競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【エルムステークス2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!

投稿日:

Pocket

エルムステークス2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

ミツバ、リッカルド、ハイランドピーク、リーゼントロック、アンジュデジールらが出走するけども、

どんなレースが展開されるのか楽しみだよね~!

今回は一体どんな馬が来るのか!?ドキドキワクワクするね!

今日はそんなエルムステークスの話をしていくよ!

今週はガッツリ当てていきたいところだね~!

ここで弾みをつけて秋に突入するのであります!

それでは早速本題に入りましょう!GO!GO!

 

 

さてさて、最近めっきりスロットの話出来てないね~!

 

すいません。

 

ちょっと忙しくてなかなか打ちにいけなくて・・・!

 

でもでも落ち着いたらしっかりジャグラー打ちにいくよ!

そりゃあもうガッツリ打つよ!

 

だからちょっと待っててね!

 

今日はエルムステークスのお話しをするからね!!!

 

 

エルムステークス予想

 

前走のマーキュリーC(JpnⅢ)で連覇を達成したミツバ

近走の安定感で上位人気に支持されそうなメンバー構成だね!

元々は極端な追い込みや強引な先行策でしか結果のでないムラのある馬だったけど

今年に入ってレースぶりが安定してきた感じはするよね!

地方交流を含めて様々な条件を使われているけど

今年に入ってからは掲示板を外していないのは注目だね!

最近ではちょっと珍しい完全なパワータイプのダート馬で、

エンジンの掛かりが早くはないのがちょっと心配・・・!

距離短縮と小回りコースがどうなるのか・・・?

普通に考えたら上位に来る馬だから見過ごせないね!

 

一昨年の覇者で今は船橋競馬に所属しているリッカルドも地方転厩後の勢いから有力な1頭で、

鞍上ルメールでやる気はマンマンって感じだね!

一昨年のこのレースを制した後は中央のOP特別でも

馬券になれないようなレースが続いていたけど、

船橋転入後はガラッと変わったよね!

フジノウェーブ記念や大井記念といった重賞を含め圧巻の4連勝で前走の帝王賞に挑戦!

中央馬相手ではこれまでの先行して突き放すレースこそ出来なかったけど

外目からしっかり末脚を伸ばして4着はスゴイよね!

前走でダート2000mの自己ベストタイムを更新しているように、

単に地方の砂が合ったという訳ではなさそうで、

元々実績のある札幌コースにも不安はなく買える馬だろうね!

 

前走のマリーンSではかなり強引な先行策ながらも、

きっちり2着に粘ったハイランドピークもハナさえ取れればワンチャンあるかも!

まだゲートに不安がありちょっと怖いけど

とにかくハナを切って平均スピードを活かせば・・・というポテンシャルを秘めた馬!

重賞ではマーチSの大敗が痛いけど、これはシンガリから回ってきたから無視してもいいかも!

とにかくスムーズに前に行けるかがカギだね!

 

前々走の大沼Sで待望のOP制覇を成し遂げたリーゼントロックも北海道シリーズなら安定して走る1頭!

もともとはハマの番長こと三浦大輔オーナーの持ち馬で注目を集めたけど

段々と実力もついてきたよね!

前走のマリーンSでは後方待機から一気に大外を伸びてきたように、

ここにきて脚質の幅も広がってきた感じ!

これで勝てるかはなんともいえないけど抑えておきたい馬かもね!

 

エンプレス杯、マリーンCと牝馬限定の交流重賞を連勝中のアンジュデジールは相手関係がカギだけど

脚さえ溜められれば終いは確実!

消耗戦だと厳しそうだがインで我慢できれば良い感じかも!

他にもこのレース昨年の勝ち馬で、コリアカップ連覇に向けてスランプを脱したいロンドンタウン、

逃げなくてもしぶとさでてきたドリームキラリ、

前走不本意だが地力は通用するアルタイル、

消耗戦なら浮上するノーブルサターン、

ムラだが気分さえ乗ればのモルトベーネなどが一発を狙っているよ!

 

データ① 寄る年波には勝てない?

年齢で見ていくと、5歳馬が過去10回で5勝を挙げるなど、かなりいい結果を出しているね!

4歳馬が3勝、6歳馬が2勝となっており、7歳以上は2着こそあれど、勝ち星はない・・・!

その2着に入った7歳馬はこれまでに3頭いるけど、どれも実力馬!

グレープブランデーもエスポワールシチーもダートG1を制し、

トーセンブライドは交流重賞4勝、中央のオープン特別で勝利するなど、最後まで息が長かったよね!

7歳馬にはリーゼントロックやリッカルドなどがいるけど、

リーゼントロックは重賞で1つ能力が足りない、リッカルドは南関東では相当強いけど

中央では2年前のエルムステークス以外はパッとしない・・・!

なかなか厳しいデータだね・・・!

リッカルドの鞍上がルメール騎手だけどどうなるか!?

中央から地方へ活路を見出す馬が増えている中で、貴重なレースになりそうだね!

 

データ② 先行馬しか勝てない?!

結構注目して欲しいんだけど脚質に関するデータで

先行馬が過去10回で7勝、2着は10回、すべてのレースで何かしらの先行馬が2着になっているんだ!

通過順を見ても、10番手以下だった馬は3着以内を見ても4頭しかいない!

そのうちの3頭は上がり最速タイムだったんだ!

後ろでレースをするにも上がり最速が求められるよ!

うっかり出遅れたら最後なのだ!

出遅れ癖がある馬、後ろからのレースになる馬は注意だけど

有力馬に先行馬が多い中で、ミツバのようにマクっていく馬は仕掛け所が難しいかも・・・?

マクリきれれば大きいが、果たしてどうなることやら・・・!

 

データ③ その他!

前走の距離で見ると、同じ距離か距離短縮か、このどちらかに好走が目立つんだ!

距離延長は1勝しかしておらず、岩手の水沢競馬場で行われたダート1400メートルのクラスターカップや

中京のプロキオンステークスでの好走歴しかないんだ!

ダート1600メートルからの距離延長組は延べ11頭いながらすべて着外・・・!

牝馬の成績にも注目!

過去10回で延べ7頭しか出ていないのは驚きだけど、どれも着外に終わっているんだ!

しかも斤量は55キロと本来の斤量より1キロ重く、

アローワンスの差は縮まっており、地方交流連勝の勢いが通じるか少し微妙なデータだね!

 

まとめ

人気馬はやや不安を抱えた馬が多くて、

ミツバはマクリが決まるか、リッカルドは年齢、アンジュデジールは牝馬と距離、

ここらへんが引っかかる部分だね!

その点、ハイランドピークは引っかかる部分はなかったね!

マーチステークスは最後方のレースとなり、話にならなかったけど元は前目でレースをする馬!

マリーンステークスでも安定した結果を残したし!

先週は横山武史騎手がオープン特別で勝利を収めたが、兄の横山和生騎手も続きたいところだね!

 

最後に枠順のデータを見ると、有利になりそうな内枠はそこまで有利ではなく真ん中の枠からやや外、

4枠から7枠までに良績が集まっている!

逃げが3着にしか残らない現状を見ると、なるほどなぁって感じ!

小回りコースだから内枠でうまく回ってくればいいって感じじゃないね!

良いスタートを決められるのはどの馬かって事だね!

 

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

マリーンS6着だったこの馬だけど、勝浦騎手が手綱を取って札幌ダートを駆け抜け、

5ハロン66秒6、3ハロン38秒6-12秒2でまとめたのを見るとイケるかも!?

もともと調教でメチャメチャ動くほうじゃないみたいだし

前走もいい状態だったからキープできた感じってコメントも!

前走はいろいろあって力を出し切れなかったけど

うまくかみ合えば絶対に上位に来ると思うな!

今回どうなるか楽しみだな~!

これはペカっと来るんじゃないなかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.