固まって来るので不思議ですよね。

人気どころのダイアナヘイローとアレスバローズは、二桁着順に大敗しましたね...

ダイアナヘイローは、スタートも道中の位置取りも良かったのに

直線はズルズル後退していきましたね...

夏場に良績があった馬だけに冬場がダメなんですかね???

アレスバローズは、ミルコがどのような騎乗をしてくるのか楽しみにしてたのですが

前走と同じように後方からのレースでしたね~

「4コーナーで窮屈になり、進路がなかったです。外枠の方が良かった」

とミルコのレース後のコメントですが、18頭のスプリント戦

ともなるとやはり差し・追い込み馬の前が壁になる不利というのは付き物ですよね

ミルコも無理だと思ったのか、馬に負担をかけないように

最後は全く追ってなかったですもんね。

この大敗で次走、人気を落とすようならねらい目ですね。

 

ちょっと、レース回顧の方が長くなってしまいましたが

本題の東京新聞杯の出走馬分析をしていきたいと思います。

まずは、予想オッズの方から見ていきましょう。

1番人気 グレーターロンドン 2.9倍

2番人気 ダイワキャグニー 4.1倍

3番人気 リスグラシュー 5.7倍

4番人気 ダノンプラチナ 6.0倍

5番人気 クルーガー 6.9倍

 

【出走馬分析】

グレーターロンドン

前走のディセンバーS(OP)は、単勝1.6倍の断然の1番人気に支持されましたが

まさかの3着でしたね...

ペースもスローでしたし、脚質が追い込みなだけに仕方ないといった感じでしょうか?

流石にあのメンバー相手なら勝って欲しい感じはしますけどね...

ですが、今回は安田記念4着の府中の1600Mなので

広くて直線が長いコースに変わるのは持ち味が活きそうですね。

あと、追い込み馬なだけに当日の馬場状態は気になるところですね。

 

ダイワキャグニー

前走の中山金杯は、スローペースに加えて外を回るという不利がありながらも

最後は5着まで詰めたのは評価できますよね!

しかも、今回は実績のある東京コース(4.0.0.2)に変わるのはいいですよね。

1600Mという距離も2走前に勝っていることから距離不安もなさそうですね。

前目につけて早い上りが使えるのも魅力ですね。

欲を言えば内目の枠が良かったですよね。

 

リスグラシュー

昨年の秋3戦は、ローズステークス3着、秋華賞2着、エリザエス女王杯8着

と善戦しましたが勝ちきれませんでしたね~

しかし、今回は調教が抜群にいいんですよね~

武豊騎手を背に坂路での併せ馬で4ハロン49秒8-12秒3とこの日の

一番時計を叩き出したみたいですね。

自己ベストを0秒6も塗り替えたみたいですよ~

ここまで、調教がいいとなると久々でも軽視はできないですよね。

きっと馬も力をつけてきているんでしょうね。

2歳時にアルテミスステークス(1着)で東京マイルも経験しているのもいいですね。

 

ダノンプラチナ

前走のニューイヤーS(OP)は、久々の勝利でしたね

ですが、メンバーを見ると弱いですよね...

2走前のキャピタルステークスで、8着に負けてますが今回はそのメンバーより

さらに、相手強化されますからね~

騎手が田辺騎手に乗り替わって新たな一面に期待ですね。

 

クルーガー

前走の京都金杯は、トップハンデの57.5キロでしたが

直線は、馬群を割って2着まで伸びてきましたよね~

今回は、2016年のマイラーズカップを勝った時の56キロになるのも魅力ですね

昨年の富士ステークスが、エアスピネルとイスラボニータ相手に

3着まで来ているようにこの舞台は良さそうですし

馬場がちょっと重たくなったら面白そうですね。

 

人気馬を5頭ほどみてきましたが、今回は良いメンバーが集まりましたよね。

他にもアドマイヤリードやサトノアレスなどG1馬もいますし

東京のマイルを2回人気薄で好走したことがあるデンコウアンジュもいますからね~

本当にどの馬にもチャンスがある難しいレースですね。

過去10年の成績を見ても、一番人気が0勝と波乱傾向なんですよね~

馬場状態もどこまで回復するかは分からないですが

今回は差し・追い込み馬が多いんですよね~

ですから前目が残るなんていう展開も充分考えられますよね。

この辺りは、土日の馬場状態を見てから勝負するかどうか考えたいと思います。

それでは、失礼します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.