競馬だけでなくパチスロも大好きな予想家の競馬ブログです。

【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ

2018競馬予想記事

【秋華賞2018】さて、今週のペカっと光る激アツ馬は!?

投稿日:

Pocket

秋華賞2018の予想を中心とした記事を書いていくよ!

なんといっても注目はアーモンドアイの三冠なるか!

桜花賞では後方からの差し切り、オークスでは好位から早めの競馬で後続をねじ伏せた!

どんな競馬でも終いが非常に切れて、死角らしいものは見当たらない!

ラッキーライラックは距離が伸びたオークスで初めてリリーノーブルにも逆転を許した。

プリモシーンは関屋記念で古馬牡馬混合で鮮やかな差し切り勝ち!

桜花賞では前が完全に詰まったもので、この切れ味が威力を発揮する流れなら一発あって不思議はない!

さて、どの馬が来るか!

 

 

さてさて、先週の毎日王冠はいかがでしたでしょうか?!

 

単勝1番人気のアエロリットが逃げ切り、1分44秒5で優勝した!

ジョアン・モレイラ騎手、菊沢隆徳調教師ともに同レース初勝利!

スタート直後から先頭につけたアエロリットは、

最後の直線に入っても脚色は衰えず、迫るステルヴィオを振りきった!

アエロリットは父クロフネ、母アステリックスの4歳牝馬!

馬主はサンデーレーシング。北海道安平町、ノーザンファーム生産。

通算12戦4勝で、重賞はNHKマイルカップ(G1)などに続いて3勝目!

獲得賞金は3億3802万円となった!

盤石のレース運びで他馬を寄せ付けなかった!

アエロリットは好スタートから先頭に立ち、軽快に飛ばした!

騎乗したモレイラは「先頭で折り合えて馬がリラックスできた」とコメント!

最終コーナーを回っても手応え抜群で残り400メートル付近から追い出すと、

「しっかり反応してくれた」と、さらに脚を伸ばし、

トップでゴール板を駆け抜けた!

コースレコードに0秒3差に迫る好時計に、

モレイラは「次が楽しみ。間違いなく、またG1をとれる」と笑顔を見せた!

いやー強かった!!!!

僕の予想したダイワキャグニーは7着・・・!

全5勝を東京コースで挙げているようにこの舞台を得意としており、

昨年も見せ場十分の4着に好走しているダイワキャグニーだったが、

好位追走から徐々にポジションを下げると、最後まで巻き返すことができず7着に敗れた・・・!

横山典弘騎手は

「この馬のレースはできましたが、GI級の馬相手では厳しかったです。

馬は春に比べて大きく変わっていませんでした」

と悲しいコメント・・・!

 

とほほ・・・!

 

今週こそは・・・!

 

 

秋華賞について!

牝馬三冠の最終戦!

これまでにスティルインラブ(第8回)、アパパネ(第15回)、ジェンティルドンナ(第17回)の3頭が、

2着馬との接戦を制し三冠牝馬に輝いている!

第7回は、4戦4勝の無敗馬ファインモーションが、持ったままで2着馬を3馬身半ちぎる大楽勝!

史上最強牝馬の誕生を予感させた!

一方、気まぐれな3歳牝馬同士の戦いなだけに「荒れるG1」としても名高い!

記念すべき第1回は、圧倒的な1番人気を背負ったオークス馬・エアグルーヴが馬群に沈み、

5カ月の休み明けだったファビラスラフインが勝って馬連万馬券の決着!

第13回はダート馬と見られていた16番人気プロヴィナージュが3着に逃げ粘り、

3連単1,098万2,020円の大波乱を演出!

京都競馬場を静まり返らせたよ!

 

1995年まで牝馬三冠の最終戦として行われていたエリザベス女王杯が、

1996年から古馬に開放されたことに伴い、

エリザベス女王杯に代わる新たな3歳(旧4歳)牝馬限定G1として新設されたよ!

第1回から外国産馬の出走が可能!

桜花賞、オークスが外国産馬に開放されるまで、外国産馬が牝馬の三冠レースに挑戦できる唯一の競走だった!

3歳(旧4歳)牝馬限定戦のラストでもあり、上位馬たちはここからエリザベス女王杯、

マイルチャンピオンシップ、ジャパンカップ、有馬記念などで古馬や牡馬の強敵に挑むことになるよ!

 

コースについて!

 

スタート地点は、メインスタンドの目の前!

スタートして間もなくゴール板を過ぎ、1コーナーにさしかかる!

1コーナーまでの距離は約300m(Aコース時)!

1~2コーナーは平坦でバックストレッチの距離は約400m!

ここで高低差3.1mの坂を上り、3~4コーナーにかけて下る!

最後の直線は平坦で、Aコース時が328m、B、C、Dコース時が323m!

最後の直線距離は中央場所の中で中山に次いで短い!

重賞は秋華賞が行われる舞台!

同レースの水準ラップでは前後半の3ハロンがほぼイーブン!

全体的によどみがない流れになりやすいけど、これは同レース特有の流れ!

下級条件ではスローペースになることが多い!

中盤の4ハロンもゆったりと流れ、上がりの3ハロンが速くなる!

ただし、最後の直線は長くないので、悠然と構えてはいられない!

4コーナーより手前から仕掛けることになる!

小回りの競馬場にも対応できる器用さが求められるよ!

 

 

【有利な脚質と枠順】

CコースとDコース時の方が逃げ・先行馬が非常に優勢!

Aコース・Bコース時の方が差し、あるいはまくりが決まっている!

枠順は1コーナーが近いため内枠が有利!

特にフルゲートだと外枠はロスが大きくなってしまう!

ただし、内枠でもスタートが決まらないと、馬群に包まれ、動けなくなるので注意したいね!

 

それでは!ここで1番気になる馬をピックアップしていくよ!

▼この馬だ!▼

※馬名は画像をクリック~!


中央競馬ランキング

 

 

~~見解~~

 

打倒・2冠牝馬アーモンドアイへ、3日、栗東CWで弾んだ!

併せ馬の予定が、相手がかなり先行して差が開いたため、単走の形に!

それでも直線追われると、反応良くラスト1Fは11秒9(全体時計は6F81秒1)と切れた!

動きを見守った松永幹師は、笑みを浮かべながら「相手が飛ばし過ぎて離れてしまったが、しまいの伸びは良かった」

と満足そうにうなずいた!放牧先で右トモの球節が腫れ、前哨戦のローズSを使えなかったが、全く気にしていない!

「きょうはしっかり追っておきたかった。いい意味で気合がすごく乗っているし、

体もふっくらしている。休み明けになるけど、何も不安はないよ」と胸を張った!

春は桜花賞2着、オークス3着と無冠に終わった!

昨年の2歳女王として、最後の1冠は何が何でも欲しい。あと1週間、懸命の仕上げが続く!

これはペカっと来るんじゃないかな!

 

 

今日はここまで!

是非ペカッとしておいてくださいね!

 

 

※ペカッと⇒ブックマークのこと。

 

まだフォローしてない!って方はこちらからフォロー!してよね!

 

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で予想家ジャグラーをフォローしよう!

スポンサーリンク



-2018競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【予想家ジャグラー】馬券も未来もペカらせる競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.