競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【小倉記念2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!

投稿日:

Pocket

小倉記念2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

小倉記念が行われる小倉芝2000mは4コーナー奥にあるポケット地点に

スタートゲートが設置される条件で、

最初のコーナー(1コーナー)に到達するまでの距離が約470mと

長めに設定されている事もあり、

レース序盤から平均的なラップを刻むケースが多く、

先行脚質の馬が少ない状況でも中団待機からの差しが決まりやすい、

という特徴があるよ!

そこんところよく考えてみよう!

 

 

さて、みんなは最近打ちに行ってるかな?

1時間ジャグラーとか企画もやりたいと思ってるので

もうちょっと待って欲しいな!

色々考えてる段階だからもう少し時間をください(笑)

そのうち、面白そうな企画やるので

こうご期待!楽しみに待ってててね!

それまでは少し辛抱です!

じりじりしますがそこんところよろしくお願いします!

今はじっくり作戦を練っていますので

これからも予想家ジャグラーの動向に注目でっせ!

パワーアップして帰って来るから待っててね!

それまではもくもくと競馬の予想を続けるよ!

ガッツリ夏競馬を当ててみんなと盛り上がれたらなぁ~って思ってるよ!

これからもガンガン予想して行くから頑張るよ!

よろしくお願いします~!

 

 

小倉記念展望!

 

小倉芝コースは直線が短い小回りコースとなっているから

中団より後ろのポジションでじっと構えているタイプではなく、

過去の小回りコースで好結果を残した実績を持つ差し馬を狙うようにするといいかもね!

また、過去5年の単勝人気別成績を見てみると、

1番人気が【0-0-1-4】という厳しい結果に終わっているのにも注目だね!

波乱決着になりやすいハンデ重賞らしく、

1番人気苦戦という気になる傾向も存在しているから、

下位人気が予想される伏兵陣の実力チェックも怠らないようにしよう!

 

 

小倉記念ここに注目!

 

過去5年の年齢別成績データ!

まず、過去5年の年齢別成績から混戦ムード漂う

ハンデ重賞・小倉記念の馬券ゲットにつながっていきそうなデータを探っていこう!

過去5年ベースで勝率10%超の数字をマークしているのは

2勝・2着1回の4歳(キョウヘイ・サトノクロニクル・トリオンフ)と

2勝・2着2回の5歳

(エーティーサンダー・キンショーユキヒメ・ストロングタイタン・マウントゴールド・レイホーロマンス)の2世代!

 

レコード決着になった鳴尾記念でワンツーフィニッシュを決めた

ストロングタイタンとトリオンフのほか、

昨年末のチャレンジカップを制しているサトノクロニクル、

確かな末脚を持つ牝馬2頭(キンショーユキヒメ・レイホーロマンス)、

3歳時にシンザン記念を勝っているキョウヘイといったあたりが

年齢別成績の好走データに該当しているから、

これらの馬の活躍に期待したいところだね!

 

 

一方、7歳以上(メドウラーク)は延べ21頭出走して

【1-0-1-19】という低調な結果に終わっているのと

サンマルティン・ストーンウェア・マイネルサージュも延べ19頭出走して

【0-0-2-17】という厳しい成績に終わっているんだ!

サマー2000シリーズ・七夕賞の1着馬&2着馬(メドウラーク・マイネルサージュ)や

前年2着のリベンジに燃えているサンマルティンが

上記の不利データに該当している点がレース結果にどんな影響を及ぼすのか考えてみよう!

 

 

過去5年のハンデ別成績データ!

 

勝負の行方を左右する可能性が高い過去5年のハンデ別成績を見ていくと、

過去5年ベースで高い連対率をマークしていたのは、

延べ10頭出走して連対馬を3頭輩出(連対率30%)している

54kg(キンショーユキヒメ・ストーンウェア・マウントゴールド)と

延べ11頭出走して連対馬を3頭輩出(連対率27.3%)している

56kg(サンマルティン・マイネルサージュ・メドウラーク)だったんだ!

キンショーユキヒメとマウントゴールドは年齢別成績に引き続いての好走データ該当になるほか、

年齢別成績で不利データに該当していたサンマルティン・マイネルサージュ・メドウラークの3頭も

ハンデ別成績の好走データに該当しているから

年齢別成績の不利データを跳ね返す走りを見せても不思議ではないよね!

 

他では、57kg(サトノクロニクル・ストロングタイタン・トリオンフ)が

延べ9頭出走して1着馬を1頭輩出(連対率11.1%)しているものの、

55kg(キョウヘイ)は延べ12頭出走して【0-0-1-11】という厳しい結果に終わっている事も判明!

 

年齢別成績の好走データに該当していたキョウヘイだけど、

ハンデ別成績では不利データに該当しているから、

小倉記念と好相性を誇る4歳馬でも苦戦するかもしれないよね!

 

 

 

過去5年の騎手別成績データ

最後に、過去5年の騎手別成績を見てみると、

2013年優勝のメイショウナルト(武豊騎手)から

2017年優勝のタツゴウゲキ(秋山真一郎騎手)まで、

過去5年の勝ち馬はいずれも前走とは違うジョッキーが騎乗していた事が判明したんだ!

重賞レースに限らず、どんなレースでも前走とは違うジョッキーが騎乗している馬をどう扱うべきなのか、

というところを的確に判断するのは非常に難しい事けれど、

過去5年の小倉記念では前走からジョッキーが乗り替わっていると、

5勝・2着3回という好結果を残している一方、

前走と同じジョッキーが乗っている場合は【0-2-3-16】という低調な結果に終わっているから、

「小倉記念=乗り替わり優勢」という傾向が強まっている事を

しっかり覚えていて欲しいんだ!

 

 

 

今年の登録馬の中で前走からジョッキーが乗り替わる予定の馬は

サトノクロニクル・ストロングタイタン・トリオンフ・マイネルサージュ・レイホーロマンス、

前走と同じジョッキーが騎乗する予定の馬は

キョウヘイ・キンショーユキヒメ・サンマルティン・ストーンウェア・マウントゴールド・メドウラークとなっているよ!

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

1週前追い切りはウッド単走で6ハロン79・5―36・9―11・8秒!

朝一番に馬場入りして好時計をマークした!

硬さも見られず好調キープ!

この感じならイケると思うんだ!

調教師曰く

「前走(七夕賞=7着)は前に有利な馬場と判断して行こうとしたが、

ペースが速くて行けなかった。

馬は中間も変わりなく順調。

自分のペースで競馬ができれば面白いと思う」

 

このレース、如何にして自分走りが出来るかだと思うんだ!

 

これはペカっと来るんじゃないなかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.