競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【天皇賞秋2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!

投稿日:

Pocket

天皇賞秋2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

天皇賞(秋)は例年Bコース開幕週で行われるので、

どのコースを通れば一番伸びるか把握することが第一のポイントに!

また、言わずもがな東京2000mはスタート直後にコーナーがあるので、ポジション取りが非常に重要!

もちろん、内目の枠を引いた馬が有利となる場合も多いけど、

意外と先行馬に関しては内枠だと外から被されるリスクもあるので、

折り合いを気にしながらジワっと行ける外枠の方がプラスになる場合も!

一方、内枠の差し馬は一旦後ろに下げて外に出す競馬になるので展開次第ではやや厳しいレースも!

ワンターンの2000m戦なので、

他の競馬場よりも全頭のポジショニングやペースを的確に読む必要が出てくるコースだね!

 

 

 

今年のレースで最も気になる点は逃げ馬が不在であること!

その一点に尽きる!

このメンバーだとスローペースは確実でしょ。

今の東京の高速馬場を加味しても1000m通過は62秒もしくは63秒台まで落ちても不思議ではない!

ただ、極端に遅い展開となったとしても、4角で一団となるのか。

それとも、毎日王冠のようにややバラけた形で直線を迎えるのか。

これは逃げた馬の騎手の乗り方、2番手の馬のプレッシャーの掛け具合、

当日の馬場、土日の天候によって変化してくる。

4角一団ならば、例年の外伸び馬場で差し馬にもチャンス!

毎日王冠のような、やや縦長の形になれば前残りに。

そのあたりは枠の並びや土日のレースを見ながら詰めていく必要があるね!

 

ただ、スローペースになることは間違いなさそう!

そういった展開ではどういった形になったとしても、

まずは極端に早い上がりを使えない馬を買ってはいけないということ!

その例としてわかりやすいのは、ミッキーロケット!

宝塚記念は1000m59秒4と戦前の予想より速い流れになり、この馬向きのレースとなった。

しかし、今回はとにかく前回とは真逆の瞬発力が問われる一戦になることが予想されるね。

確かに、過去に緩い流れとなった京都記念や大阪杯でも善戦してるけど、

スローの競馬だとG1ではワンパンチ足りないかも・・・。

このようなクセのある馬は、条件や展開に合わせて評価を逐一変えることが大切!

 

やはり、こういったレースでは自在性があること!

そして、東京コースにも対応できる瞬発力を兼ね備えていること!

この2つさえクリアできれば枠や馬場において多少の不利があっても勝ち負けできる!

 

そういった意味では、上位人気に支持されているスワーヴリチャードやレイデオロ、アルアインは

条件を満たしているといえるね!

上記の3頭が大きく崩れるということは、昨年のような不良馬場にならない限りは考えにくいと思うんだ!

 

過去10年の枠順傾向

次に過去10年の枠順別の成功を見ていこう!

1枠 ( 1- 3- 1-14/19 )
勝率 5.30% │ 単勝回収値
複勝率 26.30% │ 複勝回収値

2枠 ( 2- 1- 0-17/20 )
勝率 10.00% │ 単勝回収値
複勝率 15.00% │ 複勝回収値

3枠 ( 0- 0- 2-18/20 )
勝率 0.00% │ 単勝回収値
複勝率 10.00% │ 複勝回収値

4枠 ( 3- 3- 3-11/20 )
勝率 15.00% │ 単勝回収値
複勝率 45.00% │ 複勝回収値

5枠 ( 1- 1- 0-18/20 )
勝率 5.00% │ 単勝回収値
複勝率 10.00% │ 複勝回収値

6枠 ( 2- 0- 1-17/20 )
勝率 10.00% │ 単勝回収値
複勝率 15.00% │ 複勝回収値

7枠 ( 1- 2- 1-23/27 )
勝率 3.70% │ 単勝回収値
複勝率 14.80% │ 複勝回収値

8枠 ( 0- 0- 2-27/29 )
勝率 0.00% │ 単勝回収値
複勝率 6.90% │ 複勝回収値

原則としては内枠有利、外枠不利というのが東京芝2000mの基本的な考え方!

ただし、今年は13頭立てと例年より出走馬の数が少ない。

このため、例年とはやや違った傾向になる可能性も否定できない。

注意が必要なところだね!

 

注意したい鉄板データ

その中で“鉄板データ”を上げるとするなら内枠に入った人気馬の好走率の高さ!

・1、2番人気
・一桁馬番

この条件に合致する馬の成績は過去10年で(4−6−2−3)と複勝率は80%に達するんだ!

今回、1、2番人気に支持されそうなスワーヴリチャードやレイデオロは一桁馬番に入った。

つまり、上記のデータに合致する可能性が高いわけだ!

枠順次第では波乱も考えられた天皇賞秋だが、枠順確定の段階では波乱より“堅め”に寄ったと言って良さそうだね!

 

それと気になるデータをもうひとつ!

 

毎日王冠組優勢ではない?

近年の天皇賞秋の“王道ローテ”といえば毎日王冠からの参戦だ!

特に毎日王冠で上がり最速、上がり2位としっかりとした末脚を使った馬は天皇賞秋で好走する傾向にあったね!

・毎日王冠で上がり2位以内
・天皇賞秋で10番人気以内

この条件に当てはまる馬の成績を見てみると・・・

2017.10.29 グレーターロンドン 9着 6人気
2017.10.29 サトノアラジン 18着 5人気
2016.10.30 アンビシャス 4着 4人気
2016.10.30 ルージュバック 7着 3人気
2015.11.1 ステファノス 2着 10人気
2015.11.1 アンビシャス 5着 4人気
2014.11.2 スピルバーグ 1着 5人気
2013.10.27 ジャスタウェイ 1着 5人気
2013.10.27 コディーノ 5着 4人気
2012.10.28 ジャスタウェイ 6着 8人気
2011.10.30 ダークシャドウ 2着 2人気
2010.10.31 ペルーサ 2着 4人気
2009.11.1 カンパニー 1着 5人気

不良馬場開催で末脚の適正が求められなかった昨年を例外とすれば、ほとんどの年で好走馬が出ているね!

しかも過去10年で3勝と、全くあなどれないデータ!

もっとも、残念なことに今年は毎日王冠1、2着馬に加えて上がり上位を叩き出した馬たちが総じて回避してしまった・・・!

今回登録しているキセキ、ステファノス、アクションスターはそれぞれ上がり6、8、13位と強調できる成績を残せていない。

となると、今年は「毎日王冠組優勢」とは必ずしも言えないわけ!

 

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

過去の走りを見てもやや力が足りない部分もある。

ただ、アルアイン騎乗の北村友一騎手が極端に溜めて逃げる形で4角一団となれば、

力関係云々よりも切れ味のある馬が優勢!

2000mもとくに問題なさそうで、道中は最後方から運び直線大外に出せれば、

馬場の恩恵も受けてこの馬の長所を最大限に生かす競馬ができそう!

米子SやキャピタルSで見せた瞬発力から、舞台が整ったここならば躍進可能!

これはペカっと来るんじゃないかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.