競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【北九州記念2018予想】出走予定馬分析!GoGo!!イケイケな馬は!?

投稿日:

Pocket

北九州記念2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

小倉・芝1200メートルで行われるようになった2006年以降の北九州記念で優勝を果たした馬のうち、

既にJRAの重賞で優勝経験があったのは、2008年のスリープレスナイトと

2015年のベルカントだけ!

同じく2006年以降の北九州記念で優勝を果たした馬のうち、

単勝1番人気の支持を受けていたのは2008年のスリープレスナイトだけなんだ!

また、配当面でも2014年には3連単395万3810円、

2017年にも3連単107万8270円の高額配当が飛び出すなど、

波乱含みの一戦となっているから狙うは一攫千金だね!

 

 

最近、めっきり打ててなくて申し訳ないです・・・。

お盆明けにはまた活動出来るかと思うのでよろしくお願いします!

その時はガンガンやってペカらせまくるからね~!

 

しばし待たれよ・・・!

 

今日は北九州記念のお話しをしていくよ!

 

北九州記念について!

 

北九州記念は、1966年に4歳(現3歳)以上・ハンデキャップの重賞として創設されて

当初は小倉競馬場の芝2000メートルで行われていたけど、

1969年に芝1800メートルに変更されたんだ!

また、負担重量は1972年に別定重量、

1995年にハンデキャップ、2000年に別定重量とそれぞれ変更されたのち、

2006年から再びハンデキャップに戻され現在に至っているよ!

2006年から夏競馬をさらに盛り上げるために設けられた

「サマースプリントシリーズ」の開催に伴い、

北九州記念は距離が芝1200メートルに短縮され、

同シリーズの第3戦(2012年以降は第4戦)に指定されるとともに、

スプリンターズSへ向けた前哨戦のひとつに位置付けられたんだよ~!

 

コースについて!

小倉・芝1200メートル

2コーナーのポケットからのスタート!

スタート直後に緩やかな下り坂があり、

3コーナーまでの距離も約450メートルと長い!

さらに“スパイラルカーブ”によりスピードが落ちづらいため、

JRAの芝1200メートルの中では最も前半が速く流れる構造となっているよ!

3コーナーから4コーナーにかけても緩やかに下り、直線は平坦!

前半に無理せざるを得ないため、上がりはかかることが多いんだ!

馬場が重くなると、マイル寄りの適性が求められるが、

インコースが良好な馬場になることが多いため、軽快なダッシュ力が重要なポイントとなるね!

 

 

前走の着順や単勝人気がポイント

過去10年の出走馬の前走の着順別成績を調べると、

前走で「1着」だった馬が3着内率41.2%と優秀な成績を収めているんだ!

直近のレースを勝ち切っていた馬は高く評価すべきだろうね!

また、前走の単勝人気別成績を見ると、

前走で「1番人気」だった馬の3着内率が57.9%に達しているんだ!

直近のレースで人気の中心となっていた馬も信頼できるようだよ!

 

前走との間隔が詰まっている馬に注目

過去10年の出走馬の前走との間隔別成績を調べると、

「中2週以内」の間隔で出走した馬が3着内率30.4%と比較的優秀な成績を収めているんだ!

ちなみに、「中2週以内」組は2012年以降に限れば〔4・5・2・17〕(3着内率39.3%)と

さらに好走率が上がっており、昨年は5頭いた該当馬のうち3頭が3着以内を占めたんだ!

臨戦過程を比較する際は、前走との間隔が詰まっている馬を重視すべきかもしれないね!

 

近年は4、5歳の馬が優勢

過去5年の3着以内馬延べ15頭中12頭は、年齢が「4歳」か「5歳」だったんだ!

一方、「3歳」ならびに「8歳」の馬は3着以内に入った例がなく、

「6歳」ならびに「7歳」の馬も3着内率が10%未満にとどまっているよ!

2012年以前は「3歳」馬や「6歳以上」の馬の好走も少なくなかったけど、

近年の傾向を重視するならば、まずは「4歳」や「5歳」の馬に注目すべきだろう!!!

 

前走の“末脚”を重視したい!

過去5年の3着以内馬延べ15頭中14頭は、

前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が「6位以内」だったんだ!

一方、「7位以下」だった馬は3着内率2.7%と苦戦しているよ!

近年の傾向からは、前走での“末脚”も重要なポイントと言えそうだね!

 

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

前走のアイビスサマーダッシュや、

オープンの韋駄天ステークスや1600万下の駿風ステークスを制しているように、

直線競馬の適性はかなり高い馬だと思うよ!

今回は1200mが舞台となるけど全然イケると思うなぁ~!

秋のスプリンターズステークスへ向けたステップレースとして北九州記念に出走する馬も多いけど、

この馬の近走の好走ぶりは半端なくて

今がまさにノリに乗っている真っ最中って感じ!

前走がメイチの可能性は高いけど、こ

こで連勝すればサマーシリーズのチャンピオンも見えてくるだけに、

今回もかなり息巻いてくるんじゃないかな?

 

この馬はゲートもあまり上手くなく、エンジンのかかりも遅いところがあるので、

序盤の位置取りに期待して前へという予想よりは、

後ろで我慢する競馬をして来そうだよね!

昨年も前傾ラップで先行馬が独占しているから、

このあたりは他馬との力関係を見ながら枠順も踏まえてじっくり考えたいね!

直線競馬しか勝てないわけではなさそうとは言ったものの、やはりベストは直千!

前走に比べると条件は悪化すると考えてもいいけど

近走の好調ぶりから人気上位に推されそうだよね!

 

昨年の北九州記念は前傾ラップで先行馬が上位を独占し、

二桁人気馬が2頭も馬券に絡んで107万馬券が飛び出す波乱の結果となったよね!

さらに2014年は395万馬券が飛び出すなど、波乱傾向が強いレースなんだ!

でも人気してても買いたいところだよね!

今回も前走の勢いそのままに激走をしてくれるんじゃないかなって思ってるよ!

これはペカっと来るんじゃないなかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.