競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【ユニコーンS2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!

投稿日:

Pocket

 

今日はユニコーンS2018の話をするよ!

 

毎日あれもやってこれもやってってもう大変ですが

めげずに頑張って生きてればなんとかなると信じて生きてます!

いきなりどうしたって?

いや~もうやる事多過ぎて逆に何もしたくないんだよう~

そんな時ありません?

もう時間なんて気にせず眠るワケでもなく

ただ目を瞑ってひたすら横になりたいんですよ・・・。

でもでも、何故かどこからか「ガコッ!」って聞こえるんだ~・・・

「あっ、誰か当たったな?」って思ったりするけど

そんなわけないんだ~だって自室なんだもん!

ほぼ毎日ホールにいるから耳がおかしくなったのかな?

耳がキンキンするよ~!

 

 

さてさて、今日はこれを打って来たよ~!

 

 

そうだね、マイジャグラーⅢだね!

 

本当はファンキージャグラー打ちたかったんだけど

見事に台が埋まってて全然打てなかったんだよ~

そんな時にふと見たら良い台が落ちてるではないか!!!

というわけでスタート~!

 

 

 

なんでだろうね、シャンプーとかは700円くらいしたら

「高いなこれ」ってなるのに

ジャグラーには躊躇無く1万ぶち込んじゃうんだよね・・・!

だって、ほら、1000円は1万円になったりするじゃない!

シャンプーは700円なら700円のままだけど!

そんなどうでもいい屁理屈は置いておいて・・・!

 

 

さっそく・・・!

 

 

キュイキュイキュイーーーンッ!!!

 

 

1000円で引けたよ!やったよ!

って思ってたらREG・・・

そのまま飲まれて更に追加投資・・・

5000円目で遂にBIG!!!

 

 

これで軌道に乗るかと思いきや

今日はちょっと控えめ・・・

100回転ちょい越えしてはBIGを繰り返して

結果700枚強で打ち止め!

ちょうどフランスがオーストラリアに勝ったタイミングで止めました!

結果は16500円なので

+11500円!

時給換算したら8000円くらいなので

まぁまぁ上出来かと・・・!

 

 

あのですね、僕はマイジャグラーⅢが得意ではありません。

 

 

何故かと言うと、ほら

基本的に静かじゃないんですか、マイジャグラーⅢって。

通常時のサウンドも控えめだし・・・。

リーチになってもなんだか控えめだし・・・。

いっつもファンキージャグラー打ってるから感覚がバカになったのかな?

あの「ガコガコガコガコッ!!!」ってクソうるせぇ演出好きなんですよね~。

なんというか節操が無いといいますか。

ど派手な方が盛り上がりません?

マイジャグラーⅢってスコープの中で光るから

自分だけがボーナスだってわかるじゃないですか?

なんというかおしとやか。

とてもお上品なのです。

まぁ、勝てればなんでもいいんですが(笑)

そんなマイジャグラーⅢ。

ジャグラー好きには有名ですが機械割が非常に良いです!

今日打った台はブドウをカウントしていた所

おそらく設定5でした。

なのでキリ良く止められました!

設定6ならいつまででも打っておくべき今日のスペック!

ぶどうは1/6をウロウロするような推移が理想。

レギュラーは全体の出現率も大事ですが、

単独成立でのレギュラーを看破しておきたいところ。

設定1と6では倍の開きがありますからね!

先告知でもボーナスを揃えに行かず、グッと我慢してチェリーを狙いましょう!

 

この他、チェリーの出現率の違いも+αとして使えますが、

ことマイジャグシリーズでは一番の攻略ポイントが「店」になってくると思いまする!

何故かというとマイジャグシリーズは他のジャグラーシリーズよりも

大体設定1個分アップしたペイアウトの設計になっているからです!

とにかく甘いのが特徴なわけですが、

ここでよくあるホールのアピールしている文言を思い返してみましょう!

 

「ジャグラーシリーズ、全機種あります」

「地域最多のジャグラー設置店」

 

こういうのをよく見かけませんか?

確かにジャグラーを大事にしているのは分かるものの、

どうもいろんなジャグラーを用意しただけって感じがしませんか? しますよね・・・!

他のGOGOよりも出ちゃうマイジャグラーⅢに設定を入れるのか?

甘いわけだから、本気度が低ければ、高設定投入の優先順位が低くなるのが道理。

1以外の設定を使いづらいわけですよ。

ジャグラーは全体的に設定推測が難しい部類に入るから、

まずはマイジャグラーⅢから出玉をアピールして…

そんなホールを見つけるのが重要だと思います。

なので、他のジャグラーよりもシマデータの観察を疎かにしないようにしたいですね!

そんなマイジャグラーⅢ!

どうやっ設定看破するのか???

 

設定判別のポイント

設定判別度:★★☆☆☆

設定差Lv:★★☆☆☆

BONUS確率

REGに大きめの設定差あり

設定 BIG REG 合算
1 1/287 1/431 1/172
2 1/282 1/364 1/159
3 1/273 1/341 1/152
4 1/264 1/293 1/139
5 1/252 1/278 1/132
6 1/241 1/241 1/120

設定差のあるフラグ

●より詳細に判別するには、以下の4契機で判別する
●ハズレ目は単独・中段チェこぼし(片方の中段チェ)

設定 BIG REG
ハズレ目 角チェ 単独 角チェ
1 1/379 1/1456 1/669 1/1214
2 1/374 1/1394 1/529 1/1170
3 1/362 1/1337 1/496 1/1092
4 1/352 1/1260 1/410 1/1024
5 1/334 1/1214 1/390 1/964
6 1/318 1/1170 1/334 1/862

設定差Lv:★☆☆☆☆

●ブドウに若干の設定差

設定 ブドウ 単独角チェ
1 1/6.35 1/38.1
2 1/6.30
3 1/6.25 1/36.8
4 1/6.23 1/35.6
5 1/6.18
6 1/6.07

 

この通り、色々あるけど

ブドウはある程度回す覚悟が無いとデータ信憑性が出てきません!

まずは店を知る事!

そして台を知る事!

それからBIG/REGの差!

最後にダメ押しでブドウ!

 

 

途中でブドウ揃えるゲームと勘違いするくらいブドウを数えましょう!

そうでないと設定看破は難しいでしょう!

ジャグラーはやりすぎなくらい慎重に打ちましょう!

それこそが負けない打ち方なのです!

 

 

ユニコーンSS2018最終予想!

2016年のユニコーンSで重賞初制覇を果たしたゴールドドリームは、

2017年にフェブラリーSとチャンピオンズCを制し、

同年のJRA賞最優秀ダートホースに選出された。

また、今年2月にフェブラリーSを勝ったノンコノユメは、

2015年のユニコーンS優勝馬である。

この他にもシンコウウインディ、タイキシャトル、ウイングアロー、

ゴールドティアラ、アグネスデジタル、ユートピア、カネヒキリ、ベストウォーリアなど、

過去の優勝馬の多くが後に国内外のビッグレースで活躍している。

そうです、ここは外せないレースなのですよ!!!

 

 

注目点① 人気薄を狙うなら単勝6番人気から9番人気を中心に!

該当馬のリストを見てもわかるように、

過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が7頭と3割に満たない結果となっていて

上位人気馬が勝利していることを裏付ける結果となっている。

しかも、過去10年の内2頭がリストアップされる年が1回しかなく、

1頭も該当していない年が4回もあり人気薄を検討する際には

慎重にならなければいけない結果であることがユニコーンSの大きな特徴となっている!

また、今回の該当馬を人気別に見ると、高配当になる場合の人気には

それほど気にする必要がないことがわかるが、

単勝10番人気以下の極端な人気薄を狙うのが得策ではないことがわかる。

 

人気別集計 ユニコーンS 過去10年

人気 着別度数 勝率 複勝率
1番人気 4- 3- 0- 3/ 10 40.0% 70.0%
2番人気 3- 3- 1- 3/ 10 30.0% 70.0%
3番人気 3- 1- 4- 2/ 10 30.0% 80.0%
4番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0%
6番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 20.0%
7番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 10.0%
8番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 20.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名 人気 単勝オッズ
2015 ノボバカラ 9 63.8
2014 バンズーム 7 25.9
2013 サウンドトゥルー 8 30.5
2013 ケイアイレオーネ 11 95.3
2012 タイセイシュバリエ 8 26
2010 サンライズクォリア 6 27.9
2008 アポロドルチェ 6 22.5

注目点② 父・ロイヤルチャージャー系かニアークティック系に注目!

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った7頭中5頭がロイヤルチャージャー系かニアークティック系種牡馬となっている。

ロイヤルチャージャー系といえば、

ディープインパクトやゴールドアリュール、アグネスタキオンに代表されるように

現在の日本種牡馬界の王道とも言える血統であり、

距離適性的にユニコーンSに適している血統と言うことができる。

また、ニアークティック系といえば現在の代表種牡馬はトランセンドで、

どちらかと言うと「ダート」「中距離」が得意分野でユニコーンSはまさに得意ということができる。

 

種牡馬系統別集計 ユニコーンS 過去10年

種牡馬系統 着別度数 勝率 複勝率
ロイヤルチャージャー系 7- 3- 5-40/55 12.7% 27.3%
ネイティヴダンサー系 2- 3- 1-44/50 4.0% 12.0%
ナスルーラ系 1- 1- 0-19/21 4.8% 9.5%
ニアークティック系 0- 3- 4-23/30 0.0% 23.3%
マンノウォー系 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 100.0%
その他のエクリプス系 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名 父系統 種牡馬
ノボバカラ ロイヤルチャージャー系 アドマイヤオーラ
バンズーム ロイヤルチャージャー系 シンボリクリスエス
サウンドトゥルー ニアークティック系 フレンチデピュティ
ケイアイレオーネ ニアークティック系 Henny Hughes
タイセイシュバリエ ニアークティック系 クロフネ
サンライズクォリア ネイティヴダンサー系 キングカメハメハ
アポロドルチェ マンノウォー系 Officer

注目点③ 母父も父同様ロイヤルチャージャー系かニアークティック系に注目!

今回は血統面から注目点をもう一つあげると過去10年単勝6番人気以下で

3着以内に入った7頭中6頭の母父馬が父馬同様ロイヤルチャージャー系かニアークティック系種牡馬となった。

理由は父馬の時と同様であるが、東京競馬場のダート1600mで行われる

3歳限定の重賞というレース条件が母父ロイヤルチャージャー系や

ニアークティック系に最も適している血統と言うことができる。

 

母父馬系統別集計 ユニコーンS 過去10年

 

母父馬系統別 着別度数 勝率 複勝率
ネイティヴダンサー系 5- 4- 3-38/50 10.0% 24.0%
ニアークティック系 4- 4- 4-42/54 7.4% 22.2%
ロイヤルチャージャー系 1- 1- 4-26/32 3.1% 18.8%
ナスルーラ系 0- 1- 0-14/15 0.0% 6.7%
マンノウォー系 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0%
その他のエクリプス系 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0%
トゥルビヨン系 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

 

馬名 母父系統 種牡馬
ノボバカラ ニアークティック系 フレンチデピュティ
バンズーム ロイヤルチャージャー系 サンデーサイレンス
サウンドトゥルー ロイヤルチャージャー系 フジキセキ
ケイアイレオーネ ネイティヴダンサー系 Marquetry
タイセイシュバリエ ロイヤルチャージャー系 サンデーサイレンス
サンライズクォリア ニアークティック系 ノーザンテースト
アポロドルチェ ニアークティック系 Summer Squall

注目点④ 前走も上位人気(単勝4番人気以内)

最後に前走の人気に注目したとき、今回の該当馬7頭中5頭が前走でも単勝4番人気以内と上位人気となっている。

3歳限定戦においては勝ち抜き戦の様相が強いこともあり、

ユニコーンSでは他馬との比較で人気を落としていても前走では実力を認められて上位人気となっていた馬が、

前評判を覆した場合に好走できたことを示している。

 

前走人気別集計 ユニコーンS 過去10年

前走人気 着別度数 勝率 複勝率
前走1人気 4- 4- 2- 17/ 27 14.8% 37.0%
前走2人気 2- 1- 2- 15/ 20 10.0% 25.0%
前走3人気 2- 1- 3- 16/ 22 9.1% 27.3%
前走4人気 0- 2- 0- 10/ 12 0.0% 16.7%
前走5人気 2- 0- 0- 10/ 12 16.7% 16.7%
前走6~9人 0- 2- 2- 25/ 29 0.0% 13.8%
前走10人~ 0- 0- 1- 33/ 34 0.0% 2.9%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名 前走人気
ノボバカラ 4
バンズーム 3
サウンドトゥルー 1
ケイアイレオーネ
タイセイシュバリエ 1
サンライズクォリア 3
アポロドルチェ 12

まとめ

ここまでの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の1頭が該当する!


ルッジェーロ

 

3月UAEダービーは8着に敗れたがいい経験になったのでは!

ドバイ遠征後も順調で「条件は一番合っているし体調の良さでいい競馬をしてくれれば」と期待度が大きい!

最終追い切りはWコースでレッドシルヴィ(5歳500万)を5馬身ほど追い掛け馬なりで1馬身先着。

騎乗した柴田善は「スイッチが入っている。うなっていたよ。競馬が近づくにつれ気合が入ってるね」と

手綱から感じた気迫を伝える。

フィジカルだけでなくメンタル的にも一回り大きく成長したルッジェーロ。

これはペカッと来るね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.