競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【函館記念2018】今週の一押しペカッとレースはこれだ!とマイジャグラー3!

投稿日:

Pocket

函館記念2018の予想を書いていくよ!

函館記念は下位人気馬が台頭する傾向がある重賞だね!

昨年は単勝5番人気のルミナスウォリアーが優勝し、

2着に14番人気のタマモベストプレイ、

3着に7番人気のヤマカツライデンが入り、

3連単の払戻金が91万5320円という大波乱の決着となったよね!

一昨年も2着に13番人気のケイティープライドが入るなど、

2011年以降の1、2着馬は全て

「単勝5番人気以内の馬」と「単勝7番人気以下の馬」という組み合わせになっているんだ!

今年もその流れは続くのか!?

 

そういえばね、みんなはどんな基準で台を選んでるのかな?

僕はね

ボーナス合算

で選んでいるんだ!

つまり、ジャグラーなら機種を選ばずに合算の良い台に座る様にしてるんだ!

もちろん3000回転以上回ってる台を対象でね!

でもね、僕には相性の悪い台があるんだ~

それがね、コイツ

 

そう

マイジャグラーⅢ

みんなにも相性の良い悪いってなんとなーくあるんだと思うんだ!

僕はオカルトは信じないけど

なんかマイジャグラーで勝った記憶があまりないんだなぁ~

んでね、今日も打ち行くか~ってホールに行ったんだよ

んでジャグラーのシマをウロウロしてたら

なんとなく目に止まったのがこの台

ほーん、なんか気になるなぁ

おっ、ハマってるけど合算良くね?

って座ったんだ。

 

そしてとりあえず1000円投入。

 

もちろん1000円では当たらず

どんどん飲まれて行く・・・

ブドウは出るんだけど飲まれて行く・・・

早くペカれ。

って思ってたら・・・

 

ピエロなんてどうでもいいわ!!!

そして回る事600回転を過ぎた頃・・・

 

もう勘弁してよ・・・もう意地で打ってるよ・・・

そう嘆いていた僕にあの光が遂に・・・!

 

来ました。

 

 

でもな~どうなんだろうな~もしかしてひょっとしてこんだけハマって・・・

 

 

RBかよ。

 

そしてずっとさっきから打ってて思ってたんだけど

 

 

メダル入りづれぇわ。

 

結局RBの後、ジャグ連もせずに100G回して終了。

 

結果

-10000円

 

 

 

やっぱマイジャグラーⅢは嫌いですわ。

 

 

クソ・・・次こそは・・・

 

やっぱり相性悪いんだと思います、良くない・・・

明日は得意のファンキージャグラーで回収してやる・・・!

いつものホールで巻き返しますので勘弁しください・・・!

ペカらせまくってやるんだからね・・・!

んもー!ぷんぷん!

ガコガコガコガコッって言わせますからね!

明日も楽しみにしててくださいね!

絶対に負けられない戦いがそこにはある!

 

函館記念予想

 

伝統的に波乱含みのハンデ重賞である函館記念!

今年も絶妙なハンデキャップが設定されているものの、

トップハンデのサクラアンプルールが57.5キロでどうかなぁって感じするよね!

昨年の中山記念で後の国際G1馬ネオリアリズムの2着、

昨年の札幌記念では豪快な差し切り勝ちを決めていて

G3クラスでは一枚上の印象があるよね。

札幌記念を制した後は天皇賞秋、有馬記念に挑戦したものの惨敗・・・。

とはいえ、共に馬場や不利に泣いた印象で、単純な力負けっぽくもないんだよねぇ。

今年に入ってからも中山記念4着、日経賞3着と堅実に走ってて

間隔を開けて北海道シリーズに照準を絞ってきた感じでやっぱり有力なのかな?

 

コースについて

函館・芝2000メートル

4コーナー奥のポケット(引き込み線)からスタート!

スタート地点から1コーナーまでの距離は約450メートル。

決勝線を過ぎてから1コーナーにかけて下り(高低差約1.7メートル)、

さらに1コーナーから2コーナーにかけて緩やかに(高低差約0.6メートル)下っていく!

2コーナーの半ばからバックストレッチ、3コーナー、4コーナーと緩やかに上っていき、

4コーナーからゴール前(残り100メートル付近)まで緩やかに下って、

最後の100メートルは平坦となる!

最後の直線は262.1メートル(Bコース使用時)

レース前半の下りでペースが速くなることが多いため、

上がりがかかる展開になりやすく、最後は地力勝負となるんだ!

洋芝のタフな馬場を走り抜く馬力やパワーが重要となってくるね!

 

レースの歴史

函館競馬場で行われる重賞競走の中で最も歴史が古くて

1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ重賞として創設されたんだ!

創設当初は芝2400メートルで行われていたけど、

1968年に芝2000メートルに変更されて今に至っているんだよ!

また、負担重量は1994年に別定重量に変更されたけど、

1997年にハンデキャップに戻されて夏の函館競馬を彩る名物ハンデキャップ重賞として親しまれているんだ!

函館競馬場では、1995年から洋芝(ケンタッキーブルーグラスなど)を使った新しい芝コースの運用が開始されて

緑鮮やかなターフを舞台に行われてるんだ!

また、2006年から夏季競馬を

さらに盛り上げるため設けられた「サマー2000シリーズ」の第2戦として行われているよ!

 

注目の馬

ブレスジャーニー

柴田善臣騎手との再コンビ結成で巻き返しを狙っている!

2歳時の重賞連勝(サウジアラビアRC、東スポ杯2歳S)で退けた相手が

それぞれダンビュライトとスワーヴリチャードであることを考えれば、

この馬の持つスケール感は明らかだよね!

調子が戻らずその後は長期休養に入ったけど、

ぶっつけで使った菊花賞(12着)、続くチャレンジカップ(3着)はそれぞれ及第点レベルの内容だったかな!

今年に入って飛躍が期待されたが、金鯱賞、そして前走の巴賞ともに今ひとつ見せ場のない内容だったかな・・・。

調教の動きは良化しているだけに、メンタル面が課題なのかもね。

とはいえ、能力全開ならこのメンバーでは素質は一枚上手だろうし無視は出来ないよね!

 

トリコロールブルー

久々の重賞挑戦となった鳴尾記念(3着)でも大崩れなく

自分の競馬はできたトリコロールブルーも侮れない1頭だよね!

道中で脚を使うと甘くなるけど、脚を溜められれば終いはキレるタイプ。

一応、札幌で洋芝の条件戦の勝利があるが、本質的にはキレを活かすタイプで馬場状態がカギになりそうだね!

 

ナイトオブナイツ

あまり勝利が本番のここに直結しない前哨戦ではあるものの、

巴賞を制したナイトオブナイツも上積みはありそう見る!

前走は馬群で窮屈になりながらも終いはグッと抜け出す勝負根性を見せたよね!

相手なりに走るタイプで重賞でもそう差はないだろうし、滞在競馬も合っていそうな気配だね!

 

ただ、ワイが2018年函館記念!で最もペカッと来るのはこの馬だ!

 

 

▼ペカッと1位!

人気ブログランキングへ

クリックすると紹介ペースに馬名が書いてあるぞよ!

 

12日の最終追い切りは単走での追い切り!

5F70.7-39.3-12.3秒をマークした!

栗東でもやれば動くけど、終いの伸びはいつもよりよかった感じ!

競馬では、走り切っていない感があるので集中して走ってくれれば全然イケるでしょー!

デビュー13戦目で初の北海道での競馬、時計が速いよりは掛かってくれたほうが恐らくは

この馬にとっては良い。

キッカケをつかんでほしい一頭!

 

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.