競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【セントライト記念2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!

投稿日:

Pocket

セントライト記念2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

日曜のローズステークスはゴージャスランチが奇策逃げを打って

スローペースに持ち込んだ展開!

その結果・・・!

1着カンタービレ(5番人気)
2着サラキア(2番人気)
3着ラテュロス(13番人気)
4着ゴージャスランチ(8番人気)

まさかラテュロスがここまで走るなんて・・・!

なかなか予想だにしない展開だったね~!

今日はこのレースを参考にセントライト記念を考察して行こう!

 

 

 

セントライト記念の特徴は何と言っても特殊な中山芝2200mで行われると言う事!

中山競馬場の中長距離コースで唯一外回りコースを使用するのが中山芝2200mで、

見てもわかるように3コーナー部分がフォルスストレートのような形状になっているために

スパートが早くなりやすいのがこのコースの特徴!

中山競馬場と言うと器用さや先行力が求められると言うイメージだけど、

このコースに関しては少々不器用でもずっと長く伸び続けられる持久力タイプの馬が走りやすいんだ!

と言ってもそんな持久力戦になるためにはしっかりとペースが流れるのが前提で、

ここ3年の前半1000m通過は61.1=61.0=61.8とスローペースの流れになっていて、

中山芝2200mで本来求められるような適性が問われるようなレースになっていないよ!

そんなわけで決め手ある馬や立ち回り上位の馬が権利を獲得している感じがある近年のセントライト記念だけど、

今年に関してはジェネラーレウーノ、ケイティクレバー、タニノフランケルと3頭も同型馬が揃って、

なおかつジェネラーレウーノが「ハイペースでも逃げる」と宣言している以上、

まず淀みなく流れるペースになる事が濃厚だね!

近年あまり見る事ができなかった地力が問われる超ポテンシャル勝負のセントライト記念になりそうで

素直に長く良い脚が使えて強い馬を買えばいいレースだと思うよ!

 

セントライト記念 予想!

 

まずは人気を集めそうなレイエンダ

本命は人気必至でもこの馬をG2でこれぐらいのオッズで買えるのは最後と見てもいいでしょ!

新馬戦で全兄レイデオロを超えるようなパフォーマンスを披露して一躍注目された馬だったけど、

膝を骨折して長期休養に。

これが他の厩舎であればクラシックに間に合わせるために

復帰を急がせてリズムが狂ったかもしれないけど、

幸いにも馬の成長過程を最も大事にする藤沢和雄厩舎だった事で

理想的な成長曲線を描いてついに重賞まで辿り着いたね!

兄のレイデオロと同じく母父ロベルトの影響を多分に受けた長く良い脚を使ってこそのタイプだけど、

兄以上にレースセンスは優秀と見て良さそうで、

前走はスタートを決めて先行策も取れたし、

追ってからの反応速度などは兄以上と思わせる逸材!

今回はかなりハイレベルなメンバーが揃った重賞レースだとは思うけど、

そんなメンバーが揃っていても前走の松前特別のパフォーマンスは抜け切ったものだね!

12.3 – 11.1 – 11.8 – 12.2 – 12.4 – 12.6 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.3 (35.2-34.5)

前半1000m=59.8と決してスローペースではなかった展開を好位追走から馬なりで抜け出して圧勝!

レースラップを見ても最後は馬なりだったのに加速ラップで突き抜けており、

このラップと時計で駆け抜けておきながらまだ余力があるというのは末恐ろしいね!

1週違いでこちらの方が馬場が若干良かったとはいえ、

この松前特別の走破時計1:59:3は前週の函館記念よりも0.5秒も速い時計!

その函館記念よりもラップ構成は優秀だし

この馬は現時点でも古馬G2勝ち負け、G1好走ぐらいのレベルにはあるっぽいよね!

大外枠が不安視されそうだが、外枠大得意のルメールでそれなりに行き足がついて

1コーナーまで直線が長いとなれば逆に絶好枠になりそうな感じも・・・!

逃げ馬が飛ばして縦長になりそうな隊列の好位〜中団外めのポジションが取れそうだし、

そこからじわーっと外目を進出してあとは抜け出すだけという競馬がこの枠ならできそうだね!

過剰人気という声もあるけど、

ここは数字上でも能力抜けていると見ている馬が適性条件に使ってきたとなれば素直に信頼出来るね!

 

しかし

 

現状の立場は、あくまで挑戦者!

過去3戦がいずれも楽勝であるため、能力の上限を把握しづらく、

それが“未知の魅力”として人気を後押ししているという構図は否定できないところだね!

血統的な期待、将来性を加味しない状態での、

レイエンダの現状はどんなもんか?

過去3戦は、いずれも勝負どころ(3~4コーナー中間地点)から一気に加速するレースラップから、

瞬発力に関しては上位だと考えても差し支えないはず!

ただ勝ち方としては、平均的な1000万以条件よりは上ではあるものの、

次走すぐに1600万下を勝てるレベルかといわれれば、

それは微妙かも・・・?

もっとも、そういった(計算上の)昇級の壁をアッサリと突き破ってしまうのが

良血馬の恐ろしいところだけど・・・!

例年のセントライト記念を考えると、古馬1600万下のレベルをやや上回ってくるはず!

すなわち、レイエンダはここで再び自己ベストを大きく更新するぐらいの走りが要求されることになる!

紛うことなき良血馬であるだけに、アッサリと壁を突き破ってくる可能性も低くはない!

でも賭けるには最低4倍、できれば5倍の単勝オッズが欲しいところ!

ラップ適性で論ずるなら、中山芝2200mという舞台も瞬発力に秀でた馬に有利な舞台とは言いがたく、

むしろここは瞬発力より持久力の勝負!

持久力を問われたラップで強い競馬を見せている馬が、絶好の狙い目だね!

 

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

1週前追い切りが実に良かった!

ウッド5F67秒5―40秒3、ラスト1F13秒6。

楽な手応えで1馬身先着!

春はケイコ駆けしなかったけど、今回は大違いの走りを見せた!

もともとが実戦タイプだし体はすっきりとして活気は十分!

距離も長い方が良いし

ペカっと来るんじゃないかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.