競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【チャンピオンズカップ2018予想】出走予定馬分析!GoGo!!イケイケな馬は!?

投稿日:

Pocket

チャンピオンズカップ2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

中京競馬一発目の重賞を飾るのはダートの王者決定戦「チャンピオンズカップ」!

例年、国内外のトップダート馬が揃う一戦で、

今年もG1優勝経験がある馬が6頭も出走を予定しており、

ハイレベルなレースになりそう!

それでいて、昨年15万馬券が出たことからもわかるように、

G1としては相当に荒れるレース!

これは是が非でもペカらせておきたいところだね!

 

 

それでは早速出走予定馬を見てみよう!

 

アスカノロマン 牡7 太宰騎手 川村厩舎
アポロケンタッキー 牡6 山内厩舎
アンジュデジール 牝4 横山典騎手 昆厩舎
インカンテーション 牡8 羽月厩舎
ウェスタールンド セ6 藤岡佑騎手 佐々木厩舎
オメガパフューム 牡3 Cデムーロ騎手 安田翔厩舎
クインズサターン 牡5 四位騎手 野中厩舎
ケイティブレイブ 牡5 福永騎手 杉山厩舎
ゴールドドリーム 牡5 ルメール騎手 平田厩舎
サンライズソア 牡4 モレイラ騎手 河内厩舎
サンライズノヴァ 牡4 戸崎圭騎手 音無厩舎
センチュリオン 牡6 吉田隼騎手 田村厩舎
ダノングッド 牡6 村山厩舎
チュウワウィザード 牡3 大久保厩舎
ノンコノユメ セ6 内田博騎手 加藤征厩舎
パヴェル 牡4  モラ厩舎
ヒラボクラターシュ 牡3 大久保厩舎
ミツバ 牡6 松山騎手 加用厩舎
メイショウスミトモ 牡7 古川騎手 南井厩舎
ルヴァンスレーヴ 牡3 Mデムーロ騎手 萩原厩舎

 

レースについて!

 

「世界に通用する強い馬作り」を目指すべく、

1981年に芝2400メートルの国際招待競走「ジャパンカップ」が誕生したが、

ダート競走においては、1995年に中央競馬・地方競馬相互間の交流が飛躍的に拡大され、

ダートグレード競走で活躍した馬がドバイやアメリカのダート競走に挑戦するようになった!

これにより、ダート競走においても「ジャパンカップ」と並ぶ国際競走を開催しようという機運が高まり、

2000年にわが国初のダートの国際招待競走「ジャパンカップダート」が創設された!

その後、2014年に日本調教馬を中心としたダート最高峰の競走としての位置付けを

明確にする観点から国際競走としたうえで、中京競馬場・ダート1800メートルを舞台に定量で行われる

「チャンピオンズカップ」へリニューアルされた!

また、本競走は2008年に創設された「ジャパン・オータムインターナショナル」

(秋季国際GⅠ競走シリーズ)の最終週を飾るレースとなっている!

 

コースについて!

中京・ダート1800メートル

ホームストレッチの上り坂の途中からスタートして、1コーナーまでの距離は約300メートル!

2コーナー半ばから向正面の半ばまで緩やかに上り、その後は4コーナー過ぎまで緩やかに下る!

直線は410.7メートルで、直線に向いてすぐに全長約160メートル・高低差約1.8メートルの急坂を上ることになる!

JRAのダート1800メートルのコースの中では、直線距離が最も長い!

加えて起伏もあるタフなコースで、スタミナとパワーの両方が要求される!

 

 

人気になるのはルヴァンスレーヴとゴールドドリームじゃないかな!

ルヴァンスレーヴは昨年12月、全日本2歳優駿(Jpn1、ダート1600メートル)を勝った2歳ダートチャンピオン!

3歳となった今年、ジャパンダートダービー(Jpn1、ダート2000メートル)を制して3歳チャンピオンにも輝いた!

7戦6勝2着1回!文句なしに来年以降もダート界を背負う大物!

 

ゴールドドリームは3歳時、1番人気に支持されたジャパンダートダービーで3着と結果を出せなかったけど、

4歳となった昨年、フェブラリーS(G1、ダート1600メートル)でG1初制覇!

ダート王としての走りが期待されたが、ドバイ遠征などもありその後の3戦は凡走!

しかし、チャンピオンズCでは鞍上R.ムーア騎手の見事な手綱さばきで優勝!

春秋統一ダートチャンピオンの座についた!

 

今年10月、盛岡競馬場の南部杯(Jpn1、ダート1600メートル)、

古馬王者ゴールドドリームと3歳王者ルヴァンスレーヴとの激突が実現した!

結果は早目に抜け出した鞍上M.デムーロ騎手のルヴァンスレーヴが優勝、

鞍上C.ルメール騎手のゴールドドリームは2着だったが1馬身半の差をつけられた!

 

このときの斤量差は2キロだが、今回は1キロに縮まる!

それでも再びルヴァンスレーヴが圧勝するのか、あるいはゴールドドリームが巻き返せるのか!

デムーロ騎手とルメール騎手の対決も楽しみ!

この2強に続く有力馬がケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)、

オメガパフューム(牡3歳、栗東・安田翔伍厩舎)、

サンライズソア(牡4歳、栗東・河内洋厩舎)!

初のJRA開催となった京都JBCクラシック(Jpn1、ダート1900メートル)で1着から3着を占めた!

 

ケイティブレイブは福永騎手のワンテンポ遅らせた仕掛けで中央場所G1初勝利を飾り、

打倒2強の1番手に名乗り出た!

ケイティブレイブには届かなかったがオメガパフュームの末脚は目立った!

ジャパンダートダービーでもルヴァンスレーヴを猛追して2着!

勢いならこの3歳馬だ!

サンライズソアは1番人気だったが逃げて3着!

先行力に持ち味があり、このところの成績も堅実!

 

 

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

今年、間違いなくトップクラスの支持を集めるであろう馬!

ダートをよく見ている人には有名な話だけど

ここまでの通算成績が(6-1-0-0)、さらにG1級競走を3勝している!

前走では古馬との初勝負が不安視されていたけど、

結局単勝1倍台の支持を得ていたゴールドドリームを1馬身以上突き放しての快勝だった!

これはペカっと来るんじゃないかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.