競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【小倉2歳ステークス2018】最終予想!この馬が最もGoGoチャンス!

投稿日:

Pocket

小倉2歳ステークス2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

1981年の創設以降、過去37回の小倉2歳Sにおいて、

単勝10番人気以下の馬による優勝は3回だけ!

2003年以降は、2014年を除いて単勝5番人気以内の馬が優勝している!

2001年のタムロチェリーと2014年のオーミアリスが共に直線一気の差し切りだったことからも、

馬場状態や展開の推理が重要になるのかも!

情報が少ない中で如何にペカっと来る馬を見つけるか!ここら辺がカギになりそうだね!

 

 

一昨年の勝ち馬レーヌミノルが桜花賞を勝利したものの、

距離・コースともにクラシック直結とは言い難い舞台で行われる小倉2歳ステークス!

同じ週に札幌2歳ステークスが組まれていることから、

スプリント色の強い馬が集まる傾向のあるレースとなっってるね!

また、過去10年の傾向を見ると前走1番人気の馬が強いことがわかるよね!

2014年には15番人気のオーミアリスが勝利し、大荒れとなった年こそあるものの、

連対馬には必ず前走1番人気馬が絡んできてるよ!

 

今年の登録馬16頭中では、前走同条件のOPフェニックス賞を勝利したシングルアップ、

重馬場を逃げ切って未勝利脱出を果たしたセブタリアン、

今年の新種牡馬として幸先良いスタートを切ったジャスタウェイの産駒初の重賞制覇が期待されるタムロドリーム、

キングカメハメハの後継種牡馬として早くも地位を確立しつつあるロードカナロア産駒のミヤジシルフィード、

そしてレーヌミノルと同じ冠・同じ厩舎からルチアーナミノルと、合計5頭が該当!

2歳重賞ということで、前走1番人気での出走馬自体の分母も多いけど、

率で見てもやはり期待馬には逆らえない数字となってるね!

 

かつては将来性に欠ける早熟スプリンターのためのレースというイメージもあったけど、

最近は必ずしもそうではないのだ!

連対馬からホウライアキコ、ベルカント、シュウジ、レーヌミノルと、

3歳以降も活躍を続ける馬を輩出していて、

スプリンターとして資質の確かさが要求されるようになったんだよ!

 

昨年2番人気4着のヴァイザーは432kg、一昨年2番人気6着のクインズサリナは434kg、

2014年1番人気2着のレオパルディナは412kg、2012年1番人気4着のエーシンセノーテは418kgと、

小柄な馬はこのレースでは苦戦している事から馬格も問われるレースの様だね!

 

 

それから、逃げ・先行で勝って来た馬が多数を占めるメンバー構成になるけど、

脚質にかかわらず最近10年間の勝ち馬には

「前走の上がり3Fのタイムがメンバー中1位か2位だった」という共通点があるんだ!

昨年2番人気4着のヴァイザーは前走で上がり3Fがメンバー中3位、

一昨年2番人気6着のクインズサリナはフェニックス賞を完勝しながら上がり3Fが4位だったんだ!

 

それから昨年の勝ち馬アサクサゲンキは3戦目での勝ち上がりだったけど、

未勝利戦を4馬身差で圧勝していたね!

2着に0.3秒以上の着差をつけて圧勝した経験がなかった馬の勝利は、

過去10年では2014年のオーミアリスただ一頭だけ!

2016年は該当する馬が1-3着を占めながら、3連複は万馬券になっているんだ!

 

ここからはデータで見ていくよ!

 

 

実績

勝ち馬全10頭が、芝レースでメンバー2位以内の上がり3Fをマークした経験があったんだ!

また、勝ち馬10頭中9頭が前走でも1着!

そのうち7頭が小倉芝1200mのレースで勝っていたんだよ!

 

前走

前走の4コーナー通過順は勝ち馬全10頭が3番手以内で、うち6頭が逃げ切りだったんだ!

前走で先行していた馬が中心になりそうだね!

また、勝ち馬10頭中7頭が前走で1番人気だったよ!

特に、前走が未勝利戦だった3頭はいずれもそこで1番人気に支持されていたことは押さえておきたいところだね!

 

性別

 

牡・騸馬【4・7・7・69】(勝率 4.6%、連対率12.6%)
牝馬  【6・3・3・57】(勝率 8.7%、連対率13.0%)

出走頭数が少ないながら、勝利数で上回る牝馬が優勢な模様!

 

所属

 

美浦【0・1・1・ 8】(勝率 0.0%、連対率10.0%)

栗東【10・9・9・118】(勝率 6.8%、連対率13.0%)

 

 

人気

1番人気【3・3・1・3】
2番人気【4・1・1・4】
3番人気【2・0・1・7】

上位人気馬は安定しているのがわかるね!

 

まとめ

 

今年は牡馬が中心となりそうだね!

中でもプラス材料が多いのはシングルアップ!

前走のフェニックス賞は、メンバー2位の上がり3F35.1秒をマークして逃げ切り、1番人気に応えた形!

デビュー3連勝に期待がかかるね!

 

これに続くのは、ミヤジシルフィード!

1番人気に支持された小倉芝1200mの新馬戦を上がり3F2位で勝ち上がった!

 

同じく小倉芝1200mでデビュー勝ちを飾ったブルベアオーロは、

前走が2番人気で上がり3F最速をマーク!こちらもチャンスは十分!

 

牝馬では、小倉芝1200mの新馬戦を1番人気で逃げ切ってタムロドリームが優勝に最も近い存在!

 

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

この馬の新馬戦は好スタートからハナを奪い、しぶとく粘って押し切った形!

中2週の2戦目でさらに上昇ムードなんだよね!

順調にきているし競馬の後もカイ食いがいいらしい!

体調の変動がないのも安心材料だね!

前回はゲートも速くて逃げたけど、引っ掛かることはないから、控えても競馬はできるとコメントもあるし

なかなか期待出来そうな感じだよね!

スムーズな形の単騎逃げに再度持ち込む事ができれば、新馬戦に続く連勝を決めても不思議ないよ!

新馬戦から中2週というタイトなローテーションだから、調子が一気に上向く事は考えにくいけど

1週前追い切り(栗東坂路4ハロン54.0-38.9-25.1-12.6)でまずまずの時計をマークしているように、

レース間隔が詰まっている中で順調な調整過程を歩んでいる点は高く評価出来るね!

今回どうなるか楽しみだな~!

これはペカっと来るんじゃないなかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.