競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【宝塚記念2018】他最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!とみんなのジャグラー!

投稿日:

Pocket

 

今日は宝塚記念2018の予想などの話をするよ!

 

なんだかこのままの勢いで行けば例え相手がセネガルでも

引き分けくらいはいけそうな気がするよね!

そうだよ!ワールドカップの話だよ!

今回は波乱含みな大会になっているね!

もしかしたら日本も・・・なんて期待しちゃうよね!

上手い事行ってベスト16に進出出来たらなぁ~なんて思うんだ!

なかなか高い壁だけど決して越えられない壁ではないと思うよ!

だって日韓では行けたんだから!

信じる事が大事!そう!信じよう!

1勝1敗1分けでなんとか勝ち点5の得失点差でGL突破と予想するよ!

でもでももっと大事な宝塚記念も忘れずにね!

 

 

さてさて、ジャグラー好きなみんなはもちろんこの台は知ってるよね?

 

そう!

 

みんなのジャグラーだね!

 

 

 

みんなのジャグラーは2013年7月にリリースされたジャグラーシリーズで台!

 

みんなのジャグラープロジェクトでは、

「みんなの想いを詰め込んだ夢のジャグラー」

をコンセプトに全国のジャグラーのファンより寄せられた

 

「GOGOランプの告知を豊富にしたい」

「女性の声で告知したら面白いかも」

「GOGOランプはレインボーになってほしい」

「リプレイはネズミキャラもかわいいな」

「ピエロとボーナスの同時当選もいいな~」

「フリーズが色々なタイミングで起こると楽しい」

「リールが逆回転するといいよね」

「リールフラッシュてどうかな?」

 

 

などの意見を元に作られた、まさにファンが求める究極の仕様となっている!

また、みんなのジャグラープロジェクトでは、

各地域ごとに地域色豊かなオリジナルジャグラーが誕生しました!!

まさにファンが作ったジャグラーなのだ!

 

 

BIG出現率 REG出現率 ボーナス合算確率
設定1 1/264 設定1 1/455 設定1 1/167
設定2 1/264 設定2 1/409 設定2 1/160
設定3 1/260 設定3 1/390 設定3 1/156
設定4 1/256 設定4 1/343 設定4 1/146
設定5 1/248 設定5 1/283 設定5 1/132
設定6 1/231 設定6 1/244 設定6 1/118

 

 

打ってみるとわかるけど

みんなのジャグラーでは、レギュラー確率に大きな設定差がついています!

 

特に単独レギュラー確率に大きな設定差がありますので成立契機はしっかりと判別しておきましょう!

3000Gで単独レギュラー確率が1/300を上回っているような台は高設定に期待ができると思います!

ただし、少ないゲーム数での過度な期待は禁物です!

 

 

ブドウ確率

 

ぶどう確率には大きな設定差が設けられていますので、必ずカウントしましょう!

設定4と設定5が同じ確率なのは残念ですが、

その反面、設定6を見抜くにはぶどう確率がより参考なります!

 

【ぶどう確率】

設定1:1/6.40

設定2:1/6.38

設定3:1/6.35

設定4:1/6.19

設定5:1/6.19

設定6:1/6.07

 

 

みんなのジャグラー「立ち回り/まとめ」

 

みんなのジャグラーを看破するには、

やはり「単独レギュラー確率」「ぶどう確率」が柱となってくると思います!

 

ボーナス合算確率も参考にはなると思いますが、設定1~設定5の看破は合算確率だけでは難しい印象・・・!

やはり、ボーナスの当たり方とカチカチくん等でのぶどうカウントが大事になってくると思います!

設定6はボーナス確率やぶどう確率がズバ抜けて高く、

単独要素だけでも十分に看破できる数値だと思います!

 

1つ残念なのは、みんなのジャグラーは全国的にみても、設置台数が少ないので

設定6の設定投入率が低い傾向にあります。

 

その為、設置台数が少ないお店では高設定はあまり期待出来ないと思われます・・・!

 

みんなのジャグラーを打つなら、みんなのジャグラーの設置台数が多く、

ジャグラーに力を入れているホールを探しましょう!

ほかのジャグラー以上に慎重なお店選びが求められます。

 

設定5以下は、ガクッと機械割が落ちるので、私は、設定6の1本狙いをお勧めします!!!

設定5をピンポイントで狙うのはあまりオススメできません。

 

中間設定との見極めが非常に難しいのが理由です。

それをやるならほかの機種を狙う方が立ち回りやすいと思います!

見つけたらラッキー!ぐらいに思ってるといいかもしれませんね!

 

 

それでは余談が長くなったかいの!

宝塚記念その他の最終見解をいくぜー!!!

 

 

宝塚記念

 

◎キセキ

 

今回も日経賞同様大外枠になり折り合いが心配されるけど

プラス材料は平日から降った雨による馬場の悪化。

馬場の悪化は気性難の馬でも折り合うケースが多いのだ!

またデムーロ騎手はネオユニヴァースのダービーに始まり

昨年のサトノクラウン、キセキでのG1制覇と悪化した馬場で馬を好走させることに長けている騎手!

父親ルーラーシップも元々不良馬場での実績がありキセキはその血を受け継ぎ不良の菊花賞を勝利!

 

血統や馬体を見ると決して長距離向きではありませんでしたが、

雨馬場とデムーロ騎手というプラス材料が組合わさり菊花賞を勝ったのだと思います!

そして今回、再び馬場の悪化にデムーロ騎手とプラス材料が加わりました!

キセキがG1を勝てる1番の舞台は宝塚記念ではないかと思い本命に!!!

 

 

〇サトノダイヤモンド

中日新聞杯は超スローペース、大阪杯は距離不足と言い訳が効くとはいえ、

ここ2戦の内容は明らかに全盛期の頃からみれば劣る内容。

ディープインパクト産駒は3歳クラシック時期に能力のピークを迎える馬が多く、

古馬になって更に成長を遂げるケースは極めて少ない。

 

この馬も4歳春頃までは能力のピークを保てたが

その後は明らかにパフォーマンスを落としている感じが否めない。

 

だが!!!!

大阪杯から1ハロンの距離が伸びるのは良いですし、鞍上が戸崎からルメールに変わるのもプラス!

ルメールのコメントを見ても前々で積極的に乗ってきそうな感じ!

これはペカっと来そうな感じがするね!

 

 

▲ヴィブロス

確かに前走のドバイターフ2着と言う実績はさすが!

もう世界の中距離路線において日本馬がナンバーワン級なのは言うまでもないところ!

馬場の重い欧州の馬場ならまだしも、時計が速かったドバイでG1を2着と言う実績が

ここでどれだけ威張れるかと言うことでしょう!

 

実際にドバイターフは2、3、4着が日本馬の大接戦でしたし、

3着馬のディアドラは秋華賞以降が泣かず飛ばずの成績だった馬。

 

リアルスティールも帰国初戦の安田記念を惨敗していますし、

どうもドバイターフで2着に好走したと言うだけで評価は危険かも・・・?

 

実際に前哨戦とはいえ非根幹距離の中山記念でヴィブロスも惨敗していますしね・・・。

全姉のヴィルシーナが宝塚記念で好走実績ありますが、

あれは逃げて展開利に恵まれた部分も大きかった印象。

 

福永騎手ならまずディープインパクト産駒の王道競馬をしてくるはずですし、

昨年このレースでシュヴァルグランで逃げて馬主から干された経緯があるわけですから

溜めて末脚を伸ばす競馬をしてくるでしょう。

特殊条件でその戦法でどこまでやれるか、と言う感じ!

 

 

△ダンビュライト

ここ2走が物足りない面が全くないわけではないのと、

前走の香港遠征は馬体減が響いているのもあるので

立て直しながらの調整で間に合ったかどうか。

 

ただやはり基本的には厳しい流れの中で良さが出ると思っているし、

AJCCでは61.3-60.0とややスロー程度も12.0 – 12.2 – 11.8 – 11.8 – 12.1 – 12.1と

ロンスパの流れで番手からしぶとく伸びてミッキースワローを完封している。

 

ポテンシャル戦でもある程度やれるが

皐月賞みたいに59.0-58.8と平均ペースの中でL3最速タイで早仕掛け、

ファンディーナの外からの動きでラストまで食らいつけたが

基礎スピードが問われた中でも末脚を削がれないタイプだと思う。

 

これは菊花賞でもあれだけタフな馬場で消耗しながらもコーナーで動き出す地点での良さがあった、

という点でも証明しているかな。

 

この馬は本命・対抗馬にやや不安がある基礎スピード面を武器にできると思っている!

あとは今の不調の豊が何とかリズムよく乗ってくれれば。

 

 

☆ミッキーロケット

京都記念の内容が物足りないが追い切りの良さを取ってひっかけておきたい。

長く脚を使えるほどではないので出来れば先行してほしい!

今でも継続中というゲート練習の効果もあって、スタートがすっかり安定。

偶数のいい枠。ここならいい位置を狙っていける!

 

・ワーザー

ハイペースの消耗戦でも多少なら対応してくると思うが、

サドラーズウェルズ系になるのでできれば平均までで収まってほしい!

ここは思い切りこの馬を狙いたい。

 

 

 

東京11R パラダイスS

 

◎ミッキージョイ

うまく折り合いがついて、流れにも乗っていけてる!

直線でも脚は使ってくれているが、上位の馬とは瞬発力の差が出た感じ!

1400メートルの方がレースはしやすそう。展開次第で上位争いを演じられるか!

 

 

 

函館11R UHB杯

 

◎ロイヤルメジャー

 

降級を挟んで勝って同クラスだった前走は10着。

終始抜群の手応えも、直線での進路取りが悪く、なにも出来ないまま終わってしまった。

鞍上柴山のミスである。まともなら勝っていた内容・・・!

山内師もそれを分かったうえでの連闘だろう。

定量からハンデに変わるが、舞台は同じ。もちろん巻き返しが期待できる!

鞍上は引き続き柴山。

騎手としてのプライドが試される場面だ!

今度はしっかり進路を確保して、1着でゴールを駆け抜けてほしい。

 

ってことで今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.