競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【小倉2歳ステークス2018予想】出走予定馬分析!GoGo!!イケイケな馬は!?

投稿日:

Pocket

小倉2歳ステークス2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

1981年の創設以降、過去37回の小倉2歳Sにおいて、

単勝10番人気以下の馬による優勝は3回

(2001年15番人気タムロチェリー、2002年10番人気メイプルロード、2014年15番人気オーミアリス)だけ!

2003年以降は、2014年を除いて単勝5番人気以内の馬が優勝しているんだ!

2001年のタムロチェリーと2014年のオーミアリスが共に直線一気の差し切りだったことからも、

馬場状態や展開の推理が重要になるのかもしれないね!

 

 

連続開催の後半、特に最終週なると芝コースは内ラチ沿いが荒れてきて

馬場の中央から外へ進路を取った差し馬が台頭するレースも多くなるよね!

ただそれでも小回りの小倉1200mは先行有利!

最終週だからと言って、差し馬ばかり狙っていてもきっと勝てないと思うんだよね!

 

そんな小倉2歳ステークス

じっくり話していくよー!

 

小倉2歳ステークスについて!

 

1981年に3歳(現2歳)の馬齢重量で争われる重賞競走「小倉3歳ステークス」として創設されて

第1回は小倉競馬場の芝1200メートルで行われたんだよ!

競走名は2001年の馬齢表示の国際基準への変更に伴い、「小倉2歳ステークス」に変更されたんだ!

小倉競馬の2歳チャンピオンを決定する一戦で、夏の小倉開催のフィナーレを飾るレースとして定着しているね!

 

コースについて!

 

小倉・芝1200メートル

2コーナーのポケットからのスタート!

スタート直後に緩やかな下り坂があり、3コーナーまでの距離が約450メートルと長い!

さらに“スパイラルカーブ”によりスピードが落ちづらいため、

JRAの芝1200メートルの中では最も前半が速く流れる構造となっているんだ!

3コーナーから4コーナーにかけても緩やかに下り、直線は平坦!

前半に無理せざるを得ないため、上がりはかかることが多いよ!

馬場が重くなると、マイル寄りの適性が求められるが、

インコースが良好な馬場になることが多いため、軽快なダッシュ力が重要なポイントとなるね!

 

 

伏兵にも要注意!

過去10年の優勝馬10頭のうち9頭は、単勝3番人気以内だったんだ!

2着馬と3着馬は、4~10番人気の馬がそれぞれ6頭いる分布になっているんだよ!

単勝オッズ別の成績では、「3.0~4.9倍」の馬の優勝が多くなっているのに対し、

それに続く「5.0~6.9倍」は苦戦傾向を示しているね!

 

前走別の成績もチェック!

過去10年の出走馬の前走別成績を調べると、

小倉2歳Sと同じ小倉競馬場芝1200メートルで行われるフェニックス賞から26頭が臨んで、

2頭が優勝、3頭が2着となっているんだ!

また、フェニックス賞組で3着以内に入った6頭は、いずれもフェニックス賞での着順が3着以内だったよ!

最も多い臨戦過程はデビュー戦(新馬)を制して当レースへ臨んでくるパターンだけど、

混合の新馬戦から臨んできた馬より牝馬限定の新馬戦から臨んできた馬の好走率が高くなっているんだって!

ちなみに、過去10年で牝馬は6頭が優勝しているけど、

そのうち4頭は牡馬と混合のレースで初勝利を挙げていたんだよ!

 

新馬戦での単勝人気と着順に注目!

過去10年の小倉2歳Sでは、「新馬戦において、単勝2~4番人気で2着以内に入っていた」という経験を持つ馬が、

2012年を除き“1頭ずつ”連対しているんだ!

昨年はこの経験を有する馬が6頭出走して、そのうち3頭が2着から4着を占めたね!

今年も各馬のデビュー戦での単勝人気と着順に注目しておくことをお勧めしたいです!

 

ここからは気になる馬を数頭ピックアップしていくよ!

 

アサクサゲンキ

初勝利までに3戦かかったこの馬!

ただ、その前走の時計が優秀で4馬身差での逃げ切り勝ちなんだ!

今回のメンバーを相手にしても十分やれるスピードを持っていると僕は思うよ!

キャリアもあるし、逃げ一辺倒ではなく2戦目のような控える競馬も問題ないのでまず大崩れする事はなさそうだしね!

これは結構来そうな感じがするなぁ!

 

ヴァイザー

 

新種牡馬のノヴェリスト産駒!

デビュー戦はハイペースも好位で運び直線で抜け出してからしぶとく伸びて勝利!

負かした2・3着馬がその後に勝ち上がっていることも同馬の強さの裏付けになるよね!

今回は3ヶ月ぶりの実戦となるけども間隔が空いても力を出せるタイプだと思うんだ!

産駒初の重賞制覇がかかっているよ!

 

アイアンクロー

 

デビュー戦を快勝で飾るも、前走フェニックス賞で1番人気ながら3着と期待に応える事が出来なかったよね・・・!

ただ、先週の新潟2歳Sで2着になったコーディエライトを初戦で下しているし今回は上積みも期待できるね!

スムーズに流れにさえ乗れれば勝機は十分にあると思うんだ!

小倉を得意としてる浜中騎手なのも期待出来るね!

 

モズスーパーフレア

 

デビュー戦を快勝した外国産馬!

秀逸な勝ちっぷりに加え1分8秒5の勝ち時計は同日に行われた3歳以上の500万条件戦と同タイム!

時計・内容ともにハイレベルだったよね!

デビューで鮮烈な印象を与えた素質馬がキャリア2戦目で初タイトルを目指す!

スタートさえ問題なければ、前で強い競馬を見せてくれると期待!

 

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

新潟の直線1000mの未勝利を3馬身差で逃げ切り勝ち!

これはなかなかインパクトのある勝ち方だったんじゃないかな~!

鞍上は29日に大井競馬での初勝利をあげるなど好調な藤田菜七子騎手とのコンビで注目を集めているよね!

藤田騎手にとって4度目の重賞挑戦!

史上初となる女性騎手のJRA平地重賞制覇を目指す!

今回はやってくれると思っているよー!

これで競馬界をペカっと明るく盛り上げてくれる事に期待したいね!

良い雰囲気で臨んで欲しいね!

これはペカっと来るんじゃないかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.