競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【アイビスサマーダッシュ2018】さて、今週のペカっと光る激アツ馬は!?

投稿日:

Pocket

アイビスサマーダッシュ2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

昨年のアイビスサマーダッシュを制したラインミーティアは、

次走のセントウルSで2着に好走して、サマースプリントシリーズのチャンピオンとなったよね!

2006年に創設された同シリーズのチャンピオン延べ12頭のうち、

同年のアイビスサマーダッシュに出走していなかったのは、

2006年のシーイズトウショウと2010年のワンカラットだけなんだよ!

そして、残る10頭のうち2014年のリトルゲルダを除く9頭が、

アイビスサマーダッシュを優勝していたように、

当レースはサマースプリントシリーズの趨勢を決める非常に重要な一戦といえるね!

いや~みんなはどうだったかな?中京記念!

何とも言えない感じだったね~

もっと荒れてくれよ!

って感じかな?

なんか「うん、そーだね」

って感じの馬が勝ったよね(笑)

中京競馬場で行われた中京記念(3歳上・GIII・芝1600m)は、

中団でレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の

1番人気グレーターロンドン(牡6、美浦・大竹正博厩舎)が、

直線で脚を伸ばして、4番手追走から

一旦は先頭に立った5番人気ロジクライ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)を捕らえ、

これに3/4馬身差をつけ優勝!

勝ちタイムは1分32秒3(良、コースレコード)

さらに1.1/2馬身差の3着に4番人気リライアブルエース(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。

なお、3番人気ワントゥワン(牝5、栗東・藤岡健一厩舎)は5着、

2番人気ウインガニオン(牡6、栗東・西園正都厩舎)は8着に終わった・・・!

勝ったグレーターロンドンは、父ディープインパクト、母ロンドンブリッジ、

その父ドクターデヴィアスという血統。

昨年3月の東風S(OP)以来の勝利にして、待望の重賞初制覇を飾った。

うーん、ダメだこりゃ(笑)

今回は全然当たらなかったです申し訳ない!

スロットも今日は勝てなかったし!

そういう日ってなにしてもダメだよね・・・!

そんな時は美味い肉食って酒飲んで寝るに限る!

うん!間違いない!

気持ちはね、既にアイビスサマーダッシュだよ!

はい!次次ぃ!もうアイビスサマーダッシュは始まってると言っても過言ではないよ!

今回はビシッとペカっと来る馬を的中させるからね~!任せてくださいな!

切り替えていきましょう!さぁ!それではアイビスサマーダッシュの予想に行くよ!

アイビスサマーダッシュ注目馬!

アイビスサマーダッシュは、

中央競馬で唯一の直線コースを舞台に争われる重賞として2001年に創設されたんだ!

2005年まで8月の後半に行われていたけど、

2006年以降は夏の新潟開催の開幕週(7月中旬~8月上旬)に行われ、

夏季競馬をさらに盛り上げるため設けられた

「サマースプリントシリーズ」の第3戦に指定されているんだ!(2011年までは第2戦として開催)

アイビスサマーダッシュは

同シリーズのチャンピオン争いだけでなく、

秋の短距離G1に向けた前哨戦という意味でも見逃せない一戦といえよう!

そんな重要な一戦だけどみんなはどの馬が来ると思うー??

僕はもう決めているよふふふ・・・!

アイビスサマーダッシュと言えば特徴的なのがコースだよね!

コースについて!

新潟・芝1000メートル(直線)

JRAの中で唯一、直線のみで行われるコース!

スタートから約240メートルが緩やかな上りで、そこから約200メートル緩やかに下り、

残りの約560メートルはほぼ平坦といえるコース構造!

馬群が外ラチ沿いに固まるケースが多いため、外枠からスタートして、

先に良いポジションを取れるダッシュ力があると、レースを有利に運べるんだ!

ダッシュ力と、長い直線でスピードを持続させる能力が要求されるコースだね!

 

前走好走馬が強い

過去10年の3着以内馬延べ30頭中22頭は、前走の着順が「5着以内」だったんだ!

一方、「6着以下」だった馬は3着内率8.7%と苦戦しているんだ!

まずは前走好走馬に注目したいところ!

ちなみに、前走の着順が「6着以下」だった馬のうち、

“JRAの重賞”において優勝経験がなかった馬は3着内率1.6%とさらに苦戦している!

前走の着順がいまひとつだった重賞未勝利馬は評価を下げるべきかもね!

5歳以下の馬が優勢

過去10年の3着以内馬延べ30頭中22頭は、年齢が「5歳以下」だったよ!

一方、「6歳以上」だった馬は3着内率9.1%と苦戦しているね!

異なる世代の馬を比較する際は、若い馬を重視したいところだね!

なお、年齢が「6歳以上」だった馬のうち、

前走の着順が「5着以下」だった馬は3着内率3.0%とさらに苦戦しているうえ、

2011年以降は〔0・0・0・43〕と上位争いに食い込めていないんだ!

7、8枠の馬が好成績

過去10年の枠番別成績を調べると、「7、8枠」の馬が3着内率30.6%と比較的優秀な成績を収めているよ!

どちらかといえば外枠が優勢なレースといえるだろうね!

なお、「1~6枠」だった馬のうち、前走の着順が「5着以下」だった馬の優勝例はなく、

3着内率も5.3%と、より苦戦しているんだ!

近年の傾向からは馬体重にも注目したい

過去5年の3着以内馬延べ15頭中13頭は、

前走の馬体重が「470キログラム以上500キログラム未満」だった!

470キログラム未満の馬や、500キログラム以上の馬は評価を下げるべきかもしれないね!

 

さて、ここでアイビスサマーダッシュのペカっと来る馬発表!

 

 

レッドラウダ

 

前走の韋駄天ステークスでは周囲の人気を引っ繰り返して見事3着!

適正という面に関してはかなりのモノがあると思っているよ!

馬体重が少し重めだけどよーいドンでぶっちぎってくれれば最後までイケるかも!?

コース適正は間違いないしここでダイメイプリンセスにリベンジ!

前走では及ばなかったものの今回は一味違うかも?

鞍上の丸田恭介騎手とは相性も良くてまさにイケイケな状態!

しっかり自分の走りを出来れば問題は無し!

良い枠に飛び込んでしっかり勝っておきたいところだね!

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.