競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【マイルチャンピオンシップ2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!

更新日:

Pocket

マイルチャンピオンシップ2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

逃げ馬不在の今回は各馬出たなりとなりそうだけど、一応ハナはレーヌミノルじゃないかな!

アエロリット、アルアイン、ロジクライが先行し、

ウインブライト、エアスピネル、ジュールポレール、レッドアヴァンセが続き

ケイアイノーテック、ジャンダルム、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、モズアスコットが中団を追走、

ロードクエスト、ミッキーグローリーがその後ろから来る感じかな?

平均ペースで最後は決め手比べって感じになりそうだね!ワクワクするー!

 

 

まずはサクッとデータを振り返ろう!

 

人気と連対率

▶1番人気【1-3-2-4】連対率40%
▶2番人気【1-3-1-5】連対率40%
▶3番人気【1-2-0-7】連対率30%
▶4番人気【4-0-1-5】連対率40%
▶5番人気【1-0-1-8】連対率10%
▶6~9番人気【1-0-4-35】連対率3%
▶10番人気下【1-2-1-85】連対率3%

年齢

▶3歳馬【1-0-2-30】連対率3%
▶4歳馬【3-5-3-22】連対率24%
▶5歳馬【4-4-4-47】連対率14%
▶6歳馬【1-1-1-32】連対率6%
▶7歳上【1-0-0-18】連対率5%

脚質

逃げ【1-1-0-8】連対率20%
先行【1-2-2-30】連対率9%
差し【6-5-6-64】連対率14%
追込【2-2-2-47】連対率8%

 

1番人気馬は近走不振!

過去10年全体で見れば6頭が馬券に絡んでいるからまずまずの成績を残しているように感じるけど、

近5年では2頭しか好走しておらず、連対経験は一切無しとあまり好成績を収めていないよ!

ただ、4歳に限れば1番人気に推された馬は100%馬券に絡んでいるみたい!

勝ち馬に関しては、基本的に5番人気以内から出ていて、

二桁人気馬の台頭や中穴の馬は2着と3着の回数が多いみたい!

出走メンバーのレベルが上がりつつある近年は二桁人気の台頭はないんだけども。

このレースで好走している人気薄の馬って、

ほとんどの場合で前走で上位人気に推されて敗れて、

ここで人気を落としているパターンばかりだから、

そういう馬がいれば穴馬として一考の価値はあるかも!

あとは前走で普通に勝利していても実績不足で人気になっていない馬とかも

近年は活躍している傾向にあるよ!

 

 

若い馬が断然有利!

 

昨年は4歳以下で決着したし、好走している馬が少なかった3歳が2頭も馬券に絡んでいて、

近年は若馬の活躍が顕著になっているレース!

6歳以上の高齢馬は若い時にこのレースで馬券に絡んでいた馬しか好走していないし、

リピーターではないのなら6歳以上は消してもいいかも!

今年は該当馬は少ないんだけど、3歳馬に関しては

このレースでは古馬との斤量差がたったの1kgしかないから

中々結果が出ていなかったんだ!

だけど、昨年の結果を見る限り古馬との重賞レースを経験していて

好走している馬ならまったく気にしないで良さそう!

 

 

差し有利!

 

今年は例年以上に馬場が荒れていて、時計も超高速馬場ではないよ!

先週の競馬も内側がかなり荒れていて、

重賞ではそこを避けて直線の進路取りをしている馬も多かった!

外側が伸びる馬場というのは念頭に入れておきたい!

ただ、今週から仮柵を3m外に移動させてBコースからCコースに変更されて

レースが行われることには要注意!

土曜日のレースを見て内伸びが回復しているか、まだ外伸びの馬場なのか判断したいところ!

ちなみに、不良馬場での開催が2回あって特殊な馬場だった昨年を除けば、

時計がかかろうがかからまいが、4年連続でディープインパクト産駒が連対していたようなレースで、

その特殊な馬場だった昨年ですら人気薄のディープ産駒である

サングレーザーが3着入線!

ディープ産駒は必ず選びたいところ!

 

ちなみに今年の安田記念は、1分31秒3のレコードタイ決着が示すように、

前半3F目から後半2F目までが11秒2~11秒4という淀みない流れ!

例年は3~4コーナーで息が入るため、高速馬場でも1分32秒台で決着することもあり、

しっかりと息を入れた場合には、ロゴタイプが逃げ切った2年前のように、1分33秒0で決着することも!

確かに速い時計が求められる中、出負けしてサトノアレスやリスグラシューが

後方から3~4コーナーの外々を回るロスがあったのに対して、

モズアスコットは内々でスムーズに流れに乗れていたよね!

しかし、同じように内々を立ち回ったアエロリットやスワーヴリチャード、

サングレーザーなどを撃破していることは評価できるよね!

 

ただし、モズアスコットだけが、決定的に恵まれた点が1つだけあるんだ!

それは連闘策だったということ!

他国よりも高速馬場の日本は、脚元への負担(筋疲労)が考慮されて、

レース間隔を開けてレースに出走することが多いけど、

直前のレースで走っていなければ、連闘策でも問題なし!

むしろパフォーマンスを上昇させることが多いんだ!

 

モズアスコットは、オープンの安土城Sで格下馬を相手に2着に敗れたことと、

連闘策が嫌われ、安田記念では人気が暴落したけど、

実はそれがカンフル剤となって好走したっぽいよね!

 

休養明けの前走・スワンSは、管理する矢作師がコメントしているように、叩き台の一戦!

2着に負けたからと言って、評価を落とす必要はなし!

今回での上積みも見込める!

しかし、安田記念と同等レベルのメンバー構成でありながら、連闘策ではないことが不安!

これならば他馬にも付け入る隙はあるかも!

 

もちろん穴馬にもチャンスがあり!

2000年のアグネスデジタルや1995年のメイショウテゾロのように、

人気薄で好走している馬の大半が3歳馬!

春からこの時季にかけて、一回りも二回りも成長するからだろうね!

その中でも昨年のこのレースの覇者ペルシアンナイトのように、

前哨戦で惨敗、大敗している3歳馬が最大の穴メーカー!

 

3歳馬の中でもピックアップしたいのは、ケイアイノーテックです!

朝日杯FSや毎日王冠でもステルヴィオとの末脚比べで見劣りしたけど、

同馬の優位性は、休養明けの前走・毎日王冠で内枠から積極的に出していって末脚が不発したこと!

つまり、前哨戦で叩き台のレースができたことです!

それとは別に注目の馬は~???

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

これまでは牝馬限定戦でしか結果を出せていなかったけど、

前走は牡馬相手に接戦の3着!

重賞勝ち馬がズラリと名を連ねる超良血馬!

いよいよ本格化の兆しと言っても過言じゃないね!

切れが生きる京都も大歓迎で、この相手でも侮れない存在!

これはペカっと来るんじゃないかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.