競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【天皇賞秋2018予想】出走予定馬分析!GoGo!!イケイケな馬は!?

投稿日:

Pocket

天皇賞秋2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

今回注目すべきニュースといえば、ダービー馬ワグネリアンの出走回避!

これはかなり衝撃的だったね!予想にもだいぶ関わってくると思うよ!

有力馬が出走しないとなると、穴党の僕としては荒れるレースに期待したいところ!

ここらでペカっと来る馬をズバッと当ててしっかり稼ぎたいところだね!

いよいよ迎えた天皇賞秋!

あの盾を手に入れるのはどの馬なのか!

それでは早速本題に入ろう!

 

 

それでは早速出走予定馬を見てみよう!

 

アクションスター 牡8  和田勇厩舎
アルアイン 牡4 北村友騎手 池江厩舎
キセキ 牡4 川田騎手 中竹厩舎
サクラアンプルール 牡7 田辺騎手 金成厩舎
サングレーザー 牡4 モレイラ騎手 浅見厩舎
ステファノス 牡7 オドノヒ騎手 藤原英厩舎
スワーヴリチャード 牡4 Mデムー騎手 庄野厩舎
ダンビュライト 牡4 戸崎圭騎手 音無厩舎
ディアドラ 牝4  橋田厩舎
ブラックムーン 牡6 横山典騎手 西浦厩舎
マカヒキ 牡5 武豊騎手 友道厩舎
ミッキーロケット 牡5 和田騎手 音無厩舎
レイデオロ 牡4 ルメール騎手 藤沢和厩舎
ヴィブロス 牝5 福永騎手 友道厩舎

 

少数精鋭の印象があるフルゲート割れの登録状況だったけど、

さらにダービー馬ワグネリアンが回避となり少し寂しいメンバーになってしまったね!

目下のライバルがいなくなった今、昨年のダービー馬レイデオロに注目が集まる!

1週前追い切りを中止するというアクシデントに見舞われたレイデオロだけど、

検査の結果馬体に異常はなく藤沢調教師も出走にゴーサインでまずは一安心といったところ!

昨年のダービー後は神戸新聞杯で後の菊花賞馬キセキ以下を完封する勝利、

続くJCでもキタサンブラックを差し切り勝ったシュヴァルグランにも肉薄する末脚を披露した!

息の長い末脚は、やはり府中が合う!

その昨秋の内容を鑑みると、今シーズンは今一つな競馬が続いていた。

京都記念では急遽の乗り替わりとなったバルジュー騎手と手が合わず折り合いを欠いての3着。

ドバイSCも折り合いこそついたものの、いつもの爆発力は馬群で鳴りを潜めての4着。

しかし、夏を挟んで立て直したオールカマーでは一変を見せた!

ベストとは言えない仕上がり、中山コース、完全に前残りの流れを上がり最速で差し切っての勝利!

着差こそわずかだったが、2着のアルアイン、3着のダンビュライトとは勝負付けが済んだ感がある!

未知の相手であった今年のダービー馬ワグネリアンがいなくなった今、府中で能力全開ならこの馬が中心だろう!

 

オールカマーではそのレイデオロに完敗の内容ではあったけど、

安定して地力を示し続けている昨年の皐月賞馬アルアインが続く!

今シーズンは一貫して2000m前後の距離を使われ、

海外遠征を除いた3戦で全て馬券に絡んでいる!

前走のオールカマーはレイデオロを意識して前目から早めにスパートしたものの、

最後は少し脚色が鈍った・・・!

昨年の皐月賞の内容からもわかるように、ベストは高速馬場の2000mなのは間違いない!

前走で脚質に幅が出た点、距離短縮になる点は歓迎で、

レイデオロを逆転するまではどうかだが有力なのは間違いない!

 

今年の大阪杯で悲願の初G1制覇を果たしたスワーヴリチャードも人気を集めそう!

その後はまさかのマイル転戦で安田記念へ!

超高速馬場のレースとなり、前半のペースも大阪杯と比べかなりのペースアップとなったが、

スンナリ対応して能力とセンスの高さは見せた!

最後伸びあぐねて3着になったのは、やはり忙しくて末脚が溜まらなかったという面はある!

今回は府中の2000mというベストの舞台にはなるけど、前走であの高速馬場、

かなりの速い時計を経験したのが吉と出るか凶と出るかは微妙なところで・・・!

休み明けでいきなり動けるタイプではあるが、逃げ馬不在の今回、

スローペースになったときに折り合い面での不安が残りそうではある!

 

宝塚記念は内にこだわりしぶとい末脚を見せ、

香港馬ワーザーの猛追を退けて勝利したミッキーロケットもここからの始動。

前走の宝塚記念は全てが上手く言った印象は否めないけど、

やはり先行してしぶとい末脚を活かす競馬がベストなのは間違いない!

今回は逃げ馬不在でスローペースになりそうで、

キレ味勝負になると若干分が悪そうだが、ある程度自在に動けるのは魅力だ!

 

前走の札幌記念で2000mにも対応できることを示したサングレーザーも侮れない!

前走は進路がなく詰まりに詰まってはいたものの、

それでかえって脚が溜まり距離をこなせた印象はある!

ベストはマイルだろうが、ここも折り合いさえ着けば最後のキレは見劣らない!

極端なハイペースにはならなさそうなメンバー構成も魅力ではある!

 

他にも、一昨年のダービー馬マカヒキは武豊騎手との初コンビで参戦、

前走の毎日王冠で復調気配見せた昨年の菊花賞馬キセキ、

地力はここでも見劣らないドバイターフ馬ヴィブロス、

レースぶりに幅が出てきた安定株ダンビュライトなどが一発を狙っている!

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

今春の大阪杯で念願のG1初制覇を果たしたこの馬!

続く安田記念では3着に敗れたものの、

キャリア初のマイル戦だったということを考えれば評価を下げる必要はないでしょ!

休み明けでの天皇賞参戦となるが、調整は順調!

2つ目のG1タイトル獲得なるか!

これはペカっと来るんじゃないかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.