競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【レパードステークス2018予想】出走予定馬分析!GoGo!!イケイケな馬は!?

投稿日:

Pocket

レパードステークス2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

2009年の創設以来、単勝1番人気または2番人気馬の優勝が続いていたけど、

昨年は11番人気のローズプリンスダムが制し、

12番人気のサルサディオーネが2着に入る大波乱の決着!

3着には1番人気のエピカリスが入り、

3連単は80万7250円という配当だったんだ!

なお、クビ差の4着には13番人気馬が入っていて、

もしそこが入れ替わっていたら、3連単は799万7230円という超高配当になっていたんだって!

これってヤバめだよね!

今年は果たしてどのような結果が待っているのか!!!

 

 

 

さてさて!

この前は久しぶりにGODやろうかなって思ったけど

直前のひらめきでジャグラーに切り替えたよ!

 

 

この輝きに勝てる光ってあるのかな・・・?

なんだか引き寄せられるよね~

まさに

魔性の光

とでも言っておこうか!

 

このペカりが見たくてついつい打っちゃうんだよね~

困った困った・・・!

そんな人、多いんじゃないかな~?

これは研究してもいいんじゃないかなってレベルで不思議な事だよね!

絶対に中毒性あると思う!!!

 

 

夜中の蛍光灯に群がる虫と同じ様な感じがするよ!

 

僕たちは虫じゃないけどね!

 

 

 

さて、そんな事はさておき今週末は小倉記念ともうひとレース開催されるよ!

 

 

それがレパードステークス

今日はそんなレパードステークスについて話していこう!

 

 

レパードステークスについて!

 

3歳ダート適性馬の出走機会の拡大、

夏季競馬の振興およびジャパンカップダート(現チャンピオンズC)を頂点とする

秋季ダート路線のさらなる充実を図る観点から、

2009年に新設された3歳馬限定の重賞で、

新潟競馬場・ダート1800メートルを舞台に行われるのが

このレパードステークス

負担重量は有力馬の参戦を促す観点から、馬齢重量に設定されているんだ!

競走名の「レパード(Leopard)」は、

イギリス国王の紋章である盾の脇に描かれている獅子の事を言うんだ!

また、「豹」を意味する英語でもあるんだよ!

古代ローマでは、豹の息には不思議な香りがあるとされ、

それによって動物たちを狩ることができると恐れられたんだって!

その香りに対抗できる唯一の動物がユニコーンだと信じられていたんだって!

それは大迷惑な話だね!

ユニコーンだけにね!!!

 

コースについて!

新潟・ダート1800メートル

ホームストレッチの直線入り口あたりからスタートし、1コーナーまでは約400メートル!

直線の長さは353.9メートルで、JRAのダートコースの中では長い部類に入る!

コース全体がほぼ平坦だが、各コーナーはタイト!

直線は長いものの、タイトなコーナーを4回通過するため、

小回り適性が要求されるコースだ!

外からスムーズに好位を取れる馬が好走しやすいよ!

 

 

ここからはデータと傾向について話していくよ!

 

単勝人気別の成績を確認!

過去9年のレパードSでは、上位人気馬の活躍が目立っており、

冒頭に記した通り昨年を除いて単勝2番人気以内の馬が勝利を挙げているほか、

単勝1番人気馬は9頭全てが3着以内に入っているんだ!

また、単勝オッズ別の成績でも、3.9倍以下の馬が好成績を残しているのにも注目!

ただし、1番人気、2番人気とも、2着に入ったのはそれぞれ1頭だけ!

そのあたりは予想を組み立てるときに注意すべき点といえるかもしれないね!

 

 

前走別成績に偏りあり

過去9年の出走馬の前走別の成績を調べると、

レパードSで好成績を残しているのは、

前走が大井競馬場で行われるJpnⅠのジャパンダートダービーだった馬と、

新潟・中京の1000万下だった馬なんだ!

前走がJRAの3歳限定ダート重賞・ユニコーンSだった馬は

2勝を挙げているが、同組からは2着馬と3着馬が1頭も出ていない点が気になるところだね!

 

近走の戦歴をチェック

過去9年のレパードSでは、

「5走前までにダート1800メートルの一般競走で勝利を挙げていた」

という馬の連対が多く、ここ2年はこれに該当していた馬が1、2着を独占しているんだ!

今年も5走前までにダート1800メートルの一般競走を優勝していた馬は、

チェックしておいた方がよさそうだね!

 

レパードステークスの展望!

 

2009年に新設されて以来、比較的堅実な決着が多かったレパードステークスだけど、昨

年は80万馬券が飛び出す波乱の決着だったよね!

 

逃げた12番人気のサルサディオーネがペースを作って2着に粘り、

11番人気のローズプリンスダムが差し切るというレースだったんだ!

今までにあまりない決着だったけど

「逃げ馬」の激走が多いという傾向を読めていれば、

もしかしたら勝てたかもしれないレースだったのかもね!

というのも、新設されてから過去9年で逃げ馬は4回も2着に入線していて(0-4-0-5)、

勝ちきれていないとは言え44.4%の確率で連対しているんだ!

人気に限らず逃げ馬には警戒しておいたほうが良さそうだね!

 

 

 

今年逃げ馬候補として注目したいのは、スズカアーチスト〇〇〇

スズカアーチストは今年は4戦中3戦でハナを切っていて

メンバーの中では1番逃げている馬だね!

ただ、前走の500万下では2番手追走から勝利していて、すんなり勝てたよね!

気性面での関係で逃げることが多い馬なんだろうけど、

前走では序盤で藤田騎手がしっかり手綱を引っ張って抑えて番手に留めていたね!

今回も想定では引き続き藤田騎手が騎乗の予定だけど、

どうなるか注目だよね!

前走は軽量が上手く活かされた感じだったけど、

今回はプラス5kgだからしんどそうだね・・・!

距離延長もあって今回は逃げ無さそうかも・・・?

もう1頭の〇〇〇は・・・

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

今年は5戦中2戦逃げており、いずれも2着!

勝った相手もその後オープンでも上位に食い込んでいて、

弱い相手に負けたわけではないのである!

2走前の500万下を勝った時は3番手から追走する競馬だったけど、

向正面で先頭に立ち、そのまま後続を抑えて勝ったよね!

多分、自分のペースで走れれば力を発揮するタイプなのかもね!

前走のインディアTでは和田竜二騎手が騎乗し3番手から進めたけど、

最後はしんどくなって5着・・・!

今回、この馬のペースで競馬をさせたいなら逃げる感じはあると思うよ!

 

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.