競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【AJCC2018】出走馬分析と先週のレース回顧

更新日:

Pocket

今回の記事は、AJCCの出走馬分析についての記事を書いていきたいと思います。

まずは、その前に日経新春杯の回顧からしていきましょう。

はい!重賞初挑戦でしたが、見事にパフォーマプロミスが1番人気に応えましたね!

正直、1番人気にはなると思っていなかったので意外でした。

道中は3番手からのじっくりとしたレース運びでしたが

本当に絶好位を取ってましたね!

コーナーも内を回りロスがない完璧なレースでしたね!

 

最後の直線の追い比べは、まさに斤量の差が出ましたよね。

一般的に1キロ1馬身なんていったりしますが、

2着馬のロードヴァンドール(56キロ)とは2キロ差ありましたからね~

この辺はハンデ戦の面白いところですよね。

やはり着差がクビ差なだけに、もしパフォーマプロミスがもう1キロ重たかったら

やっぱり差せていないんでしょうかね???

 

そんなゴール寸前で差されてしまったロードヴァンドールですが

今回もスンナリ逃げることが出来ましたよね!

やはり競馬は結果的に逃げた馬を買い続ければプラスになると言われているように

今回みたいな展開もペースも読み易いレースの場合は抑える必要があるように感じます

前半1000メートルが62秒と絶妙なスローペースで逃げていたので

余力十分で直線も粘っていましたが最後の最後で差されてしまいましたよね。

レース前に不安視されていた距離に関してですが克服しましたね!

これで使えるレースの幅が広がりましたね!

でもやっぱりダイワメジャー産駒は勝つまではいかないんですね~

 

3着には、2番手追走のガンコが粘りましたよね~

前走で久々に中長距離の芝のレースを使いましたが今回と同じ2番手からの競馬で

直線は抜け出すとそのまま押し切りましたね。

この時の2着馬がラヴィエベールというなかなか勝ちきれない馬なんですが

昨年の秋華賞馬のディアドラとクビ差のレースをしていることからも能力はあります。

そんな馬に勝っているのだから今回の好走も納得ですよね!

 

4着のミッキーロケットですが

道中はパフォーマプロミスをマークしつつ中団からの追走でしたね。

4コーナーでカラビナの外を回したのは痛かったですよね...

直線は57.5キロが響いたのか伸びを欠いていましたね...

やはり過去に連覇した馬がいないように今回もダメでしたね。

 

3番人気のモンドインテロ(7着)ですが

後方からの競馬でしたから展開も向きませんでした...

レース中に何度か躓いたみたいで走りにくそうにしてたとレース後に

ルメール騎手が言ってましたので、次走また馬場が悪いようだと買いづらいですね。

 

11着のソールインパクトですが、まさかの大敗でしたね...

出来があまりよくなかったのと、内目を追走できずに外を回ってからの

瞬発力勝負だと分が悪いみたいですね。

 

馬券は見送る予定だったのですが、京都の馬場状態が前に行った馬が

残るレースが多かったので気になって馬券を買ってしまいました。

ロードヴァンドールとガンコの2頭軸で馬券を買ったのですが

パフォーマプロミスを外してしまい的中せずでした(泣)

あれほど外人外人と言って切ってしまいました。

しかも、あの日のミルコはメインまでに5勝とまさに神ってましたよね~

そんな勢いに乗ってるミルコをぶった切ったらひどい目にあいました(泣)

そんなこと言ってもしょうがないですよね~

 

さて本題のAJCCの出走馬分析をしていきたいと思います

 

まずは、予想オッズの方から見ていきましょう

 

1番人気 ミッキースワロー 2.7倍

2番人気 ゴールドアクター 2.9倍

3番人気 ダンビュライト 3.0倍

4番人気 レジェンドセラー 6.2倍

5番人気 ショウナンバッハ 16.3倍

 

【出走馬分析】

 

ミッキースワロー

前走の菊花賞(6着)は、不良馬場のなか3000M走る

というなんとも特殊なレースでしたよね。

直線残り200Mまでは見せ場十分のレースでしたが最後は伸びを欠いていましたね。

しかし、今回は2走前のセントライト記念と同じ舞台なのはいいですよね~

最後の急坂で皐月賞馬のアルアインを一瞬で置き去りにした末脚は見事でしたよね!

もちろん、ここがメイチということはないでしょうけど

当然上位評価しなければいけない馬ですね。

 

ゴールドアクター

実績は、申し分ないですし中山コースとの相性もいいですよね。

しかし、今回は宝塚記念2着以来の約半年ぶりの実戦に加えて

追い切りがまったく動いてないところからも

7歳という年齢の衰えがきてるかもしれませんね~

 

ダンビュライト

三歳クラシックは、皐月賞3着、ダービー6着、菊花賞5着と

無冠には終わりましたが善戦しましたよね。

前走のサンタクロースS(1600万下)を勝利して

鞍上にミルコを起用しての参戦は陣営の勝負度合いは賞金面からみても高そうですね!

 

レジェンドセラー

前走のオリオンS(1600万下)を勝利しての参戦になりますが、

この時の2着馬が先週の日経新春杯の5着のサンタフェチーフ

ですがどうでしょうかね?

斤量52キロで勝ち馬のパフォーマプロミスには一秒離されていますからね~

初の重賞挑戦になりますが、出来の良さとルメール騎手で

どこまでやれるかといった感じでしょうか?

 

ショウナンバッハ

近走の終いの脚はしっかりと伸びてきていますよね~

しかし、中山2200Mですので追い込み馬は買いづらいですよね。

只、2年前のこのレースの3着馬でもありその時の騎手が

戸崎騎手なのでその辺はプラスになりそうですね。

あと追い切りですが、2週続けて自己ベストに近い時計を

出したみたいなので軽視はできないですよね。

 

上位人気しそうな馬をざっくり見てきましたが

おそらく今回はゴールドアクターを嫌う人が多いのではないでしょうか?

久々な上に調教もダメとなると相手にも入れたくないですよね~

当日の馬体重も気になるところです。

個人的に気になっているのがトーセンビクトリーなんですよね~

前走の有馬記念は、田辺騎手が積極的な競馬をしてましたね。

ですので最後は止まってしまいましたが、中山牝馬ステークスを勝っているように

中山コースでの走りはいいものを感じます。

また、土日の馬場傾向を見て馬券を買うかどうか判断したいと思います

それでは失礼いたします

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.