競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【函館2歳ステークス2018】今週の一押しペカッとレースはこれだ!

投稿日:

Pocket

函館2歳ステークス2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

2歳戦最初の重賞レースが始まるね!

函館芝1200mで行われるG3戦!

2012年から開催時期が早まり7月に行われるようになったけど、

デビュー間もない若い馬たちによって争われる

JRA最初の2歳重賞という位置付けは変わらないよね!

予想は極めyて困難で難解なレース!

世代最初の重賞ウィナーがどの馬になるか楽しみだね!

こういうレースは意外と美味しい馬がいたりするからペカっと行きたいところだね!

 

 

さてさて、夏がだんだんと猛威を奮って来てるけどみんなは大丈夫かな?

僕はね

完全にやられてます。

豪雨だったり地震だったり猛暑だったり

なんだか最近地球がやばい事になってる気がするよ~・・・。

 

 

それでも僕はギャンブルするけどね!!!

 

 

なんて言ったって2週連続で予想が的中しているし

スロットも7が付く月だから毎日お祭り気分だし

良い感じだよ~!

ところでいつもジャグラー打ってて思うんだけど

みんなはジンクスとかいつもやってるルーティンとかあるかな?

僕はね、GOGO!!ランプをなでなでするよ!

あとは不思議とハマってる時ほどバケを引きやすい傾向って絶対あるよね!

なんだろうねアレ、不思議だな~。

あとは下皿からドル箱にメダルを移すと何故かハマる

これね~すごいわかるなぁ~・・・。

ジャグラーあるあるってたくさんあるよね!

ジャグラー打ちのみんなと色々話してみたいもんだね!

 

今週のイチオシ!ペカっと来るレース!

今週はね~

函館2歳ステークス

 

 

このレースが面白いよ!

昨年の優勝馬カシアスは

ここで勝った後京王杯2歳Sで2着に入り、

更にG1にも出走したよね!

また、2014年の勝ち馬アクティブミノルは、

後に高松宮記念で4着に激走するまでに成長したし!

このレースからステップアップしていく馬も多いんだ!

この時期の2歳重賞の好走馬は「早熟」だと思われがちだけど

中にはアクティブミノルのように、後々まで活躍できる好素材も潜んでいるので要チェック!

函館2歳ステークスは、

函館競馬場芝1200メートルを舞台に馬齢重量で争われる

3歳(現2歳)限定の重賞競走として1969年に創設されたんだって!

1994年に同競馬場芝コースの洋芝化に伴う馬場改修工事を行い、

翌1995年から洋芝を使った新しい芝コースの運用が開始され、

緑鮮やかな芝コースを舞台に若駒たちが熱戦を繰り広げているんだ!

また、1996年以前の夏の北海道シリーズでは

札幌競馬のあとに函館競馬が開催されていたけど、

1997年に函館と札幌の開催日程が入れ替えられたため、

2歳馬による最初の重賞競走となったんだってさ!

 

コースについて!

函館・芝1200メートル

スタート地点は2コーナー奥の引き込み線にあり、

バックストレッチを3コーナーまで真っすぐに向かっていくレイアウト!

バックストレッチから4コーナーの入り口にかけて緩やかに上り、

4コーナーの途中から直線(残り約100メートル付近)まで緩やかに下って、

ラスト100メートルは平坦となるんだ!

直線の距離は262.1メートル(Bコース使用時)

レース前半が厳しいため

後半で上がりのかかるタフなコース!

スプリント能力はもちろんだが、洋芝のタフな馬場を走り抜くパワーも要求されるね!

 

デビュー前の評価は気にしなくていい?

過去10年の出走馬について、

デビュー戦の単勝人気別に成績をまとめると

最も好走率が高いのは「5番人気」組で

「1番人気」・「2番人気」組がそれに次ぐ数値をマークしているんだ!

また、「6~9番人気」組が好走率で「3番人気」・「4番人気」組を上回っているよ!

デビュー戦での単勝人気は気にしなくてもよさそうだね!

前走の出走頭数にも注目

過去10年の出走馬について、前走の出走頭数別に成績を調べると

過去10年の優勝馬10頭中9頭は、

前走の出走頭数が「10頭以上」だったんだって!

好走率でも「10頭以上」組が「9頭以下」組の数値を大きく上回っているんだよ!

前走が少頭数のレースだった馬より、多頭数のレースだった馬を重視したいところだね!

人気薄の台頭にも警戒

過去10年の単勝人気別成績では、優勝馬10頭は全て「1~4番人気」の馬で、

「1番人気」が連対率と3着内率で70.0%、

「2番人気」も3着内率で70.0%と、

上位人気馬が上々の好走率を記録しているんだ!

その一方で、「6番人気以下」の馬が3着以内に7頭入っている点や、

2013年以降は「9番人気以下」の馬が毎年3着以内に入っているのも気になるね!

上位人気馬の優勝が多く、2・3着に下位人気馬が食い込むケースが多い点は覚えておいて損はないでしょー!

 

 

気になる馬をピックアップ!

 

ここからは2頭、気になる馬をピックアップしていくね!

 

ナンヨーイザヨイ

現在の3歳世代には、ラッキーライラックという大物を抱える松永幹夫厩舎だけど、

次の世代にも将来性豊かな馬達がいるのを忘れてはいけない!

父エイシンフラッシュ、母父スペシャルウィークという

「ダービー血統」でありながら、スピードも十分!!!

前走の新馬戦では、楽な手応えのまま2番手追走をしたかと思えば、直線で一気に伸びて差し切りを決めたよね!

しばらくは短い距離のレースを使うのかもしれないが、

上にも書いた通りのダービー血統。いずれは長いところでも見てみたいよね!

前走は、あっさり勝った一方、まだ馬体に余裕があるように見えたかな!

更に良くなって来るんじゃないかな~?

後は、揉まれた時にどうなるか。

それとこの馬はトモのボリュームが目立つね!

この血統でこの時期にこれだけのトモがある馬は珍しいんじゃないかな!

ツナギも短くて、短距離向きの体型に見えるな~!

 

 

スズカカナロア

スズカカナロアという名前から多分誰もが想像したと思うけど

そうです、ロードカナロア産駒です!

その父親を思わせるスピード、パワフルさを感じさせてくれたのが、前走の新馬戦だったね!

スタート直後から2番手を追走すると、楽な手応えのまま先頭に突入!

単勝1倍台の1番人気を集めたメジャーハリケーンの追撃をものともせずに、

上がり3ハロン最速タイムをマークして先頭でゴールしたよね!

中2週と、ややタイトなローテーションだから体調次第かな?

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.