競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【七夕賞2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!と7が二個も付く日!

投稿日:

Pocket

七夕賞2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

馬場想定は土曜を見る限り時計が少し掛かっているのは間違いないね!

明日はあまり雨が降らないっぽいかも?

なので良まで回復も考えるが一応稍重想定で、ややタフぐらいなイメージで入っていこうかな!

おそらくミラノが外枠を引いたのでこれが二の足が遅いなりに押して

主張してハナを取ってくるか番手。

これを見ながら大外のシルクドリーマー辺りも先行できればだが2000がカギだね!

なかなか難解なレースになりそうだね!

 

さてさて、今日は

7が付く日だね!

もちろん打って来たさ~!

今日は際限無く凱旋をぶん回して来たよ!!!

 

いつもは1万円で勝負してるけど

今日は自由に打って来たよ!

なんとなく「今日は凱旋打とうかな~」って

 

 

 

三日前から決めてました。

 

いや~打つ気マンマンだったんだよ~

そしたらさ、見てよこれこれ~

いきなりの

赤7

 

いや~神々しいね、なんだろうねこの美しさは。

謎当たりって奴だね、座って急に来たからねコレ。

 

そっからはSGGでちょいちょい上乗せして

久しぶりに聞けましたよ、これ。

 

 

これはドヤりたいよね。

流石に良いよね。

気持ちよかった~!いや本当に!

 

からの結果

 

ここで携帯の充電が終了・・・!

 

最終は8500枚程度出ました!!!

 

いいじゃん!いいじゃん!すげーじゃん!

(わかる人にはわかる)

 

7に付く日は打つに限るね!うん!間違い無いね!

 

みんなも7の付く日はガンガン打ちに行こう!!!

 

七夕賞予想

 

キーワードは、「高速化」「ディープインパクト産駒」だ!

開幕前に、福島競馬の芝は2009年秋の「エクイターフ」の導入を契機に劇的に変わったと見る!

芝は「高速化」し、荒れ馬場はもはや死語になった感も否めない!

加えて、開催時期の変更も七夕賞の「高速化」に拍車をかけた。

2013年から、夏の福島競馬は2週遅れて7月第1週に開幕するようになった。

それまで3週目に行われていたラジオNIKKEI賞は開幕週に、

最終週に行われていた七夕賞は2週目に繰り上がった。

この影響が明確に数字に表れてるんだ!

2013年のマイネルラクリマは1分58秒9で、史上初めて1分58秒台を記録。

以降、昨年まで5年連続で1分58秒台の決着となった。

高速決着になって逃げ切りは、2014年のメイショウナルトだけ。

差し馬有利なのは、高速馬場で自然とペースが速くなるためなのかな?

 

 

そして、速い馬場でディープインパクト産駒が台頭した。

2014年にニューダイナスティが2着。

2016年は、アルバートドックとダコールでワンツー。

2017年はゼーヴィントが勝ってディープインパクト産駒が連覇し、

2着マイネルフロストはディープインパクトの全兄のブラックタイド産駒。

高速決着に強いタイプの種牡馬を狙えばいい!!!

ただ、ペースが速いため極端に上がりが速くなることはない!これが特徴かもね!

ところが、困ったことが起きたんだ!

 

今年は登録馬のなかにディープインパクト産駒がいない。

 

さらに、週中から雨が続き、どうやら明日は馬場があまり良くなさそう。

ここまでの前振りは来年以降に役立てていただきたいところですな、うんうん。

こうなると、過去の傾向を再び使えばいいだろうか?

力のいる馬場が得意な種牡馬に注目!

さらにベタな表現だが、夏場の重賞は好調馬を狙うべきでしょ!

今回はハービンジャー産駒が3頭。

ディアドラ、ベルーフ、プロフェット、ドレッドノータスなど右回りの芝2000mのG3で結果を残している。

加えて6月、7月の夏場に強い。

今回はサーブルオール、マイネルサージュ、レイホーロマンスの3頭が参戦予定!

人気はサーブルオールだろうが、コース実績はマイネルサージュ。

春の福島民報杯は上がりのかかる馬場で後方一気を決めた。

馬場状態を含めて狙い目だろう。

ステイゴールドはもともと福島に向く種牡馬で2000mに強く、

6月、7月の時期にも良績がある。

マイネルミラノ、ワンブレスアウェイはともに福島実績があり、馬場が悪化すればさらに浮上する。

マンハッタンカフェ産駒のプラチナムバレットは上がりのかかる馬場が合うが、

1800mや2200mの中途半端な距離に強いことが2000mでどう出るか。

堅実味と操縦性の高さは福島向きだろう。

福島牝馬Sを制したメイショウサムソン産駒キンショーユキヒメはコース巧者だ。

ただ、近年牝馬は不振。これらを踏まえて天候、馬場状態も考慮して結論を出したい。

 

七夕賞最終予想

 

◎メドウラーク

ここはもう大穴狙いで良いでしょー!

条件自体は結構面白いと思うし!

この馬はまず道悪が得意で結構最後まで伸びてくる。

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.