競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【セントウルステークス2018予想】出走予定馬分析!GoGo!!イケイケな馬は!?

投稿日:

Pocket

セントウルステークス2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

サマースプリントシリーズ最終戦のセントウルSは、

3週間後に行われるスプリンターズSの前哨戦でもあり、

秋のスプリントG1を展望する上で目が離せない一戦だね!

歴代最高スプリンター:ロードカナロアでさえ、2年連続で取りこぼした舞台!

上がり馬vs実績馬、今年優勝するのはどちらか!?

実に気になるところだよね~!

今日はそんなセントウルステークスのお話しをしていくよ!

 

 

いやいや、この前ね~久し振りに打ってきましたよ

 

ミラクルジャグラー

 

2000円でペカって

「これは久々にイケるかも~!」

なんて思ってたらすぐに飲み込まれちゃったよ・・・。

上手くいかないもんだねぇ~。

もっとこう、ガンガンジャグ連してくれたら楽しいんだけど

現実はそうもいかないよね~。

今月は積極的に打ちに行こうって思ってるから是非期待していて欲しいな!

よろしくよろしくー!

 

さて、それでは早速本題のセントウルステークスのお話しに入るよ!

 

セントウルステークスについて!

 

1987年に4歳(現3歳)以上の別定重量で争われるG3の重賞競走として創設され、

第1回は阪神競馬場の芝1400メートルで行われたんだ!

創設当初は1400メートルで行われていたけど、

2000年に短距離路線の整備により1200メートルに短縮され、

スプリンターズSの重要な前哨戦に位置付けられたんだ!

その後、2006年にG2に格上げされるとともに、

同年に創設された「サマースプリントシリーズ」の最終戦に指定されたよ!

また、2014年から本競走の優勝馬にスプリンターズSの優先出走権が与えられることとなったんだ!

なお、2017年にレース名が「産経賞セントウルステークス」に改称されたんだよ!

レース名の「セントウル(Centaur)」は、ギリシャ神話のケンタウロスを英語読みしたもので、

上半身が人間、下半身が馬の姿をした架空の怪物なんだって!

阪神競馬場内の「セントウルガーデン」にはセントウル像があり、同競馬場のシンボルとなっているよ!

 

 

秋の阪神競馬開幕週のメインレースはG1・スプリンターズステークスの行方を占う重要な一戦

 

セントウルステークス!

 

スプリンターズステークスで買えそうな馬を探し出すのはもちろん、

セントウルステークスは2ヶ月超の長期間続いたサマースプリントシリーズの最終戦にもなるから、

最終的にどの馬がサマースプリントシリーズ王者のタイトルを奪取するのか、

というところにもかなり注目だね!

今年の顔ぶれを見てみると、2004年・2005年で優勝を果たしたゴールデンキャスト以来となる

セントウルステークス2連覇の偉業に挑むファインニードルや

古馬相手のスプリント重賞で上位入線を続けている3歳牝馬・ラブカンプーなど、

スプリンターズステークスのステップレースという看板にふさわしい好メンバーが集結!

実績だけを見れば高松宮記念覇者のファインニードルが一枚抜けているけれど、

2013年にはスプリント界の絶対王者・ロードカナロア(単勝オッズ1.4倍)が

ハクサンムーンに逃げ切り勝ちを許したケースもあるから、伏兵陣のチェックも怠らないようにしなきゃね!

 

 

コースについて!

 

阪神・芝1200メートル(内回り)

スタートしてから最初のコーナー(3コーナー)までは約250メートル!

3コーナー半ばから4コーナー、直線の半ばにかけて緩やかに下っていき、

ゴール前に急な上り坂が待ち受ける!

直線距離は356.5メートル(Aコース使用時)

3コーナーまでの距離が短いため、スタート後のポジション争いはごちゃつくことが多い!

先行馬にはスタートから3コーナーまでの短い距離で前のいいポジションを確保するダッシュ力、

差し馬にはインを回る器用さと先行馬を抜き去る瞬発力、直線でのスピードが要求されやすいよ!

 

 

 

同年6月以降の出走回数に注目!

過去10年の出走馬について、同年の6月以降の出走回数別に成績をまとめると、

出走回数「2回」組が7勝を挙げているが2着が0回で、

連対率と3着内率では「2回」「1回」「0回」の各組がほぼ横並びの数値となっているんだ!

一方、「3回以上」組は好走率で大きく劣っており、少し評価を下げた方がよいかもしれないね!

 

前走で「1、2番人気」だった馬が強い!

過去10年の出走馬のうち、2010年2着のグリーンバーディー、2011年2着のラッキーナインなど

延べ4頭が前走で海外のレースを走っていたけど、

その4頭を除いて、前走の単勝人気別成績をまとめると、

「1番人気」と「2番人気」が連対率で30%、3着内率で40%を超える数値を記録しているんだ!

それに対し、「3番人気」「4番人気」「5番人気」の各組からは連対馬が出ていないよ!

前走で下位人気だった馬では、「6番人気」が2勝、「7~9番人気」が1勝2着2回となっているけど、

「10番人気以下」だった馬は延べ36頭が出走して、1頭も3着以内に入っていないんだって!

 

過去2走以内の連対実績が重要!

過去10年の出走馬について、過去2走以内の最高着順別に成績をまとめると、

3着以内馬延べ30頭のうち26頭は過去2走以内に「2着以内」に入った経験があったよ!

中でも、「2着」組が3着内率52.9%と断トツの数値を叩き出しているね!

2017年の優勝馬ファインニードルが2走前に1600万下を勝っていたように、

レースの格を問わず、過去2走で連対経験のあった馬は、目が離せない存在になりそうだね!

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

新設重賞の葵ステークスで2着を確保してから急激に力をつけていき、

51kgという軽い斤量が味方したとはいえ、

古馬相手のG3で好走(アイビスサマーダッシュ2着、北九州記念3着)を続けている状況であれば、

ファインニードルをはじめとする強豪がそろったセントウルステークスでも

互角以上の戦いを見せてくれるんじゃないかなって思ってるよ!

年明け初戦の2018年1月・紅梅ステークス(OP・京都芝1400m)から

コンスタントにレースを使っている状況ですだ、

前走・北九州記念時のデキをキープできているのかどうか、

というところを最終追い切りの動きから判断する必要があるけど、

安定した先行力を持つ徹底先行型ですので、前残り決着になりやすい開幕週の馬場に替わる点は魅力的!

直線でキレる脚を使えない分、上がり3ハロン33秒台の末脚が要求される瞬発力勝負になってしまうと

さすがに苦しいかもだけど、前半600m通過32.4秒のハイラップを刻んだ

北九州記念の速い流れに対応した点は高く評価できるから

最終追い切りで使い詰めの影響を感じさせない動きを見せた時は

ペカっと来るんじゃないかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.