競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【札幌記念2018】さて、今週のペカっと光る激アツ馬は!?

投稿日:

Pocket

札幌記念2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

JRAのG2の中で最高賞金額が設定されている札幌記念!

夏場の重賞でありながら実績馬の参戦が多いんだよ!

2014年には単勝2番人気に推された同年の桜花賞馬ハープスターが優勝して

G1で5勝(当時)の1番人気馬ゴールドシップが2着と

実績馬同士で決着だったけど、

近年は伏兵馬の台頭が多くて2005年以降は前述の2014年を除いて

毎年4番人気以下の馬が連対しているんだ!

昨年は6番人気のサクラアンプルールが優勝して

2着には12番人気のナリタハリケーンが入っているように今年も伏兵馬には要注意だね!

 

 

 

さてさて、今日は関屋記念エルムステークスが行われたけど

みんなはどうだったかな??

 

僕は全然でしたすいません・・・。

 

 

とりあえずこの二つのレースを振り返ってみよう!

 

 

まずは関屋記念

 

新潟競馬場で行われた関屋記念(3歳上・G3・芝1600m)は、

中団後方でレースを進めた北村宏司騎手騎乗の1番人気プリモシーン(牝3、美浦・木村哲也厩舎)が、

直線で各馬を差し切り、さらに最後方から追い上げてきた5番人気ワントゥワン(牝5、栗東・藤岡健一厩舎)を

クビ差振り切って優勝した!!!

勝ちタイムは1分31秒6(良)

2着ワントゥワンから1.1/4馬身差の3着には、

3番人気エイシンティンクル(牝5、栗東・坂口正則厩舎)が入った!

なお、2番人気リライアブルエース(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)は6着に終わった・・・!

勝ったプリモシーンは、父ディープインパクト、母モシーン、その父Fastnet Rockという血統!

今年1月のフェアリーSに続く重賞2勝目を飾った!

3歳牝馬の関屋記念制覇は1987年のクールハート以来で、史上3頭目だそうで!

 

僕が推していたヤングマンパワーは遥か後方に沈みましたとさ・・・!

とほほ・・・。

 

そしてもうひとつ!

エルムステークス

エルムステークス(3歳以上オープン、G3、ダート1700メートル、別定、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、

横山和生騎手騎乗の2番人気ハイランドピーク(牡4歳、美浦・土田稔厩舎)が先行押し切り勝ち!

道中3番手追走から4コーナー手前で先頭をうかがい、

直線半ばで逃げ粘るドリームキラリを競り落とし、後続を振り切った!

タイムは1分42秒0(重)

重賞初制覇で、鞍上の横山和生騎手はJRA重賞初優勝!

めでたいね!

僕の推していたディアデルレイは8着に沈みました・・・!

 

悔しいです・・・!

 

悔しさを胸に次なる重賞へ・・・!

 

週末には札幌記念北九州記念が行われます!

 

今日は札幌記念のお話しです!

 

札幌記念について!

 

札幌記念は、1965年に4歳(現3歳)以上・ハンデキャップの重賞として創設され、

第1回は札幌競馬場の砂コース2000メートルで行われた!

馬場については、札幌競馬場は寒冷地のため創設時は芝コースが無く、

1968年まで左回りの砂コース、1969年から1974年まで左回りのダートコース、

1975年から1989年まで右回りのダートコースで行われてたよ!

1989年に、札幌競馬場に芝コースが新設されたが、

芝の育成・保護のため芝コースの運用は翌1990年から始まり(1989年の札幌記念はダート1700メートルで開催)、

それ以降本競走は芝2000メートルで行われているよ!

また、負担重量は1997年にハンデキャップから別定重量となったのち、

2006年に実力馬の参戦を促す観点から定量に変更されたんだ!

2006年から「サマー2000シリーズ」の第4戦に指定され、

秋の中・長距離G1戦線を展望する一戦としてだけでなく、

シリーズ優勝を目指す馬にとっても重要なレースとなっているよ!

 

コースについて!

 

札幌・芝2000メートル

4コーナーのポケットからのスタート!

1コーナーまでの距離が約400メートルと長いので、

コース取りによる有利不利が出づらい構造と言えるね!

コース全体がほぼ平坦で、コーナーは回りやすく、直線距離は269.1メートル(Cコース使用時)と短いよ!

前半が速くなりやすいため、最後は我慢比べとなることも多いね!

同じ洋芝でも、函館よりスピードの出る馬場になりやすく、コーナーでスピードも乗りやすいよ!

直線は短いが、タフなレースになりやすいので、

インの好位で脚を温存できる馬が好走しやすいコースと言えるね!

 

 

 

年齢別の成績をチェック

対象とした過去10回で3歳馬は10頭が参戦しているものの、

連対したのは同年のクラシックを制していた牝馬2頭

(2009年ブエナビスタ、2014年ハープスター)だけとなっているよ!

また、4~6歳馬が3勝ずつ挙げている点や、6歳馬は2着がゼロとなっている点、

7歳以上の馬は優勝がゼロという点は、覚えておいた方がいいかもしれないね!

 

単勝人気別とオッズ別の成績に特徴あり

対象とした過去10回の単勝人気別成績を調べると、

単勝1番人気馬は連対率が70.0%で、3着内率が80.0%と好成績を残しているね!

しかし、単勝オッズ別の成績で見ると、

「1.9倍以下」の支持を受けた4頭が全て2着に敗れている点は気になるところだね・・・!

そして特徴的なのが、3番人気馬と「4.0~6.9倍」の馬が2着以内に入っておらず、

それとは対照的に5番人気馬と「10.0~19.9倍」の馬の優勝が多くなっている点だね!

 

前走の着順と単勝人気にも注目

対象とした過去10回の出走馬の前走の着順と単勝人気を調べると、

前走で「1着」だった馬が未勝利なんだ!

また、「4、5着」だった馬も苦戦しているよ!

さらに、前走の単勝人気別成績では2番人気だった馬が不振・・・!

該当する13頭のうち3着以内に入ったのは、2007年3着のサクラメガワンダーだけだよ!

 

ハンデ戦への出走歴に要注意?

対象とした過去10回の札幌記念では、

「過去4走でハンデ戦に2回以上出走していた」という馬が、

2012年と2014年を除いて1頭ずつ連対しているんだ!

昨年は単勝12番人気で2着に入ったナリタハリケーンがこの経験を有していたよ!

ハイレベルなメンバーがそろうこともある重賞だけど、

こういったデータがあることも頭に入れておくことをお勧めしたいね!

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

金鯱賞(G2)を連勝し、現役最強馬のキタサンブラックがいる大阪杯で見事3着!

直線でキタサンブラックを追走して1馬身ちょっとの差まで詰め寄ったのはお見事!

他にも宝塚記念を制したサトノクラウンや、怪物マカヒキにも先着したね!

今回はエアスピネルと人気が割れると思うけど

位置取りから考えてエアスピネルよりも前を走るヤマカツエースが先着しそうだよね!

これはペカっと来るんじゃないなかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.