競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【七夕賞2018】さて、今週のペカっと光る激アツ馬は!?

投稿日:

Pocket

七夕賞2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

さてさて、今日のCBC賞はどうだったかな?

結果は中団でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の4番人気アレスバローズ(牡6、栗東・角田晃一厩舎)が、

直線で外から一気に突き抜け、馬群の間から伸びてきた

9番人気ナガラフラワー(牝6、栗東・高橋亮厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝!

勝ちタイムは1分7秒0(良)

勝ったアレスバローズは、父ディープインパクト、母タイセイエトワール、

その父トニービンという血統で

デビューから通算26戦目で待望の重賞初制覇を果たした!!!

おめでとう!ダイメイフジは11着・・・悔しいね・・・!

 

 

最近はね~なんだかどたばたしてあんまり良い成績出してないんだ~

本当はゆっくりジャグラー打ちたいんだけどね~。

あわよくばGOD引きたいよね。

さて、昨日で上半期が終わったね!

みんなの収支はどんな感じかな?

僕はなんとなく言うとプラス収支で折り返せるかな?

GOD1万円勝負では負けてるけど

1時間ジャグラーでコツコツ勝ったり

なんといってもハーデスで万枚出たのが大きいかな!

 

見てよこれ、何度でも自慢するよこの超ペルセポネゾーン!

 

 

こんなに積まれたら好きになっちゃうよね(笑)

 

これのおかげで大分助かってるかな!

 

だってこれだもん!

はい、どーん!

 

これだからギャンブルはやめられないね!(笑)

 

この調子で下半期も頑張るよ!

みんなも頑張ろうね!

 

 

先週のペカッ!馬の成績と結果報告

 

先週の「ペカッ!馬」はCBC賞とラジオNIKKEI賞から推奨!

 

CBC賞 ◎ ダイメイフジ 11着!

ラジオNIKKEI賞 ◎ メイショウテッコン 1着!

 

 

はいキタコレ

 

CBC賞は惜しくも大敗したけどはラジオNIKKEI賞はピンズド!

これ見てよ!この記事!↓

【ラジオNIKKEI賞2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!

ね!ちゃんと当てたよ!やったね!

ジャグラーの事ばっか言ってるけどこの時期の競馬は得意なんだって言ったじゃん!(笑)

兎にも角にも嬉しいのですやったね!

レース内容的には・・・

メイショウテッコン(牡3、栗東・高橋義忠厩舎)が、

直線で前を交わして抜け出し、

後方から猛然と追い上げてきた1番人気フィエールマン(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)に

1/2馬身差をつけ優勝!

勝ちタイムは1分46秒1(良)

さらに3/4馬身差の3着に9番人気キボウノダイチ(牡3、栗東・松元茂樹厩舎)が入った!

なお、3番人気イェッツト(牡3、美浦・金成貴史厩舎)は11着に終わった!

 

 

▼「ペカッ!馬」通算成績

1着 1 2着 0 3着 1

着外 2

 

これからもガンガン更新していくからね!楽しみにしておいてよね。絶対だよ!

※「ペカッ!馬」は単複勝負でござんす。

※単勝1万円 複勝2万円で購入。

 

この調子で夏競馬はガンガン当てて行くよ~よろしくお願いします!

 

それでは早速今週のレースの予想だよ!

今回は七夕賞!レッツゴー!ドンキ!(言いたくなるよね)

 

七夕賞予想分析

1965年に創設されて以来、今年で54回目を迎える伝統の重賞

【七夕賞】

2006年からは、夏季競馬の王者を決めるサマー2000シリーズの第1戦に指定されているため、

それまで以上に、古馬中距離路線の実力派が顔を揃えるようになったよね。

では、近年はどういった決着をしているのだろうか?

近5年の連対馬&3連単の配当を調べてみたのが以下の表だが、とにかく荒れまくっていることがわかる!

 

直近5年の連対馬と3連単配当のデータ

開催年 1着 2着 3連単
17年 ゼーヴィント(1人気) マイネルフロスト(5人気) 2万1540円
16年 アルバートドック(3人気) ダコール(5人気) 9万6740円
15年 グランデッツァ(2人気) ステラウインド(8人気) 100万6440円
14年 メイショウナルト(5人気) ニューダイナスティ(10人気) 12万1740円
13年 マイネルラクリマ(1人気) トレイルブレイザー(7人気) 31万0070円
3連単平均配当⇒ 31万1306円

 

2015年に飛び出した超特大の100万馬券は別格にせよ、

直近5年の3連単平均配当が31万馬券なのだから、

予想する側にとっては極めてやっかい。くぅ~!

一方で、こういった難解なレースほど力を発揮するのが僕なのだ!えへん!

ガッツリ当てて行くからね~!!!

 

 

そもそも今年は荒れるのか?

さて、ここまで「荒れるレースは僕に任せて欲しい!」という旨を記してきたが、そもそも今年は荒れるのだろうか?

結論から言えば「荒れる可能性は十分」!

 

その理由は、上位人気候補に、牝馬が複数挙がるようなメンバー構成だからだ!

実は福島芝2000Mという舞台はなかなかタフ。

スタート直後の前半がやや下りになっている形状のため、前半からスピードが上がりやすい。

唯でさえ速くなるにもかかわらず、3角から4角にかけても下りで再び加速する。

ご注目頂きたいのは、上でも記した近5年の連対馬10頭で、

彼らはいずれも牡馬あるいはセン馬!!!

要するにタフな消耗戦になるのだ。

そうなると、やはり繊細な牝馬よりは牡馬が浮上しやすい。

それが、近5年の結果に繋がるのだ!!

レイホーロマンスやワンブレスアウェイあたりは牝馬ながら上位人気の可能性は高い!

一方で、簡単な戦いにはならないだろう。とすると人気を集める彼女たちが苦戦をすれば、配当は荒れる。

だから、大荒れの可能性は十分!

一方で彼女達が「これまでの常識を超えた力を発揮する可能性」も捨てきれない・・・!

ここで有力馬をチェックしてみよう!

 

 

七夕賞 2018 主な出走予定馬

サーブルオール

東京での好走から「広いコース向きなのか?」と思われるかもしれないが、

準オープンは狭い中山で勝ち上がっている点からも、

コースを問わないタイプと言えるだろう。

休み明け2戦目となることで、デキも良さそうだ!

最近の主な戦績はエプソムC(4着)!

古馬になってからは初めての重賞挑戦という形だった前走のエプソムCだが、

力の要る重馬場をものともせずに、4角8番手から末脚を伸ばして0.3秒差の4着でゴール!

能力、状態共にここでは上位であり、普通に回ってくることさえできれば、

上位争いに絡んでくる可能性は高そう。

唯一、ある程度重くなりそうなハンデを克服できれば!

 

 

レイホーロマンス

前走の重賞マーメイドステークスは1番人気を背負ったが、無念の6着に終わった!

だが、僕が見る限り、馬自体の能力というよりは、

向こう正面で流れが遅くなった時に、対応しきれず、後方で待機したままになってしまった

鞍上の手綱さばきが物足りなかった、という見方!

評価を定めるのは、今回の七夕賞の結果を待ってからでも遅くはないでしょ!

牡馬相手でも、ハンデ戦ならチャンスがありそうだ!

この馬のベストパフォーマンスや、上がり最速の脚で2着に激走した、4走前の愛知杯は要チェック!

本質的には広いコース向きなのかも!

 

 

ワンブレスアウェイ

レイホーロマンスが1番人気を裏切ったマーメイドステークスにおいて

対照的に人気薄(9番人気)をものともせずに、

2着に好走したのがワンブレスアウェイだ!

これは、決して偶然ではない!

オープンクラスに上がってきた昨年秋以来、なかなか目立った結果を残せずにいたが

どのレースでも、この馬なりに脚を伸ばしていたし決して内容は悪くなかった!

ようやく、内容に結果が追いついてきたということだろう!器用さもあり、福島も合う!

オープンに上がってからは、人気薄でのレースが続いていた!

前走の結果により人気が上がり、マークを集めるようだと、どうなるだろうか!

 

 

人気しそうな馬はこの辺りかな!

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.