競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【武蔵野ステークス2018】今週の一押しペカッとレースはこれだ!

投稿日:

Pocket

武蔵野ステークス2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

12月に秋のダート王者決定戦となるチャンピオンズCが行われるけど、

武蔵野Sはその前哨戦の1つに数えられており、

2015年の優勝馬ノンコノユメは次走のチャンピオンズCで2着に入った!

また、過去10年の武蔵野Sでは、単勝5番人気以下の馬が6勝を挙げるなど、波乱の決着も少なくない!

そんな美味しいレースを見過ごすワケにはいかないよね!

今日は武蔵野ステークスのお話だよ!

 

 

 

まずは登録馬を見てみよう!

イーグルフェザー 牡5 北村宏騎手 小笠厩舎
インカンテーション 牡8 三浦騎手 羽月厩舎
ウェスタールンド セ6 Cオドノヒ騎手 佐々木厩舎
カゼノコ 牡7 野中厩舎
カデナ 牡4 武藤騎手 中竹厩舎
クインズサターン 牡5 四位騎手 野中厩舎
クルーガー 牡6 石川騎手 高野厩舎
グレンツェント 牡5 内田博騎手 加藤征厩舎
ゴールデンバローズ 牡6 田辺騎手 堀厩舎
サノイチ 牡7 尾形厩舎
サンライズノヴァ 牡4 戸崎圭騎手 音無厩舎
ストロングバローズ 牡5  堀厩舎
ダンツゴウユウ 牡4  谷厩舎
ナムラミラクル 牡5 ルメール騎手 杉山厩舎
バイラ 牡3  川村厩舎
パルトネルラーフ 牡5 江田照騎手 高木厩舎
ブラックスピネル 牡5 大野騎手 音無厩舎
マイネルオフィール 牡6  飯田雄厩舎
マインシャッツ 牡5 柴田大騎手 西浦厩舎
マックスドリーム セ11  宮厩舎
マルターズアポジー 牡6 堀井厩舎
メイショウウタゲ 牡7 安達厩舎
モルトベーネ 牡6 蛯名騎手 松永昌厩舎
ユラノト 牡4 松田厩舎
ラインシュナイダー 牡6 沖厩舎
ルグランフリソン 牡5 武藤騎手 中竹厩舎

 

中穴の馬に注目!

「1番人気」が2勝、「2番人気」が1勝のみと上位人気の信頼度はそこまで!

「4番人気」が2着3回、「5番人気」と「6番人気」が2勝ずつをあげるなど、

上位よりも中穴の馬が好走しているよ!

単勝オッズでは「10.0~14.9倍」が5勝をあげており、

このあたりの馬に注目したいところ!

昨年は178万馬券が飛び出す大荒れで、穴馬の激走にも注意したい一戦だね!

人気データ
人気 1着 2着 3着 4着以下
1番人気 2 2 2 4
2番人気 1 1 0 8
3番人気 0 1 1 8
4番人気 1 3 0 6
5番人気 2 1 0 7
6番人気 2 0 2 6
7番人気 1 0 1 8
8番人気 1 1 1 7
9番人気 0 0 1 9
10番人気 0 0 0 10
11番人気 0 1 1 8
12番人気 0 0 0 10
13番人気 0 0 0 10
14番人気 0 0 0 10
15番人気 0 0 1 8
16番人気 0 0 0 9
オッズデータ
オッズ 1着 2着 3着 4着以下
1.0~1.9倍 0 1 2 0
2.0~2.9倍 0 0 0 2
3.0~3.9倍 3 2 0 4
4.0~4.9倍 0 0 0 4
5.0~6.9倍 0 1 0 8
7.0~9.9倍 1 2 1 9
10.0~14.9倍 5 1 3 10
15.0~19.9倍 0 1 0 7
20.0~29.9倍 0 1 1 12
30.0~49.9倍 1 0 2 12
50.0~99.9倍 0 1 0 28
100.0倍以上 0 0 1 32
馬単/三連単データ
馬単 三連単
2008 9,510円 20,890円
2009 26,700円 648,270円
2010 14,210円 402,630円
2011 3,460円 17,150円
2012 2,010円 18,240円
2013 1,920円 14,010円
2014 4,890円 167,440円
2015 4,590円 13,660円
2016 16,950円 157,320円
2017 27,980円 1,783,490円

 

例年通りの混戦模様のこのレースだが、アハルテケステークス、

グリーンチャンネルCとオープン特別を連勝中のサンライズノヴァの素質と末脚が全開なら勝負になると思うよ!

不器用というよりもゲートの出が悪く取りこぼしの多かった同馬だけど、

今年はフェブラリーS挑戦(4着)をはじめとし

東京コースに狙って出走させているように、

出遅れても直線まで何もせず末脚一気に賭けるレースがようやく板について生きた印象!

1400mと1600mが混在してはいるけど、ここ4走は全て東京競馬場のダートコース(良馬場)を使い、

上がりの3Fは35.2、34.4、35.6、35.4と芝並みの末脚で推移している!

今回も例に漏れずフルゲートのレースにはなるけど、

とにかく後ろからいって届くかどうかだけ!

ここ数戦の上がりさえ使えれば好勝負は必至だね!

 

交流重賞も含め重賞6勝の実績は断然の古豪インカンテーションもこの舞台なら黙ってはいないよ!

昨年のこのレースを勝っているように左回りのマイルはベスト条件!

8歳になった今年も元気いっぱいで、フェブラリーS・かしわ記念それぞれ3着とまだまだ衰えは見せていない!

前走のプロキオンSは超高速馬場を利したマテラスカイにこそ逃げ切りを許したけど、

久しぶりの1400mにも対応してスピード面でも衰えがないことを見せた!

一世代前の強豪、ホッコータルマエやコパノリッキーに揉まれてきた経験の差で

若い力を抑えきる可能性も十分にあるだろう!

 

既に6歳だがダート界の新星という意味ではウェスタールンドの存在も見逃せない!

故障による長期休養を明けて、脚元の関係からダートで下ろしたところ、

結果としてもの凄い適性を発揮した!

条件戦の連勝はともかく、前走のシリウスSは負けはしたが圧巻の内容だった!

ただでさえ追い込みの効かない不良のダートコースで、

シンガリからほぼ直線だけの競馬!

さらに馬群を捌きながらスムーズな加速ではなかったのに、上がり35.1の豪脚で2着にまで食い込んだ!

短距離戦ならよくある時計だが、阪神のD2000mでこの上がり時計は

いくら不良馬場と言えども秀逸な数字だよね!

ダートで初めての左回りさえこなせば突き抜けるシーンも!

 

前走のマイルCS南部杯は初Jpn1ながらも3着と好走したメイショウウタゲも注目!

ムラはあるがエンジンさえかかれば強い競馬をする同馬!

こういったタイプには珍しく、加齢とともにさらにムラ具合に拍車がかかっている気はするものの、

真面目に走れば面白い!

 

他には、前走に復調気配伺えたモルトベーネ、

距離短縮で見直したいクインズサターン、

スムーズに先行できれば自分の時計は走るナムラミラクル、

久々だがスケール感は見劣らないグレンツェント、

初ダートのクルーガー、ブラックスピネル、カデナあたりも出走できれば混戦に拍車がかかりそうだね!

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

前走のマリーンSで後にエルムSを制するハイランドピークを捉えきったこの馬の素質は十分!

ヴィクトリアマイル馬コイウタにキングカメハメハという配合だけど

同馬はいかにもダート馬といったタイプ!

それでいてスピードに乗ればキレる脚も使うことが出来る!

距離短縮は血統的にはむしろ好材料で、重賞の速いペースで能力全開なら侮れない!

これはペカっと来るんじゃないかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.